第2回ISSチャレンジ!

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 23:37

 3月27日夕方になって、宵の口に条件の良いISSパスがあるとの情報。調べてみるとほぼ天頂を通るし、南西の地平から東北東の低空までずっと見えている。これを逃す手はなかろう、というわけで、先日入手したが三脚座がなくて使えないままになっているEF300mmF4Lを使って迎撃することにした。

 まずはピント合わせ。EOS600DaはAF誤差を追い込んでいないので、薄暮の空のシリウスに向けて、ライブビューのマニュアルフォーカスで調節する。そしてその後はフォーカスリングには触らないようにしながら、ISSを待った。撮影条件は、快晴屋外を基準として、F10,ISO800,1/4000secとした。

 空はほぼ晴れていたが、抜けが悪かったので、ISSを見付けたのは中天まで上がってから。そこから椅子に座ったままで手ぶれ補正を効かせながら撮影を続けた。途中で東のほうに向き直り、すこし暗くなるまでおいかけて、あとは眼視で見送る。一見何も写っていないようなコマから微かな光点を探すのは骨が折れたが、なんとか見つけ出して処理したものを並べてみた。

 <共通データ:2017年3月27日,EF300mmF4L IS USM(f10),EOS600Da(HEUIB-II,ISO800,1/4000sec)>

南を向いて写した最初の4コマと、東に向き直ってから写したあとの2コマを比べると、この形が手ぶれではないことがわかる。トラスは写っていないが、両端の太陽電池パドルと中央の居住区の色が違うのはわかるだろう。ISS手持ちチャレンジは、2回目にしてあっさりと達成することができた。意外と楽しいので、また条件が良いパスがあったら露出を変えながらチャレンジしてみたい。

 ちなみに、この日はISSから1分遅れで中国の天宮が通ることになっていた。予定では、この画像の中央やや上あたりでISSの航跡と交叉するはずだったのだが、影も形も無い。そういえば、天宮って制御不能になって落下してなかっただろうか・・・あとでまた調べてみようと思う。

41P狙いの平日出撃。

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 23:29

 昨年11月からEM200がドック入りしているので、直焦撮影も惑星撮影もできず、太陽撮影も不調でなんだかモヤモヤが溜まってきた。そこに、41Pタットル・ジャコビニ・クレサーク彗星がM97&M108に大接近するという情報。それなら場所も判りやすいし、ポラリエもあるのでいざ出撃〜と思ったところが、当夜は天候不良。翌日になって夕方外を見たら晴れてたので、GPVを確認したら夜半までは保ちそう。というわけで、平日ではあるが出撃することにした。

 家を出るまでは近場の白木峰を考えていたが、せっかくだから久しぶりに小長井に行くことに。着いてみると、低空に靄があり、すこし雲も出るが一応快晴。星景用のコンデジを忘れてきたのは痛かったけど、そのぶんポラリエに集中することにした。

 <2017年3月23日23:24:27〜,EF200mmF2.8L USM(f2.8),

      EOS600Da(HEUIB-II,ISO1600,120sec,8コマ),ポラリエにて恒星時追尾

 初めは100mmで撮影して撤収しようかと思ったが、画像を見るとどうにも小さい。そこで、200mmに交換してもう1セット撮影した。雲台とカメラの間に挟んでいた古い微動装置がレンズの重量に負けたのか、きれいに静止したコマはなく、いろんな方向に微妙に流れていたが、思っていたより使い物になり、なんとか8コマコンポジットすることができた。

 彗星は思ったよりあっさり写ったが、残念ながら尾はなかった。それでもコマの青緑と、おおぐま座β星の対比が綺麗ではある。最近の画像処理の癖で、β星がすこし青すぎるかもしれないが、まあ鑑賞写真ということで。中央下には細長いM108と、二つ目玉のM97が写っている。近くは地球に大接近した彗星から、銀河系内の恒星、惑星状星雲、そして系外銀河といろんな距離の天体が1フレームにおさまったことになる。微動装置を工夫すれば、ポラリエに200mmでもけっこう安定して撮ることができそうだ。

黒点あらわる。

  • 2017.03.25 Saturday
  • 00:20

 <2017年3月9日>

 <2017年3月10日>

 <2017年3月14日>

 <2017年3月17日>

 <2017年3月19日>

 <2017年3月21日>

 3月中旬すぎまでの太陽、相変わらずの無黒点でプロミネンスも小さめ。撮影手技のほうは、アダプターのDG-LVとTマウント延長筒の接続が安定しないので、延長筒をやめて、古いTマウントを使うことにした。TマウントとDG-LVが面接触になるので光軸も安定する。そのかわり、ズームアイピースの焦点距離とカメラレンズの焦点距離を再調整する必要があった。従来の画像よりわずかに小さくなってしまうが仕方ない。19日と21日の画像は、ほぼ光軸中心を捉えることができた。

 その21日の画像で、北半球低緯度の東縁ぎりぎりに黒点が現れた。今回の無黒点は半月ほどで終了したことになる。これからどんな活動をみせるか、楽しみでもある。

緋寒桜ふたたび。

  • 2017.03.09 Thursday
  • 22:39

 木曜午後の休診時に、再来週末の出張の切符を買いに駅まで行ったので、途中の公園に立ち寄って、緋寒桜を撮影してきた。前回は雨模様だったが、今回は晴れ。リベンジというわけだ。

 陽が西にまわってしまったので、眼鏡橋は影に沈んでいる。ベンチを入れて、手前だけでまとめてみたが、点景人物がないとなんとも締まらない。

 人物ではないが、メジロならたくさんいた。200mmで追いかけるが、焦点距離がすこし足りない。せめて300mmあれば・・・メジロはちょろちょろとせわしなく、なかなか思ったところに来てくれない。せっかく手頃な花の蜜を吸っているとおもって狙ったのに・・・ああ、飛んじゃった。

 ようやく手前の枝に来てくれた。それにしても逆さにぶらさがった上に、エビ反りで捻って、空飛ぶ連中って、どんな空間認識してるんだろう。

或る妄想。

  • 2017.03.09 Thursday
  • 22:32

 昨年11月以降、主力赤道儀の不在で夜間の出撃がままならず、おまけに最近太陽撮影も思うようにいかない。こうなると、物欲大佐が俄然元気になってくるのが困ったものだ。

 今回気になっているのは・・・なんとかサブの赤道儀を入手できないかと考え始めたのが発端だ。現在のEM200の積載重量は15kg。25cmニュートンがぎりぎり載るかどうかというところ。現在まだ手つかずの25cmは幸い余裕があるのだが、あれこれ補強と改良を加えていくと、たぶん重量オーバーになってしまうだろう。そこで、EQ6なら20kgまでとすこし楽になるし、惑星主体なら精度もそこそこで充分だろうと思う。

 ところが、気になってしまったのは鏡筒のほう。これまで撮影してきたR-140SS改は絶好調ではあるが、わずかな残存収差のためにどうしても鋭さがない。そこで、ふつうならε130かε160あたりが気になってくるわけだが、どこをどう間違えたのか、GINJI150FNが気になってしょうがないのだ。

 現在所有しているコマコレは、BaaderのMPCC-Mk.IIIとTSコマコレ。前者は焦点距離に影響を与えないが、後者は0.95倍のレデューサーでもある。GINJI150FNにこれを使うと、それぞれ600mmF4と570mmF3.8になり、現在の500mmF3.57ほどではないにしろ、ライトシュミット並みの明るさは得られることになる。そして、魅力的なのは合焦範囲が広いということで、ASAの2korrrでもそのまま合焦可能、438mmF2.92と、ε130と同等の焦点距離で、より明るい写真鏡になってしまう。

 更に妄想は膨らんで、TeleskopのHPをうろついていると、×1.5コマコレなるものを見付けてしまった。これを使うと900mmF6になる。少し暗いが、この焦点距離になると大きめの銀河を狙うのにはちょうど良い。ガスと比べると輝度は高いだろうから、すこし感度を上げれば問題ないものと思われる。こうしてみると、GINJI150FNはとても魅力的な素材に思えてくる。毒を喰らわば皿まで。いっそのこと、コマコレコレクターになってしまおうか。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM