小樽駅、雨の夜。

  • 2017.10.17 Tuesday
  • 21:51

 先月の札幌出張のあとに撮影した動画を、ぼちぼち編集しています。まずは金曜夜、学会終了後に移動して、小樽に到着したときの。学会終了は17:00頃、こちらと比べて日の入りが早いので、札幌駅についてまもなく日が暮れて、小樽到着時は真っ暗になっていました。月は出ていましたが風雨も強く、夜の運河散歩もおあずけでした。

 今回はZuikoDigital9-18mm/F4-5.6とVario-Elmarito1:2.8-3.5/14-50mmの2本で撮影。MFでもフォーカス送りがぎくしゃくしたりして不満が残ってしまいました。広角ならLAOWAの7.5mmとか、標準ズームなら今回置いてきたAngenieuxZoom10x12Bを使いたかったところです。これは次回の宿題です。

 本来、翌日は始発のバスで積丹方面に移動する予定でしたが、大時化のためカヤックツアーは中止。2本目のバスで移動して陸で遊ぶことに。夕食は積丹カヤックス西村さんのオススメ、渡海家さんにしました。

ラーメンは醤油、味噌、にんにくチャーシュー味噌の3種類。たぶん基本の醤油にもひかれましたが、ここは一発、にんにくチャーシュー味噌に。すると、焙ったチャーシューがじゅうじゅうと音をたてながら着丼。スープは白味噌仕立てで意外とあっさり。出汁は豚骨と鶏ガラベースに、昆布、鰹、鰯など6種類ほど使っているそうです。

ここに豆板醤ベースの辛味噌を溶いたら、一気に濃厚に。きっちり計っているのでしょう。この全量で絶妙の変化でした。

麺はもうすこしモチモチが好みかな・・・でもこれはこれで、とても美味しい麺でした。あっという間に完食。鰹出汁で炊いたという鰹めしと、基本の醤油を目当てに翌日も行ってみましたが、土曜の夜だけあってかなり早い時間にスープ完売で閉店していました。鰹めしと醤油は次回の宿題にとっておきます。

久しぶりに無黒点。

  • 2017.10.12 Thursday
  • 21:17

 <2017年10月3日13:05:34撮影>

 <2017年10月4日13:05:37撮影>

 <2017年10月7日13:06:41撮影>

 <2017年10月9日11:28:29撮影>

 <2017年10月10日13:28:59撮影>

 2682,2683群が西縁にかかりはじめて、7日には見事なプロミネンスを噴き上げていたが、翌8日はあれこれしているうちに撮り損ね、9日になると、2683群のサージプロミネンスがちらりと見えているだけで、10日から久しぶりの無黒点になった。西縁のプロミネンスは徐々に見えなくなっていき、かといって東縁も賑やかになるでもなく、しばらくこの状態が続きそうだ。8月・9月が賑やかだっただけに落差が大きく感じられる。

雲仙普賢歩きの動画ver.

  • 2017.10.09 Monday
  • 18:42

9月3日の雲仙普賢歩き、動画をようやく編集しました。

実はこの山歩きの目的は、北海道での撮影に備えたBMPCCでのOlympus Zuiko Digital 9-18のテストでしたが、パンのスピードが速すぎたり、ズームやフォーカス送りがぎこちなかったり、まだまだです。北海道の動画も大量にあるので、編集しないといけません。

新月期に出撃はしてみたものの・・・

  • 2017.09.26 Tuesday
  • 22:11

 このところ、新月期はどうも晴れない。秋雨前線がいるのか、曇りか雨ばかりで、期待していた台風一過もあっという間に水蒸気と雲の中。新月過ぎの週末、夜半過ぎにすこし晴れ間がありそうだったので、小長井のいつもの場所に出撃した。

01:30頃に現地に着いてみると、ちょうど雲が抜けてきたところ。急いで設営して、02:15頃からアサシン彗星の撮影にかかる。ガイドパラメーターの設定に手間取り、ISO3200の90秒露出で16枚を狙ってみたが、すぐに大きな雲が現れて、6枚目でガイド星をロスト。しばらくしてから露出再開し、切れぎれながら11枚を撮影することができた。

<2017年9月24日02:28:10〜,R-140SS改II(d=140mm,F3.06),EOS600Da(ISO3200,90sec,11コマコンポジット,Astro-LPR Type2)>

 彗星の位置は、ぎょしゃ座の足元とプレアデスの中間付近。天の川に近くて微光星が多い領域で、彗星基準コンポジットでは恒星が目立ちすぎて煩かったので、恒星基準でコンポジットした。彗星は9月16日に8.2等だったとのことで、すこし明るくなり、ちょうど8等くらいかと。右下のほうに短い尾が出ているが、いまひとつ見栄えがしない。また、背景の左上には分子雲があるようで、星数が少なくなっている。もうすこし露出をかけていれば、分子雲の濃淡を出すことができそうだったのだが・・・

 この彗星、10月に7.5等まで明るくなるという予報だ。次の新月期こそすっきりと晴れてほしいものだ。

再び賑やかに。

  • 2017.09.26 Tuesday
  • 21:57

 <2017年9月19日12:50:04撮影>

 <2017年9月22日17:14:07撮影>

 <2017年9月25日13:45:28撮影>

 <2017年9月26日13:06:28撮影>

 しばらく台風や出張、曇りや雨が続き、撮影は途切れがちになってしまった。19日には2680群は西半球に進んで衰退し、22日には西縁にかかってサージプロミネンスが見えていた。また、東縁から現れた活動領域も、黒点群にまで発達することはなく、22日は子午線を超えて、西半球にまわったあともおとなしい状態が続いている。

 一方、22日、25日と南半球に黒点群がまわってきた。それぞれ2681,2682群と番号がついたが、どちらの黒点も単独ながらある程度の大きさがあり、プラージュやサージも見え、そこそこ活発な様子だ。26日には北半球側の東縁にも2683群が現れた。出現時期と位置関係から、どうやら2682群は9月前半に活発に活動していた2673群の再帰のようだ。まだまだ元気な様子だし、しばらく注目を要する。しかし、明日からは出張で10月1日まで欠測になるのがもどかしい。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM