リファレンス画像の変更。

  • 2017.05.18 Thursday
  • 19:47

 <2017年5月8日12:36:40撮影>

 <2017年5月11日13:17:40撮影>

 <2017年5月14日16:08:57撮影>

 <2017年5月15日13:08:46撮影>

 <2017年5月16日17:34:58撮影>

 <2017年5月17日17:42:40撮影>

 <2017年5月18日16:59:43撮影>

 しばらく無黒点だった太陽面だが、小さい活動領域がまわってきた。まず東縁から小さいプラージュが現れ、次にこれまた小さい黒点群2656群が現れている。この黒点は小さすぎてLS50THaでは確認できていない。先のプラージュにも黒点が発生したようで、2657群の番号がふられたが、子午線手前で衰えてしまったようだ。

 最近、すこし画像処理方法を変更して、画像の鮮鋭化にPhotoshopのプラグインであるNikCollectionを使っている。Macの空き領域不足のためか、RegiStaxがうまく動かないことが多く、また仮想Winもだいぶ処理が重くなってしまったので、Macの中ですべて終わるようにしたというわけだ。コンポジットもPhotoshopで行っているので、DPPでRAW現像したあとはすべてPhotoshopの中で完結するようになった。現在のところ、まあまあの鮮鋭度を確保できている。

 それから、17日撮影分から、画像の方位あわせをまた変更した、というか、以前の「太陽の北極が上」に戻した。これは現在の撮影法にも関係がある。設営を簡単にするために自動追尾経緯台を使っているので、撮影時刻によって画像中の方位がばらばらになってしまう。はじめは方位の基準にはSOHOの黒点画像を用いていたが、太陽活動が低下してきて、無黒点の日が多くなったので、この方法は使えなくなった。その後しばらくはX線画像に浮き出るプロミネンスの影をつかって合わせていたが、いつも影がでるとは限らない。

 そこで、国立天文台太陽観測所のHα画像を基準にすることにした。今度は同じHαの画像なので、プロミネンスが小さくてもとても合わせやすい。ただし、画像の方位が地球のそれになってしまったので、太陽の北極は真上から右側に24度ほど傾いてしまった。太陽面の子午線や赤道の見当は付けにくくなったが、仕方が無い。ところが、曇りや雨の日には画像が更新されず、日本の晴天率ではこれも実用的ではないということに気付いた。

 そしてあれこれ検索して、アメリカ国立天文台のHα画像ページにいきついた。ここは世界各地の天文台で撮影された画像を毎日更新しており、ツーソンのカメラは動いていないが、セロトロロやマウナロアなど、よく耳にする地名もある。なによりこれだけ散らばっていると、全てが曇るということはほとんどなさそうだ。

LS50THaのグリースアップ

  • 2017.05.14 Sunday
  • 20:04

 数ヶ月前から、LS50THaのプレッシャーチューナーのストロークが深くなってきていたので、ひさしぶりに分解してグリースアップを行った。本当はもっと早くしないといけなかったのだが、いつも組み立てに手間取るので、気が進まないで先延ばしにしていたものだ。

 いつも通りに・・・といっても今回が確か4回目に過ぎないが・・・、外筒のキャップを外してから、外筒をシリンダーから外す。次にヘクスキーでピストンを外筒に固定しているネジを外すと、分解完了。ピストンとシリンダーの内面に付着した古いグリースを拭き取り、ピストンに新しいグリースを盛る。ここまでは何の問題もない。

 そして組み立て。ピストンが少し入らないと外筒とシリンダーのネジが噛み合わないのだが、シリンダーの機密性が高いので、ピストンが斜めになって外筒が噛みこんでしまう。ピストンだけなら押し込めるし、外筒だけなら簡単にねじ込める。外筒があと5mm長ければ苦労しないのだが・・・

 しばらくイライラしながらねじ込もうとしていたが、ピストンと外筒を別々に組み立てる方法を思いついた。外筒の軸上の穴から、ヘクスキーの軸を用いてピストンの頭を押さえるという方法だ。ピストンがシリンダーにしっかり入ったところで、外筒をシリンダーにねじ込む。そしてヘクスキーを抜くと、ピストンの頭が外筒に嵌まるという算段だ。固定ネジを締めてキャップをねじ込み、一件落着。すっかり低くなった太陽を使って点検してみたところ、ストロークも良い具合になっている。次のグリースアップがいつになるか判らないが、備忘録としてここに書くことにする。ここに書いたこと自体を忘れてしまいそうなのが不安ではあるが・・・

徐々に静かになっていく・・・

  • 2017.05.07 Sunday
  • 21:13

 <2017年5月2日12:51:51撮影>

 <2017年5月3日17:34:28撮影>

 <2017年5月4日09:35:24撮影>

 <2017年5月6日13:43:35撮影>

 <2017年5月7日12:56:22撮影>

 GW中は、出掛けたりするのにあわせて夕方撮影したり、朝から撮影してみたり。昼から午後にかけては雲が出ることが多く、コントラストがあがらず処理にも苦労した。

 5月1日に2651群が派手な一発を見せてくれたあとは、2653群が西縁にかかって、それなりに見事なプロミネンスを噴き上げていた。そして見えるのは2654群だけになってしまったが、欠測になってしまった5日には東半球に2655群が発生したので、今後の動向に注目することにしよう。2654群は7日には西縁に近づいているが、いまのところは2651/2653群ほどの活動はみせていない。2655群もなんだか元気が無いし、このまま静かになってしまうのだろうか。

GWその2・外海ぶらぶら。

  • 2017.05.07 Sunday
  • 21:03

 5月4日は外海方面へ。最初は池島に行こうかと思ったが、どうも船の時間が中途半端である。そこで、橋で行ける炭鉱跡と思ったが、崎戸は既に解体されたとのこと。仕方ないので虚空蔵山の高射砲陣地を見にいこうとしたが、時津町の渋滞につかまり、先も混みそうだったので新漁港に出て外海方面にまわったら、あちこち寄り道することになってしまった。

 まずは三重の旧漁港。ムスコが面白そうなので撮りたいというので数十年ぶりに寄ってみた。ちょうどペーロンの準備中でだったので、並んでいるペーロン船を。

 そこからひと山こえて、永田湿地の上から黒崎を望む。ここは好きな景観ではあるが、300mmではすこし長すぎ。かといって、100mmでは短すぎ。200mmを置いてきたのが悔やまれる。

 永田湿地、黒崎教会と寄り道して、神浦に向かっていると、ちょうど池島行きのフェリーが出たところ。なんだか進む気がなくなって、すぐ下の大野浜へ。ハマヒルガオが咲いていて、むこうには大角力、小角力、母子島、そして池島に向けてフェリーが渡っていくのが見える。

 そこから神浦の棚田を見に行こうということになり、川沿いに。棚田を過ぎたところ、神浦ダムのすぐ下に見慣れぬ橋がかかっていた。いつのまに・・・と銘板を見ると、10年前には出来ていた様子。ここに来るのも14,5年ぶりだから仕方ないだろう。橋から見下ろす神浦川は新緑の間を光って流れていた。

 棚田のほうに戻る途中。山のあちこちで目立っていた花。どうやら桐の花らしい。

 そして棚田近くの路傍で、看板が飲み込まれかけ。

 看板だけではなく、店も飲み込まれかけ。いったいいつ頃から時間がとまっているのだろう。

 軒先の洗濯機は、なんと二槽式。すっかり飲み込まれている。

 高射砲台ではないが、廃墟も撮れたことだし・・・というので、折り返して出津漁港へ。ここも20年以上来ていない。小さい漁港だがきれいな川が流れ込んでいて、砂地が印象的。足元でがあがあいうので覗き込んでみたら、鴨の家族が。漁港奥のスロープから上陸してどこかへ行ってしまった。

 と、ここにも飲み込まれた建物が。大木との釣り合いもなかなか。よく見ると、手前のパジェロミニも既にナンバープレートは無い。

 振り返ると、大角力と池島。高台の肩に第2縦坑の櫓が見える。懐かしの池島、そのうちに撮影に行ってみないと。

 曇りがちだった空がけっこう晴れてきたので、帰りにまた黒崎教会に寄ってみる。

 ここはよく撮影される場所なので、よほどのことが無い限りは類型的になってしまう。でも1枚。

 入り口両脇の水盤にはシャコ貝の殻が使われていた。今は沖縄でも滅多に見かけないサイズ。当時はこのあたりでも獲れていたのだろうか・・・

 行きもそうだったが、県外ナンバーの見学者がやたらと多かった。GWだというばかりではなく、きっと『沈黙』効果もあったのに違いない。

GWその1・ミストラル見物。

  • 2017.05.07 Sunday
  • 20:38

 4月30日、佐世保に寄港していたミストラルの一般公開にムスコをつれて並んできた。

 佐世保みなとインターを降りると、目の前の自衛隊岸壁にミストラル停泊中。奥の米軍区画には、ボノムリシャールと海自の「いせ」。でかい艦ばかり並んで壮観。

 1時間以上並び、構内へ。まずは外観から。この艦、他の強襲揚陸艦と比べて極端に乾舷が高い。まるで自動車運搬船のようだ。ちなみに、商船構造ということだ。

 艦尾にまわると、巨大なドッグの扉が見える。

 艦内に入るとき、簡単なボディチェックを受ける。乗り込んだところはドッグ甲板。以前、米軍のドッグ型揚陸艦ジャーマンタウンの艦尾からLCACが出てくるところは至近距離で見たことがあるが、内部はこうなっているのかと。

 車輌甲板にあがるスロープは、まるで長距離フェリーのそれ。車輌甲板にはルノーのトラックや三菱の四駆など。そしてコンテナ。戦闘車両は見当たらないので、やっぱりカーフェリーみたいな雰囲気。

 ひとつ上層の甲板へは、階段になる。防水扉の見学順路の表示は、慣れない漢字を一生懸命書いたようで、なんだかほほえましい。きっと見本の写真をみながらうつしたんだろう。上層は格納庫で、捜索救難ヘリが鎮座していた。

 もうひとつ上が飛行甲板。艦尾から後方をみると、LCT2隻と双胴のL-CAT。L-CATはビーチングの他にも洋上でのRORO船からの車輌積み替えもできる優れものだそうな。

 広大な飛行甲板には、英軍のスーパーピューマが2機と、牽引車や牽引車を改造した消防車、甲板清掃車なども。スーパーピューマの窓は、緊急時には外側から紐を引っ張って外すことができるようになっていた。

 もう1機のスーパーピューマは機内も見ることができた。コックピットを撮影しても何もいわれないし、1週間の寄港の2日目だからか、意外とくつろいだ雰囲気だった。

 このあとは居住区へ。居住区の写真はほとんど撮っていないが、ジムが充実していたところは、さすがである。パワープレートがあれば、話のネタに撮ってみようかとも思っていたが、残念ながら見当たらなかった。

 艦内売店でムスコがTシャツを買うというので入ってみると、ワインオープナーセットなんかも売ってあり、さすがは仏蘭西だというところか。現金はユーロのみ可能、というわけで皆がカード決済をするのだが、カード端末は本国に繋がっており、本国の銀行から日本に信用確認して、また端末に戻ってくるので時間がかかる。降りたころにはすっかり夕方になっていたので大藤神社に行くのは諦めて、そのまま帰った。機会があれば、他国の揚陸艦も見てみたいものだ。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM