H-IIB最終号機を見送る。

  • 2020.05.24 Sunday
  • 19:53

 水曜深夜というか、木曜未明というか、H-IIB最終号機が02:31に打ち上げられた。ちょうどコロナ禍対応で、木曜を休診にしていたので、これは見逃すわけにはいかない。AstroGPVでは曇りの予報だったが、夕方の時点で快晴だったので出撃することにした。

 場所は小長井のいつもの場所、前2回もここで撮影したので、雲仙をまたぐように飛んでいく航跡の見当をつけやすい。今回は夏の天の川を背景に打ち上がるので、なんとか天の川と航跡を両立させたかった。FBであれこれ相談して、嬉野Kさんから追尾+固定ではどうかとヒントをいただいたので、ポラリエを持ち出して実行することにした。

 現地には余裕をもって到着したのだが、そこからが一筋縄ではいかなかった。

 まずは極軸調整用の微動架台(K-AstecのXY50)にポラリエを固定するためのネジが見つからない。やっと見つかったかと思えば、こんどはうまく嵌まらない。六角レンチを探し出して、XY50をいったん分解してようやく組みたてることができた。

 次はポラリエ本体。ドイツ式の赤緯体を固定しているネジが緩んでいる。これは赤緯体の外枠と内枠の穴を合わせて、その奥に見えるネジを六角レンチで回す必要がある。暗闇で照らしながら苦労して穴をあわせたが、レンチがない。万事休すかと思われたが、持ち合わせていたマイナスドライバーでなんとか回すことができた。たしか前回も同じ騒動をした記憶が・・・。

 そしてトドメは電源ケーブル。最近あまり使わない企画のミニUSBで、EOS600DaとPCを繋ぐのに使っているが、他に持ち合わせがなかった。PCからのカメラコントロールを諦めるか、ポラリエを諦めるか。結局は極望の照明に使っている単3電池2本を流用したので、極軸を確認するたびに、電池をあっちに移し、こっちに移しと慌ただしかった。

 それでもなんとか02:00頃にはテスト撮影。構図と露出を最終調整したあとに、BackyardEOSで撮影スケジュールを組みたて、02:16から露出開始した。

<撮影データ>
〈ポラリエ追尾撮影〉2020年5月21日02:16:26〜,EOS600Da(ISO1600,30sec,LPS-P2フィルター),TokinaAT-X11-20(11mm,f2.8)20枚コンポジット
〈静止撮影〉02:30:20〜,EOS600Da(ISO200,473sec,LPS-P2フィルター),TokinaAT-X11-20(11mm,f5.6)

 

 撮影結果は上首尾。追尾撮影と固定撮影の間にもうすこしギャップがあればとも思ったが、贅沢はいうまい。固定撮影では天の川はうっすらとしか写らなかったので、比較明合成では好都合なことに追尾撮影の天の川の印象が強くなった。H-IIBの航跡は、第1段の燃焼終了までカバーしている。

 近景のシルエットから、諫早湾の向こうに雲仙。H-IIBは上昇してから水平飛行に移行しているが、地球の丸みのために航跡の左側が下がっているように見える。その向こうに、火星と木星。背景は近くの恒星たちで、それが遠くになるともやもやとかたまって天の川になる。立体感を想像したらなんとも楽しくなってきた。その一方では、火星も木星もすっかり観測シーズンに入っているというのに、何も準備していないことが意識され、すこし焦りがでてきたところだ。

直焦をぼちぼちと・・・

  • 2020.05.24 Sunday
  • 19:49

 新調したバッテリーは一晩もたないまでも、夜明けが早いいまの季節なら、半夜ほどはもってくれるだろうと、ぼちぼち直焦撮影をしている。

 この日は24:50の月出までの短時間勝負。だというのに現地到着は21:10にずれこみ、極軸を合わせたのは21:30頃。ところがここから、導入がうまく行かなかったり、ガイドのキャリブレーションが変だったり。電源リセットしてもうまくいかず、ふと顔をあげたら極軸が変な方を向いていた。ようやく立ち直ってみたら、そろそろ23:30。M83はだいぶ西にまわって、市街光の影響を受け始めていた。

 <撮影データ::2020年5月13日23:30:14〜,R-130SS(d=130mm,F3.29),EOS600Da(簡易冷却,ISO3200,180sec,16コマをコンポジット),AstroLPR2フィルター,RAP2,PhotoshopCS6>

 とりあえずISO3200の3分露光で撮影し、ガイドはすこし流れぎみだったがまあまあ。急いでフラットを撮影し終わったところで月がのぼってきたので、ダークを撮影して撤収した。

 処理してみると、これも前回同様のザラザラ画像。ダーク、フラットは8枚ずつなので、減算で荒れているものと思われる。簡易冷却していても、外気温13℃に対してセンサー温は18℃あたり。思ったほど冷えない=ノイズもあまり変わらない、というのがこの簡易冷却が廃れてしまった原因だろう。毎年、8月後半頃に画像が荒れて仕方が無いので、その時期にどこまで効果があるのか確かめてみようと思う。

 M83の撮影は4年ぶり。前回は枚数も少なく露出も不足していたので、画像の出来は今回のほうがはるかに良い。蛍光灯・水銀灯の緑カブリがとれなかったので、フォトショップで全体を少し青に振ってちょうど良くなった。ただ、前述の原因で荒れているので、そろそろISO3200,3分x16枚というのはやめて、ISO1600,5分x16枚にしてみようかと思っている。その場合、ライトフレームはもちろんのこと、ダークもフラットも時間がかかるようになるのが困りものだ。

5月前半の太陽は静か

  • 2020.05.24 Sunday
  • 19:25

 <2020年5月2日12:43:41撮影

 <2020年5月8日12:40:25撮影

 <2020年5月11日12:59:38撮影

 <2020年5月12日16:18:04撮影

 <2020年5月13日12:40:10撮影

 この期間、小さいプロミネンスは出るが、彩層面は静かな状態が続いている。それでも13日は、比較的見やすいプロミネンスがたくさん出てくれたので少しは見栄えがした。極小はまだ確定していないということだ。

黒曜石で鏃づくり。

  • 2020.05.13 Wednesday
  • 12:03

 針尾産の黒曜石、剥片をとった余りが厚みのある板状になっていたので、尖頭器を作ろうと思い立ったのだが・・・

 途中までは順調。外周を薄くしながら全体の厚みを削っていき、おおまかな調整が終わろうかというときになって、まさかの真っ二つ。がっくり落ち込んでしまったが、気を取り直してその余りからすこし大きめの鏃を仕上げた。

 黒曜石ナイフを作るという最終目標にはまだまだ遠いが、少しずつ技術の習得がすすんでいることを実感する。

第24周期もまだ続いている

  • 2020.05.13 Wednesday
  • 00:13

 <2020年4月22日13:01:24撮影>

 <2020年4月24日13:21:35撮影>

 <2020年4月27日12:47:10撮影>

 <2020年4月30日14:47:15撮影>

 <2020年5月1日13:36:25撮影>

 ずっと静かだった太陽面だが、27日に南半球低緯度に活動領域が現れた。磁場画像をみると、これは第24周期の活動で、低緯度にはまだ残っているようだ。それも子午線を超えてからは、30日、5月1日と痕跡が写っている程度まで衰退してしまった。南半球もまだ完全に新周期にかわったわけではなさそうだ。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM