シネマカメラといふものを・・・

  • 2017.06.21 Wednesday
  • 23:38

 もとフォーサーズユーザーとして、ずっと気になっていたBlackMagic Pocket Cinema Cameraというものを、先日仮想武器市場で見付けて物欲が再燃、相場など半年ほどじっと眺めていた。狙撃実効までの間にレビュー記事などあれこれ探ってみたところ、ビデオカメラとも全く異なるものらしく、使いこなせるかどうか脳内シミュレーションを繰り返したが、なんとかなりそうな雰囲気である。いわゆるビデオ動画にはあまり食指が動かないが、どちらかというとフィルムのシネマカメラをそっくりデジタル化したもののようで、マイクロフォーサーズマウントを採用してはいるものの、センサーの大きさなど、ちょうど16mmフィルムの代替になるようだ。

 で、適当な標的が見つかったところで撃墜したわけだが、あいにくマイクロフォーサーズのレンズは持ち合わせが無い。そこで、携帯性を考慮して、パナソニックのパンケーキ標準ズームも撃墜した。シネマカメラは「光にカメラをあわせるのではなく、光をカメラにあわせる」というコンセプトだそうで、可変NDフィルターも装着。昼休みにクリニックの庭を撮影してみた。

 このカメラ、ダイナミックレンジにビデオとフィルムがあり、フィルムのほうはそのままでは眠たい階調で色味も乏しいが、専用の処理ソフトを使うと色も階調もどうにでも弄れるらしい。ところが誤算だったのは、その処理ソフトを動かせるPCが無いこと。ゲーミングノートPCを流用するのが一番良さそうだが、それでもカメラの本体より高価だ。そこでとりあえずは諦めて、ビデオモードで撮影してiMovieで編集することにした。ちょっと勿体ない気もするが、動画編集というものに少しは慣れてみようかと思っているところだ。

 実際に撮影してみると、ピーキング機能もあるのでピントは意外と掴みやすい。それに、このレンズはマニュアルフォーカスもズームもシーソースイッチなので、粘った動きは苦手である。開放F値も大きく、ボケがあまり出ない。かといって明るいズームはこれまた高価なので、Cマウントレンズが気になりだしたところだ。なんだか、大きな沼が足元にぽっかりと口を開けているような気がする。とんでもないものに手を出してしまったかな・・・

R-140SS改造計画・ゴースト対策思案中。

  • 2017.06.17 Saturday
  • 22:48

 一見、うまくいくかと思われたMFAフィルター内蔵レデューサーコレクター、輝星のゴーストが光軸中心に対して外側に隣接して発生することがわかって、ゴースト対策が必要になりました。EF-Sマウント面にレデューサーコレクターをベタ置きした北アメリカ&ペリカンでは、ゴーストの気配はありません。そこで、どごが違うのかをあれこれ考えてみました。

 まず疑ったのは、レデューサーコレクターの第3面とMFAフィルターが、平面どうしで1mmほどの隙間で近接していること。ここが原因になっている可能性も否定はできませんが、ベタ置きでもほぼ同位置に平面があるので、ちょっと可能性は低そうです。また、レデューサーコレクターの第2面はセンサーに向かって凸面になっているので、これも考えにくい。そこで残ったのが第1面です。

 レデューサーコレクターはアクロマートレンズなので、第1面はセンサー側からみると凹面になっています。センサーかローパスフィルターで反射された光線が第1面にあたって、再びセンサー面に収束しているのではないかと考えたのです。そうなると、ゴーストの有無はレデューサーコレクターの位置に敏感であってもおかしくありません。この可能性がいちばん高いのではないかとだんだん思えてきました。

 対策としては、レデューサーコレクターをEF-Sマウント面にベタ置きにして、フィルターの位置を変えるしかありません。レデューサーコレクターの口径は42mm(押さえ環があるので実際には40mm)、MFAフィルターは37mmなので、レデューサーコレクターの前面に置いたらけられてしまいます。2インチ化してスリーブの先端につける他はありません。いっぽう、もし第3面とMFAフィルターが原因になっているのであれば、フィルターをすこし傾けて装着するという手段もあります。MFAフィルターを外しての長時間露光テストが必要になりますが、天候のこともあるのでいつになることやら。でもこうした問題点を解決していくところが改造の楽しみなんでしょうね・・・

R-140SS改造計画・R-140SS改II実戦投入!

  • 2017.06.16 Friday
  • 22:37

 6月14日、水曜なので翌日も仕事を控えていたが、C/2015v2ジョンソン彗星が最盛期を過ぎかけているのと、貴重な梅雨の晴れ間なので、思い切って小長井まで進出して迎撃することにした。下弦前の月が昇るまでの勝負である。先のエントリーに書いたレデューサーコレクターの工作が終わったのが20:30頃で、21:00過ぎにいつもの場所に到着して手早く機材を設営。ピント確認してから目標導入して撮影を開始した。星図ソフトにはイオンテールしか表示されていないが、試写してみるとイオンテールは出ていない。また、ダストテールがアンチテールになっているとのことだったので、対角線にくるように東西方向に長い構図にしたのだが、どうやら南北方向に近い。迷ったあげくに彗星を中央に入れて撮ることにした。

 <撮影データ:2017年6月14日22:12:29〜,R-140SSII(d=140mm,f.l.=428mm,F3.06,),EOS600Da(HEUIB-II,ISO1600,5min,5コマ恒星基準コンポジット)>

 まずは4コマ撮影し、5コマ目でガイドが跳ねて星が2重になってしまったが、中央値コンポジットしたらうまく消えてくれた。いったん撮影はそこで切り上げて、月出までの20分間にスカイフラットを4枚。ちょうど撮り終わったところで月が昇ってきた。今回はフラット補正ができたおかげで、かなり強い処理をしても破綻することなく耐えてくれた。

 左下に伸びているはずのイオンテールが無いとバランスが悪いので、すこしトリミングしてみた。ダストテールも完全な一直線ではなく、すこし東側に弧を描いてふくらんでいる。たぶん一直線に見えていた月初めの頃よりは、拡散して短くなっているのだろう。彗星は移動のためすこし伸びて写っているが、輝星の色と彗星コマの緑色の対比がうつくしい。これまで輝星周囲の光芒の色は出ていたけど、星像そのものに色がついたのは初めてだ。気象条件のせいだったのか、それともレデューサーコレクターにすこし色収差があるのが原因なのか。この色はあったほうが望ましいので、今後に期待することにしよう。

 <撮影データ:2017年6月14日23:11:33〜,R-140SS改II(d=140mm,f.l.=428mm),EOS600Da(HEUIB-II,ISO1600,3min,4コマコンポジット)>

 月は出たけど、よく晴れているのですぐ帰ってしまうのは惜しい。そこで、近くにあったM5を3分露出で狙ってみた。撮影中も月がどんどん明るくなってきたので、4枚で終了。先日撮影したM13より小さいので期待していなかったが、なかなかの写りである。M13がしょぼく見えたのは露出不足のせいだったので、今度はたっぷり露出してみようかと思う。このあとはダークフレームを撮りながら撤収し、夜半頃には帰宅することができた。総じてトラブルも少なく、R-140SS改IIの素性も見ることができて、上首尾だったと思う。

R-140SS改造計画・MFAフィルター内蔵化とガイドの暴走対策

  • 2017.06.16 Friday
  • 22:16

 木曜の夕方、雲は多かったが、AstroGPVでは夜に晴れ間が来そうだったので日暮れ頃から慌てて工作。

 前回作製した、レデューサーコレクターを4.5mm浮かせるver.のレンズ押さえ環を新しくした。まずは2mm幅のテープ状に切ったケント紙を、MFAフィルターのネジ部分に巻く。2枚積層するとフィルター外周と同じ径になったので、次に4mm幅のテープ状ケント紙を積層して、レンズ枠にすっぽり填まるようにした。

まずは、レンズ押さえ環にMFAフィルターを装着し、

レデューサーコレクターのレンズ枠に填める。

そして前後を入れ替えて、EF-Sマウント面に置き、

Tリングでおさえるとレンズが安定する。あとはいったん分解して、内面を黒塗りすればいちおうの完成だ。

 ところで、前回の北アメリカ&ペリカン撮影時に、PHD-IIのガイドが暴走した。症状は昨年までと同じで、順調にガイドしていたのが、いきなりモーターが大きく動いてガイド星が枠から大きく外れ、PHD-IIがガイド星を探そうとして暴走する。どうやらDPPで撮影済みの画像を開き、拡大してガイド結果をチェックしているときに暴走しやすいようだ。どこかからパルス状のノイズが入り込んでいるのではと考え、ガイドカメラと赤道儀を結ぶガイドケーブルにはフェライトを噛ませてあったのだが、状況からみると、ノイズ源はPCではないかと思われた。自動導入用のケーブルには既にフェライトが噛ませてあるし、ガイド中の出来事なので関係ない。最後に残ったガイドカメラとPCを繋ぐケーブルにフェライトを噛ませたら、DPPで画像をぐりぐり動かしても暴走しなくなった。その次の出撃時にも試してみたところ、少しはノイズが入るようで、ガイドが外れることが2,3回あったが、ずれは小さくてすぐに復帰した。どうやら最後のフェライトが正解らしい。あと1個残っているので、これも噛ませることにしよう。

賑やかになってきた。

  • 2017.06.16 Friday
  • 21:43

 <2017年6月11日11:21:11撮影>

 <2017年6月13日12:56:28撮影>

 <2017年6月14日12:48:45撮影>

 <2017年6月15日08:18:57撮影>

 <2017年6月16日12:41:14撮影>

 2661群が次第に衰えながら西縁に去って行き、太陽面も一気に寂しくなるかと思われたが東縁からもじゃもじゃとプロミネンスが生えてきて、2662群が現れた。そのすこし西側にもプラージュが発生し、15日には黒点が出現、2663群の番号が振られ、16日には立派な双極性の黒点群に発達した。これはもしかするとフレアの一発か二発、期待できるかもしれない。また、南半球に見えていたスピキュールの乱れも、15日には小さいプラージュが発生し、16日にはひとまわり大きくなっている。もじゃもじゃしていたプロミネンスは、東縁で淡い大きなダークフィラメントになっているし、しばらくは賑やかな眺めを楽しむことができそうだ。

 ところで、ちょうどクリニック周辺では田植えシーズン、徐々に水を張った田圃がふえてきたが、梅雨時にこうも晴れが続くと水には苦労されているようで、本明川も干上がりかかっている。太陽面の変化を追いかけることができても、素直に喜べないような・・・

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM