雷に追われる。

  • 2017.07.22 Saturday
  • 00:01

 梅雨が明けたというのに、雲が多くてなんともすっきりしない。かろうじて晴れそうだった金曜の夜に小長井のいつもの場所に出撃してみた。

 到着時は透明度は悪いながらもよく晴れていて、これは勝ち!だとばかりに三脚を設置したところ、雲仙の向こうのほうで稲光。レーダー画像で有明海の対岸に雨域があったなと思ってみていると、数秒おきにどんどん光っている。いつのまにか薄雲が増えてきたのですこし様子見をしていたところ、低い雲が混じり始めたので、R-140SS改IIのテストは諦めて撤収した。

 <撮影データ:2017年7月21日22:22:05〜,AT-X116(11mmF2.8),KissX2(ISO800,29sec,インターバル1sec,10コマ比較明合成)

 AstroGPVの通りなら雲が多いかもということで、星景装備を持ってきていたのが幸いして、1カットだけ撮ることができた。比較明合成をしたあとは、NicCollectionを全面的に使って仕上げたが、実に簡単だった。懸案のR-140SS改IIの作業は進まなかったが、夏らしい星景が撮れたので良しとしよう。

一転して無黒点に。

  • 2017.07.21 Friday
  • 23:50

 <2017年7月15日17:46:18撮影>

 <2017年7月17日17:52:14撮影>

 <2017年7月19日12:55:56撮影>

 <2017年7月20日14:28:19撮影>

 <2017年7月21日13:07:16撮影>

 2665/2666群が西縁に去って行き、一転して無黒点になってしまった。2665群は去り際に大きなフレアを起こしたようだが、今回は縁がなかった。プロミネンスも淡いのが少しだけといったところで、せっかく梅雨が明けたというのになんとも見応えが無い。今度の無黒点、いつまで続くのだろう。

唐比の蓮園に行ってはみたが・・・

  • 2017.07.17 Monday
  • 18:09

 7月2日、よく晴れていたので唐比のハス園に行ってみた。近くながら、実は行くのは初めて。ところがあれやこれやで午後からになってしまった。蓮の花は朝がいちばん。ついたときにはしおれた花と、集合恐怖症で有名になった花托が目立っていた。

 これは翌日咲くぶんの蕾。湿地だけあって、とにかくトンボが多い。

 花よりもトンボ撮影会になってしまった。イトトンボと仲良く休憩中。ところが木道の反対側では・・・

 2匹のトンボが目にもとまらぬ速さで追いつ追われつ。1匹いなくなったので、縄張り争い勝負ありかと思っていたら・・・縄張り争いではなくて狩猟。敗者はしっかり捕食されていた。

 シオカラトンボばかりの中で、ひときわ大きいのが。ウチワヤンマという名前だけど、眼は離れているのでヤンマではなく、サナエトンボの仲間だそうで。オニヤンマに擬態してるのかも。

 トンボは飛び立ってもすぐに見張り台に帰ってくるので、じっくり構図を決めることができる。

 葉っぱの水滴に惹かれてピントを合わせてみたが、トンボがどうにも締まらない・・・

 いったん帰宅してから、どうしても動画を撮りたくなって再度出撃。

 レンズはCOSMICARの12.5-75mmとOLYMPUSのレンズキャップ9mm。COSMICARはコンパクトで使いやすいが、やはり広角でのケラれが気になってしまう。それで、ANGENIEUXの12-120 F2.2なる16mmフィルム用シネマレンズを入手してしまった。ああ、レンズ沼。

7月の始めと中

  • 2017.07.14 Friday
  • 22:42

 <2017年7月1日08:01:29撮影>

 <2017年7月2日10:27:50撮影>

 <2017年7月3日13:11:20撮影>

 <2017年7月11日12:35:11撮影>

 <2017年7月12日18:29:31撮影>

 <2017年7月13日15:23:57撮影>

 7月初旬は、先月末から引き続き、2664群が西縁に近づいていった。他にダークフィラメントがいくつか見えてはいるが、このまま無黒点になってしまうものと思われた。

 ところが、11日に見たときには、大きな黒点群2665群が子午線のすぐ東にあり、それが子午線を越えて西半球にまわってきた。この群、東縁からでてきたところを眼視では確認していたが、雲が多くて撮影まではできずにいたものだ。最初見たときにはフレアじゃないかと思うくらい明るいプラージュをまとっていたが、その後はそれほどでもない。しかし、13日には赤道をはさんでほぼ対称の位置に2666群が発生し、それに刺激されたのか、14日にはまたプラージュが明るくなっていた。この14日も、昼休みは雲が厚すぎ、午後は晴れていたが、終業間際に雲が進んできて、撮影準備の視野の中で雲に隠されていったので、画像はまったくない。

 せっかく太陽がそこそこの活動を見せてくれているというのに、どうもこの群には縁が薄いようだ。

タイミング合わず。

  • 2017.07.06 Thursday
  • 10:30

 かねてから、棚田を絡めた星景写真を撮りたいと思っていたが、なかなか良い場所がみつからずにいた。GWに外海方面の撮影に出たときに、神浦の大中尾棚田をロケハン。なかなか良さそうだったのでチャンスをうかがっていたところが、今年は田植えと月齢の巡り合わせが悪く、田植えからしばらくの間は満月過ぎの月が居座っている。おまけに梅雨時だけあって天候も悪く、すっかり諦めていた。

 ところが、AstroGPVをみていると、7月最初の週末に少しだけ晴れ間がありそうな気配がしてきた。ちょうど長崎市内で勉強会があり、ついでに出撃するにも好都合。というわけで、勉強会終了後の懇親会はぶっちぎって、脇目も振らずに大中尾まで。ついてみると、案の定、稲は育ちすぎていて、月は映るが星までは無理。それでも雲は多いが時々晴れ間もやってくる。せっかく来たので来年以降のためにも構図と露出は確認しようと、撮ってみることにした。

 <2017年7月1日21:38:00〜,TokinarAT-X116(11mmF2.8),EOS600Da(HEUIB-II,ISO1600,14sec,インターバル1sec,5コマ比較明合成)>

 14秒露出、1秒インターバルで10分ほど撮影したが、前半は天の川に重なって低い雲が流れ、後半は西から流れてきた雲で全体が覆われてしまう。その合間の5コマほどを拾い出して比較明合成してみたら、速い雲が不自然な形になってしまった。田植えと雲と月齢と、全てが揃わないと目的のショットは無理である。今回よかったのは月齢だけ。撮影時間帯と露出と構図の目星はついたので、来年以降に期待しよう。

 <撮影データ:2017年7月1日21:47:00〜,TokinarAT-X116(11mmF2.8),EOS600Da(HEUIB-II,ISO1600,9sec,インターバル1sec,8コマ比較明合成)>

 一方、西天の月はこんな感じ。田圃に映りこそするが、やはり雲の襲来で異様な画面になってしまう。本来なら月のすぐ下に木星も見えているのだが、ここまで光がにじむとどうしようもない。どちらのカットも雲が多すぎるので、動画にしてみた。

 縦構図の動画なので座りはよくないが、まあ仕方ない。月に向けているときにさそり座が晴れて、さそりに向けたら雲が来て月のほうは晴れる、という繰り返し。晴れ間が来る前からじっくり構えて撮影すればもうすこし良かったかもしれない。

 そして、蛙の声と水が落ちる音が良かったので、BMPCCもまわしてみた。

 <COSMICAR 12.5-75mmF1.8,BMPCC(ISO1600,シャッター開度360°)>

 暗いなりによく映ったが、風の音がひどい。そこで後日、ガーゼを重ねたものをマイクロフォンに貼り付けてみたりしたが、ほとんど変わらない。となると解決策は外部マイクしかなく、また物欲がふつふつと湧いてくる。まったくシネマカメラはとんでもない沼だったと気付いた次第である。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM