今年の火星は光軸で苦戦。

  • 2020.10.24 Saturday
  • 18:07

撮影データ:2020年9月27日23:24:41〜23:35:02,ORION25cmF4.8,TeleVue5xバーロー,ZWO ADC,DBK21Au618As,1/60sec,30fps,2000フレームコンポジット

撮影データ:2020年10月1日00:30:20〜00:42:20,ORION25cmF4.8,TeleVue5xバーロー,ZWO ADC,DBK21Au618As,1/45sec,30fps,10800フレームコンポジット

撮影データ:2020年10月13日23:58:22〜24:08:29,ORION25cmF4.8,TeleVue5xバーロー,ZWO ADC,DBK21Au618As,1/45sec,30fps,6000フレームコンポジット

 

 盆に火星を撮影したときは、光軸はしっかり合っていたように思う。ところがその翌週に撮影しようとしたところ、光軸不良で像が2重になっていて没。そのあと、まさかこんなに光軸で苦戦するとは思わなかった。きれいに合うときには、接眼部を回転させてもレーザーコリメーターの光点はぴたりと止まるのだが、センタリングアイピースでは合っているように見えても、光点のぶれが止まらない。ためしに覗いてみると、像はしっかり乱れている。それらのうちから、なんとか使えそうな像を選んでみた。それでも25cm本来の解像力には遠く及ばない。今期の火星は大黄雲の発生もなく、模様がくっきりと見えているだけに残念だ。

 そして星に関する不満がたまると、物欲大佐が蠢き出す。DBK21は良いカメラだが640x480では今の御時世、どうも見劣りがする。特にADCを導入してからというもの、拡大系がテレセントリックのバーローになったので、じゅうぶん拡大できない状態である。かといって、最近の高精細CMOSカメラは少々高価で・・・といってるうちに、現在主流のZWO ASI290MCと同じ裏面照射CMOSを採用したSV305というカメラがSvBonyから出ているのが大佐の目にとまった。作例を検索してみると、すこし赤みが強いような気もするが・・・そこはなんとかなるかも・・・何と言っても安価だし・・・でも色で苦労しそう・・・と逡巡していると、SvBonyとサイトロンがコラボした、SV305SJというのがあると発覚。1.25"アダプターやUV-IRカットフィルターまでセットで、あとは撮るだけというお手軽セット。大佐がおもわず撃墜してしまった。

 あとから確認すると、撃墜したのはまさに発売当日。そして秋のスターパーティーの朝に着弾した。これはさっそくファーストライト・・・と思ったが、またもや光軸が合わない。夕方から苦闘して、なんとかほぼ合ったかもというところで、夜半前に白木峰へ。すると到着早々曇ってしまった。なんでも宵のうちは気流も落ち着いていて、入れ違いで撤収された嬉野Kさんはすばらいし画像を撮影されていたのだが・・・

 ちょうど居合わせたYさんに、ひさしぶりに光軸を見ていただくことになり、斜鏡の向きはほぼ良いけど、主鏡がまだということで、雲間からシリウスを使ってほぼ合うところまでいった。ところが火星は雲隠れ。仕方ないのでファーストライトはライブスタックで、ということになってオリオン大星雲の中心部を狙ってみた。

 これは2秒露出の10フレームコンポジット。露出をもうすこし伸ばせば、惑星状星雲や明るい系外銀河なども面白そうだ。久しぶりに光軸も合っているし・・・と思ったところが、数日後にはまたずれていた。おかげでまだまともな火星は撮れていない。SV305のカラーバランスは、初代のNexImageにも通じる神経質さがあり、きれいに決まると良い色が出そうだが、微妙な調節が必要な様子だ。これは想定内ではあるが、光軸にここまで苦労するとは思わなかった。そろそろ火星の視直径も20"を切りそうだし、なんとか大きく見えているうちにまともな画像を撮りたいものだ。

10月前半の太陽・・・第25周期がちらほらと。

  • 2020.10.24 Saturday
  • 17:27

 <2020年10月1日14:53:39撮影>

 <2020年10月2日12:59:45撮影>

 <2020年10月5日13:35:05撮影>

 <2020年10月13日13:05:45撮影>

 <2020年10月14日13:12:24撮影>

 9月末に見えていた活動領域は西縁に没し、そして架台のコンピューターがダウンしたのでしばらく撮影できない期間があった。再開した13日には、南半球の子午線をすぎたところに活動領域が出来ており、そして14日には南東縁にも活動領域が現れた。ふたつとも第25周期に属している。旧周期の第24周期は見かけなくなり、新周期の活動がいよいよ立ち上がってきたような印象だ。

いろんなものが壊れまくる。

  • 2020.10.10 Saturday
  • 00:08

 最近、いろんなものが一気に壊れまくっている。8月にレントゲン用のPCがクラッシュしたのが前触れ。新しいPCに入れ替えたときに、レントゲンのセンサーも不具合が見つかって修理に出した。

 そのしばらくあとに、太陽望遠鏡を抱えたまま階段を踏み外して、接眼部が動かなくなってしまった。これはオリジナルのヘリコイドに戻してなんとか撮影を続行。そして先日、太陽を撮影しようとしたところ、架台のコンピューターがいきなり立ち上がらなくなってしまった。

 ネットであれこれ調べてみると、PCと繋いでファームウェアを更新したらよくなるかも・・・ということだった。そこで端子を確認してみると、持っていないタイプ。純正品はどうやら完売状態なのであれこれ探してみたところ、サードパーティーのを熱帯雨林でなんとか見付けることができた。さっそく撃墜してみたのだが、まともなブツが無事に届くだろうか・・・?

 そこで、ケーブルが届くまでの間に接眼部を修理しようと思い立った。クレイフォードフォーカサーの4つのベアリングのうち1つが回らなくなっていた。

 それを外して・・・どうやらネジがインチ規格らしい。

 なんと、ベアリングが割れてしまっていた。これでは回らないはずだ。サイズは内径3/16インチ、外径3/8インチで、このサイズはラジコンなどによく使われているらしい。ネット通販では、1個だけだと送料がかさみ、10個セットとたいして変わらない価格になってしまう。ホームセンターの工具コーナーなどに置いてないか、週末にでも探しにいってみよう。

久留米の公園で池を巡る。

  • 2020.10.09 Friday
  • 23:54

 彼岸花を撮る前日のこと。絵画鑑賞で久留米市美術館へ。その後、周囲の公園を歩きながらシネマカメラをまわしてみた。

 池あり丘ありせせらぎあり、撮ってはいないが滝まであった。白鳥や鯉もだいぶ撮ったのだが、台風撮影のあとにタイムラプスを解除するのをわすれていて、半分ほどのカットが無駄になった。それでも完全に没るには勿体なかったので、真ん中あたりに2カットほど使っている。白鳥のタイムラプスなんて撮るものではないな・・・というのが率直な感想だ。

南北ペアの活動領域。

  • 2020.10.09 Friday
  • 23:47

 <2020年9月15日12:56:27撮影

 <2020年9月21日12:26:00撮影

 <2020年9月27日16:32:23撮影

 <2020年9月28日12:36:50撮影

 <2020年9月29日12:48:57撮影

 しばらくは静かな太陽面だったが、9月21日なって、北東縁にサージプロミネンスのようなものが見えてきた。すこし跳んで27日には、それが立派な活動領域になって見えている。28日にはちょうど赤道をはさんで対称の位置に、小さい活動領域が現れて、29日になってもまだ見え続けている。このような南北ペアになった活動領域は活発になりやすいといわれているが、今度はどうだろう?

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM