昨年の残滓と、今年の初出撃。

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 21:18

 昨年は11月末に個別指導という仕事上の大イベントがあり、通知がきた10月末からの約1ヶ月間はその準備に忙殺されていた。その前に撮影していたデータが、撮影用PCの中から出てきたので手順のおさらいを兼ねて処理してみた。

 <2017年10月26日00:23:21〜,R-140SS改II(d=140mm,F3.06),EOS600Da(ISO3200,180sec,18コマコンポジット,Astro-LPR Type2)>

 対象は胎児星雲にして、ガイドの暴走は相変わらず発生するので、被害が少なくなるように短時間露出多数枚コンポジットの実験。案の定というか、途中で暴走したのでフレーミングがずれてしまい、8割ほどにトリミングしている。ダークは8枚、スカイフラットは4枚と手抜きしているが、思ったより良い結果ではある。輝度マスク+レベル補正で暗部を選択的に持ち上げ、赤マイナス緑のチャンネル減算マスク+トーンカーブ赤で、赤い領域を強調。うまい具合に星雲手前の星団周囲に淡い青が浮かび上がってくれた。胎児の顎と手の間のブライトリムがもうすこしはっきり出てくれればよいのだが・・・簡易処理なので贅沢というものだろう。

 そして、1月11日に今年の初出撃。平日なので白木峰にしようと思っていたが、いざ出てみると気が変わり、小長井へ。南西の空を狙うので結果的には正解だった。機材設営時にPowerShotS120の星景モードで20分。戌年の初出撃らしく、大犬座を中央にした。雲仙の右肩にカノープスがのぼってきたところで、これを見たのでまたすこし長生きできるかもしれない。

 今回は、韓国製の携帯ピラー脚のデビュー戦。昨年暮れにEM-200用アタッチメントが出来上がり、実戦投入の機会を狙っていたものだ。3本の脚とターンバックルはすべてピラーのパイプに入るようになっているので、メタル三脚と比べてコンパクトに収納できる。高さはすこし低くなるが、反射鏡筒なので好都合である。組立分解はこれまでよりすこし時間がかかるようになったが、慣れるとなんとかなりそうだ。この場所は傾斜地なので心配していたが、あっさり水平を出すことができた。

 また、もうひとつテスト項目があった。これまで悩まされてきた写野の隅の円弧状ゴースト、前回レデューサーコレクターのコバ塗りでも消えなかったので、光路上で黒になっていないところを探して、補正板のコバを塗り、補正板の枠につや消し黒のテープを貼ってみた。これで消えてくれれば良いのだが・・・

 <2018年1月14日23:28:59〜,R-140SS改II(d=140mm,F3.06),EOS600Da(ISO1600,180sec,13コマコンポジット,HEUIB-II)>

 結果はこの通り。これもフレーミングがずれたため、ゴーストが2重になり、更にもうひとつ見えている。対象はちょうどヒアデスとプレアデスの間に居たC/2016R2パンスターズ彗星で、約10等級。昨年末の頃から、暗い割には長いテールを伸ばしていたので撮りたかった対象だ。暗くて彗星核追尾ができないので露出を切り詰めて枚数を増やしている。処理もいつも通りに輝度マスク+レベル補正で、荒れた背景をニックコレクションで均してみた。途中でガイドが暴走したためフレーミングがずれたのもお約束。おかげでステライメージの彗星核コンポジットができず、核がすこし延びている。尾も同様にぶれているはずで、微細構造が出せなかったのもそのせいにしておこう。しかし、緑色のコマをかぶった核から鮮やかな青のイオンテールが延びている、これほどカラフルな彗星も珍しかろう。

 ガイドの暴走については、DSI Pro+PHD、ASCOM経由のガイドでは出なかった症状で、QHY5-LIIのon cameraガイドでPCとの相性が悪いためのようだ。普段はPHD-2のガイドを停めるとモーターも停まるのだが、何度目かの暴走ではガイドを停めてもASCOMを終了しても停まらず、PHD-2を終了させたところでようやく停まってくれた。その後は古いほうのPHDで安定して動いたが、これも以前暴走したことがあるので油断ならない。

 また、写野の隅のゴーストについてもすこし考察をすすめることができた。最初にこのゴーストが発生したのは北アメリカ星雲を撮影しているときで、デネブが光源だと思っていた。その後もオリオン大星雲を狙ったときに出現し、そして今回のパンスターズ彗星。しかし、出ないときは全く出ない。今回の撮影後にふと気付いたことに、どうもテレイーストで撮影しているときにゴーストが出ているようだ。そしてテレイーストになっているとき、接眼部がEM-200の赤緯体のパネル側にくる。ヘリコイド基部には遮光帯にすこし隙間があるので、もしかするとそこからパネルの光が入って何かに反射しているのかもしれない。すると、きまって右上角に出るというのも説明できる。まだそうと決まったわけではないが、遮光テープを貼るだけなので、次回の出撃のときに試してみようと思う。

たまにはスチルなど。

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 20:32

 昨年はBMPCCを入手して、すっかり動画の真似事にかまけてしまっていたが、4/3やμ4/3のレンズが増えてきたこともあり、俄にμ4/3ボディへの物欲が高まっていた。そんな中、昨年は地元で展示された県の総文祭の写真展を見に、美術歴史館へ。

 昨年のポスターやパンフレットには、一昨年ムスコが撮った作品が使われていた。「自分の手を離れたところで増殖してるのが恐ろしい」とは本人談。さて、今回は如何に?・・・いや、前回同様いろいろな実験的な作品から見事なスナップまで、盛りだくさん。ムスコの写真部からも、最優秀で全国大会へひとり、そして優秀で九州大会へ数人。ムスコは組写真と単写真をひとつずつ出していた。

 その組写真が優秀賞で、今年は九州大会へ。今年は楯がついていたが、昨年に楯が欲しかったとこれも本人談。最優秀で全国に行った組写真とは激しく優劣を競ったらしい。全国に行った組写真は、佐世保の街角の落書きを白黒で撮った、なんだか日本離れした雰囲気のある作品だった。ちなみに前回も今回も、モデルは写真部員の同一人物。高校の頃、男3人で暗室にこもってごそごそ白黒現像などしてた我が身からすれば、実に恵まれた環境だと思う。

 で、こちらも負けられないと、市役所前でクリスマスからあったイルミネーションを撮りに。ストレートで撮ると灯りが寂しいので、道を隔てた市役所前の銅像を入れて、人形が見る夢、という感じに仕上げてみた。銅像に街灯があたっていたが、じゅうぶん露出をかけると灯りの色がとんでしまうので、露出は切り詰めておいて、天体画像処理で使っている手法、輝度マスクで明部を保護しながらレベル補正で暗部を持ち上げる方法でバランスをとってみた。

 機材はゾンビKissX2と100mmマクロF2.8を使用しているが、フレーミングが悪くてトリミング。銀塩の頃はフィルムの最周辺はプリントやスライドマウントで蹴られてしまうので視野率100%にはこだわらなかったが、デジタルになると100%活かせるので、KissX2の視野率ではどうしても不満が残る。というわけで、これが新たなる物欲案件へと繋がっていくのであった。

 で、近所の神社に初詣に行く途中、南西の空に幻日が出ていた。ネット上では彩雲だという声があったが、彩雲はもっと太陽間近の雲に色が付く現象のようで、日傘と同じ半径を持つこれは幻日が正しいようだ。彩雲だったら吉兆だが・・・まあこれも吉兆だと思うことにしよう。今年の我が物欲に幸あれ、じゃない。仕事も家族も安泰でありますように・・・と初詣をすませた。

今年のスタートは不調。

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 20:14

 <2018年1月2日11:12:40撮影>

 <2018年1月3日13:30:58撮影>

 <2018年1月6日13:26:05撮影>

 2018年の太陽修行、2日・3日・6日と撮影して、プロミネンスとダークフィラメントがちらほら見える程度ではあったが順調な滑り出し・・・と思ったところが、その後は天候が悪かったり、晴れても昼休みには雲が出たりとなかなか機会に恵まれず、とうとう月の前半が過ぎてしまった。時々ネットでチェックしているが、活動のほうも低調な様子。ここは焦らずじっくり構えておきたいものだ。

 ところで、撮影に使っているPowerShotS120だが、センサーのゴミは掃除できたものの、レンズの埃がどうしてもとれない。ところが、2日の撮影で古いほうのS120を使ってみたところ、新しいほうよりも埃が少ない。背面のサブダイヤルが馬鹿になっているので予備役にまわっているが、これを交換すればじゅうぶん使えそうだ。ときどきe-bayでパーツが出ているので、なんとか入手して復活させたいと思っている。

謹賀新年。大晦日は撮り忘れ。

  • 2018.01.01 Monday
  • 01:13

 <2017年12月27日13:28:28撮影>

 <2017年12月30日14:42:36撮影>

 あけましておめでとうございます。クリニックのバックヤードで年賀状を書いているうちに日付がかわり、その続きで書いている。

年末の太陽は、27日に東縁に背が高いプロミネンスが見えていたが、30日にはのっぺらぼう。31日も晴れたのだが、年賀状やお寺参りなどに駆けずり回っているうちに、気がついたら日没になっていた。

 さて、恒例の昨年の太陽撮影回数は、1月 22日、2月 14日、3月 13日、4月 15日、5月 25日、6月 15日、7月 15日、8月 23日、9月 12日、10月 15日、11月 13日、12月 14日の合計 196日。昨年の158日を大幅に上回ることができた。どうやら5月の撮影日数が効いているようだ。

 昨年を通しての活動状況は、8月末から9月初旬に大きなフレアがあったものの、全体的には一昨年より更に活動が低下したのがはっきり感じられた。ここ2,3年のうちに極小を迎えるらしいので、どのような形で変化がみえてくるのか楽しみにしている。

9mmF8一本勝負!

  • 2017.12.30 Saturday
  • 21:49

 11月前半、個別指導が気になりながらも、学会出張で大牟田へ。会場は旧三井港倶楽部という、もと三井鉱山の迎賓館。被写体として面白そうだったが、さすがに大きいレンズは振り回せないので、BMPCCにOlympusのボディキャップレンズ9mmF8をつけて、液晶フードも外部マイクも使わずに撮ってみた。このレンズ、μ4/3では対角魚眼になるが、BMPCCではフルサイズ換算26mmの広角レンズとして使える。もとが魚眼なので歪曲収差が目立つが、価格を考えると仕方ないことだろう。絞りが固定なので露出はカメラのシャッター角度とISOであわせるしかなく、けっこう忙しく、バッテリーも消耗した。最終的にダヴィンチのほうで露出を微調整している。

 で、編集した動画にキーワートをつけるにあたり、このレンズの正式名称を熱帯雨林で検索(BCL0980)すると、姉妹品(BCL1580)があるのが判明した。15mmなので、フルサイズ換算43.2mmと、準標準として使えそうだ。もともとRollei35のレンズが40mmなので、この画角は馴染みがある。安いことでもあるし、ひとつ入手してみようと思っている(しっかりレンズ沼)。

 しかし、ボディひとつにキャップふたつは要らない。それならμ4/3のボディがひとつあれば、魚眼は本来の魚眼として活かすことができるだろう。おまけに旅カメラとしてBMPCCとレンズを共有できるというのも魅力的だ(しっかりボディ沼)。しっかりEVFを覗いて撮りたいならE-M**だが、コンパクトにまとまるのはE-P**のほう。星景専用ならEVFは要らないだろうが、実際にはそういうわけにもいくまい。ミラーレスとしての理想はレリーズタイムラグを0にできるE-M1mkIIだが、とても手が届かない。さて、どのあたりに妥協点を置くべきだろうか・・・

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM