外海彷徨。

  • 2019.05.18 Saturday
  • 23:21

 日曜の午後、外海の大中尾棚田の田植え日程を確認しようと思い立って、カメラ片手にふらりと出掛けた。

 大中尾棚田は神浦港から神浦ダムへの途中にある。まずは現地の掲示板で日程を確認して、それから神浦ダムの周回路へ。堰堤の側は閉鎖されていたので、反対側から突入してみると、ふたつあるうちの最初の流れ込みを渡ったところでゲートで閉鎖されていた。この流れ込みの沢に久しぶりに入ってみた。道端には素朴なヤマアジサイが木漏れ日を浴びていた。

 沢におりてみると、あたりにエゴノキの花が散り敷いていた。木漏れ日は移動が早く、きれいにスポットライトが決まっても、1,2分もするとすっかり変わってしまう。このショットは手前のハイライトにピントを合わせなおすべきだった。。

 気を取り直して1枚。カラースコパー28mmには偏光フィルターを常備しているので、水面が入るショットには便利だ。

 もともとうつむいて咲いている花なので、地面にそのまま落ちると裏返しになる。

 小さい流れに集まって整列。このショットを撮るときに、苔で滑ってシネマカメラのレンズキャップを川に流してしまった。この沢に入るのは、ほぼ30年ぶり。記憶にある沢は、結晶片岩の回廊が白銀に輝いていたのだが、すっかり錆色にくすんでしまっていた。

 すこし下ると、滝の上に出る。この滝もこんなに細かったかな・・・当時使っていたカメラはOM-2S/P、崖際に腹ばいになって腕を差し出してノーファインダー撮影したが、現像に出してみたら、未露光だといわれた。たしかに巻き上げレバーが止まるまで撮影したはずだったのに・・・いまでも腑に落ちない件だ。今回はバリアングル液晶の恩恵にあずかり、腕を突き出しながらも構図を決めてリベンジすることができた。ここだけレンズはAT-X1120の11mmで。

 こちらはGM5にオリンパスの14-42パンケーキズーム。42mm(84mm相当)で。水中に続く岩盤が陽光にきらめく。カヤックでアプローチしたいところだが、ここはボート禁止。

 帰りに、大野集落に観光客向け駐車場の案内をみつけたので、クルマを停めて大野教会へ。結晶片岩を積み上げたド・ロ壁が特徴の、こじんまりした教会だった。

 日曜夕方でちょうど戸締まりがおわったところ。飾り気の無いところがかえって清々しい。

 集落へと降りながら、振り返って1枚。レンズは28mmだけしか持ってこなかったので、次はフル装備で出直そう。

 出津の港で。夕陽にはすこし早すぎる、半端な時間帯。

 小さい港だが外洋に面しているので防波堤は立派。これだけモノクロにしてみた。

 これは大野集落の駐車場から、池島の第2縦坑を入れて。外海といえば冬の鉛色の眺めが印象的だが、のどかな春のベタ凪もまた良い雰囲気。3連写してそれぞれのRGBチャンネルを合成、コントラストをいじれば往年の緑川洋一氏の瀬戸内海のような雰囲気になる。というか、3原色のフィルターで多重露光していたオリジナルの猿真似であるが、全体のカラーバランスを考えて露出時間を調節していた本家にはとても敵うものではない。

4月のスチル

  • 2019.05.18 Saturday
  • 22:41

 ほぼ月遅れになったが、4月のスチルなど。

 自宅近所はお地蔵さんのかわりに恵比寿様の石像が多いが、ここはどちらでもなく、弘法大師様の像を祀っている、通称「おこぼさん」。春の陽射しがよい感じだったので、ソフトレンズで滲ませてみた。

 その後すぐに撮影に出て、おなじくソフトレンズつながりで、佐世保の藤山神社の御手水を。

 大藤は満開数日前だが、けっこう見応えがあった。

 クマンバチがせわしなく飛び交う。花にとまる時間が短いので、意外と難しい。

 この房の先まで開花したら見事なんだけど・・・

 神社向かいの聾学校の八重桜も盛り。

久しぶりにEOS80Dにいろいろとレンズをつけて撮影したが、このときはどちらかといえばBMPCCのアナモルフィック撮影のほうがメインだった。

フレアには縁がなく・・・

  • 2019.05.18 Saturday
  • 22:07

 <2019年5月10日12:53:47撮影

 <2019年5月11日13:02:36撮影

 <2019年5月12日11:08:03撮影

 <2019年5月15日12:41:02撮影

 <2019年5月16日16:50:24撮影

 <2019年5月17日12:59:10撮影

 黒点が分裂した12740群は、徐々に衰退しながら西半球を進み、5月16日には西縁に到達した。そして5月12日にも、今度は12741群でフレアとコロナ質量放出があったが、これは日本からは見えない時間帯だったようだ。その後は12741群も徐々に衰退し、16日、17日には見る影も無くなってしまった。久しぶりに活発な2群だったが、今回もフレアには縁が無かったようだ。どうやら現在の太陽で活動しているのはこの2領域だけのようだが、これだけ衰退すると、2週間後にまた回ってくるかどうかも怪しいものだ。

フレアは見逃したが、サージ噴出をとらえる。

  • 2019.05.09 Thursday
  • 20:20

 <2019年5月7日12:52:45撮影

 <2019年5月7日12:57:35撮影

 <2019年5月7日13:03:50撮影

 <2019年5月7日13:18:15撮影

 連休明けだった5月7日は、昼休みに撮影の暇はないかもと考えて、朝のうちに撮影を済ませていた。しかし、幸い?にも昼休みに時間がとれたので、フレアを求めて再び撮影した。すると、12740群の黒点のわきに、Hαより短波長側で弧状の影が見えているのに気付いた。いちばん上の画像のように、Hαの中心波長域ではほとんど見えていない。そこで、Hα撮影後に短波長側にシフトして撮影してみたのが2番目の画像。どうやら磁力線のループに捉えられたプラズマが、手前側に向かって噴出しているようだ。みているうちに弧状の影が長くなり、そのうち3番目の画像のように、Hαでも見えるようになってきた。このループが弾けたらフレアになるかもと見守っていたところが、4番目の画像のようにフレアを起こすことなく消えてしまった。

 わずか20分ほどの間にダイナミックな変化を見ることができて久しぶりに面白かったが、9日に12740群の黒点が分裂したのは、この噴出現象でエネルギーを使い果たしたのかもしれないと思うと複雑だ。

令和最初の活動領域。

  • 2019.05.09 Thursday
  • 20:04

 <2019年5月5日10:43:23撮影

 <2019年5月6日16:53:55撮影

 <2019年5月7日08:55:29撮影

 <2019年5月8日13:24:08撮影>

 <2019年5月9日14:13:58撮影

 5月5日、もやもやしていた東縁から、令和最初の活動領域が現れた。大きい単独の黒点で、どうやら2週間ほど前に西没したのがまわってきたようだ。番号は12740群になっている。6日は出掛けたために撮影がおくれ、夕方に。ところがこの日、14:00頃にこの群にフレアがおきたそうで、見事に見逃してしまった。7日になると、東縁から後続の12741群が現れ、活動領域がふたつになった。8日に厚い雲越しに強引に撮影してみたところ、両群ともなかなかの大きさである。ところが9日になると12740群の黒点が分裂して、プラージュもなくなっていた。複雑な構造は見えるので、まだフレアの希望は捨てていないが、なんだか怪しい雲行きである。後続の12741群に頑張って貰うしかないのだろうか・・・

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM