R-140SS改造計画・レデューサーコレクターの比較検証

  • 2018.09.20 Thursday
  • 15:09

 9月16日に21P/ジャコビニ=ツィナー彗星の直焦撮影をしたとき、画面隅にいつもの数珠状ゴーストが出たので、ちょうど良い機会どばかり、先日から工作していたレデューサーコレクターのテストを行った。まずは画像から。

 

1)『組立望遠鏡』対物レンズ(アクロマート・f.l.=273mm、たぶんノンコート、ケント紙枠)

 まず全体像では、左下に大きく数珠状に連なるゴーストが出ている。また、ピクセル等倍では、火星シフトで最近放置していたため、光軸がずれている。Web用に縮小した画像では目立たないが、星像がきれいな丸になっていない。しかし贅沢いっても始まらないので、これを評価基準用の画像とする。

 

2)Φ39mmクローズアップレンズNo.4(単レンズ・f.l.=250mm、マルチコート、ケント紙枠)

 こちらはレンズが単レンズになるかわりに、マルチコートになった。レンズの位置は1)と変わらない。ゴーストは相変わらずなので、まずノンコート面の反射やレンズ接合部のコバが塗れていないことが原因ではなさそうだ。ピクセル等倍画像では、中心像はわずかに甘く、周辺の収差も大きくなっている。それより色収差が目立つのが難点だろう。

 

3)ACクローズアップレンズNo.4(アクロマート・f.l.=250mm、マルチコート、Tリング組み込み)

 こちらはレンズの焦点距離とコーティングは2)と同じ。アクロマートであることは1)と同じ、レンズの位置はTリングの中なので、たぶん1cmほど対物寄りになっている。全体像でのゴーストはまだ残っているが、だいぶ減った。これはレンズ枠の違い(ケント紙枠が無い)によるものかもしれないが、先のエントリーであげた画像はすこし構図を変えただけでゴーストがなくなっており、この画像でもたぶん微妙な構図の違いによる変化ではないかと思われる。となると、ケント紙枠もゴーストには関係ないということになる。一方のピクセル等倍画像では、中心像は2)同様、1)よりやや甘く、周辺像も1)より乱れている。光軸修正をすればだいぶ良くなると思われるが、それでもシャープさでは1)に劣るだろう。また、光軸のずれにも敏感そうだ。

 

 こうしてみると、1)のレンズの優秀さが改めて感じられる。レデューサーコレクターのレンズは現状のまま1)で行くとして、今後の改造の方向性が見えてきた。

 まず、レデューサーコレクターの枠を作り直す。できるだけ反射をおさえるために黒ケント紙を遣い、更にユニポスカで塗装する。現行のレンズ枠は、マウント側にMFAフィルターを装着するためにフィルター枠の厚みのぶんレンズ押さえ環が厚い。これを改良すれば、レンズを更に2mmほどセンサーに近付けることができる。以前のテストではマウント面ベタ置きと違いがわからなかったが、枠を作り直すのなら改良するほうがすっきりする。

 次に、ゴースト対策。これは現状では決め手が無いが、レデューサーコレクターが原因ではないとなると、少しは気が楽になる。現在いちばん疑っているのは、補正板のコバ。一応塗ってはいるが、砂目にはなっていないのでツヤがある。すこし口径が勿体ないが、現状の14cmを13cmに絞って試してみようかと思っている。相対的に斜鏡の遮蔽が大きくなるが、それでもε130と同じなので大きな問題にはならないだろう。

21P/ジャコビニ=ツィナー彗星の最盛期

  • 2018.09.20 Thursday
  • 14:49

 9月中旬の連休、月まわりも良く、ちょうどジャコビニ=ツィナー彗星が見頃を迎えているので、小長井のいつもの場所に出撃することにした。

 彗星はちょうど双子座の足元にいて、周囲に星雲星団が点在しているので、まずは200mmF2.8で広視野撮影を。はじめは20cmアリガタの両端に雲台をつけて、それぞれカメラとペンシルボーグを載せようとした。ところがワッシャーやネジ類が入った箱を降ろしてしまっていたので、うまく取り付けることができない。スライディングプレートを引っ張り出してみたが、これも駄目。結局はいつも通りにR-140SS改IIを載せて、ペンシルボーグの代わりにカメラを載せることにした。ここまででだいぶ手間取ってしまい、彗星は高く昇っている。

 この組み合わせでは、R-140SSの焦点距離500mmがガイド鏡になる。明らかに過剰性能で、試写してみると、シンチレーションを拾うためか、ガイドが安定しない。仕方ないのでISO3200で60秒露出に切り詰めた。

 <撮影データ:2018年9月16日03:41:36〜,CanonEF200mm1:2.8L(f2.8),EOS600Da(ISO3200,60sec,16コマコンポジット,LPS-P2)>

 緑のコマからダストテールを伸ばしている21Pのすぐ北に、M35とNGC2158の散開星団コンビ。中央左には超新星残骸のクラゲ星雲、右下にはHII領域のモンキー星雲と、多彩な天体があつまった。翌日にはモンキー星雲のすぐ北まで移動するようだが、全体的なバランスとしてはこちらのほうが良さそうだ。

 当初の撮影予定はこれだけだったが、薄明まですこし間があるし、せっかくR-140SSを載せているので、直焦も撮ってみた。ところがガイドが暴走したり、8コマ撮ったかと思えばノーフィルターだったりして満足いくものにならず、ついでに懸案事項の数珠状ゴーストの原因検索を兼ねたレデューサーコレクターのテストをしたりして、最後にHEUIB-IIをつけた直焦を撮ったときは薄明が始まっていた。

 <撮影データ:2018年9月16日04:58:35〜,R-140SS改II(d=140mm,F3.06),EOS600Da(ISO3200,60sec,4コマコンポジット,HEUIB-II)>

 薄明のため、4コマしか撮影することができなかったが、彗星の明るさに助けられてそこそこの画像になった。このあと、スカイフラットとダークを撮影して日の出直前に撤収した。

 今後は月も明るくなってくるし、21Pも次第に暗くなる。7.2等の彗星が最近でいちばん見応え在るというのも困ったものだ。冬のウィルタネン彗星には頑張ってもらわないと。

 おまけ画像。16日の宵、月と4大惑星の位置関係が良かったので、クリニックの駐車場から急遽撮影。魚眼をとってきて、開けた場所に移動して、三脚をたてて・・・としていたら金星が沈んでしまうので、レンズや前景を選ぶ余裕もなかった。

9月の前半戦。

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 23:17

 <2018年9月3日13:09:54撮影>

 <2018年9月5日12:54:01撮影>

 <2018年9月10日17:40:40撮影>

 <2018年9月11日12:41:34撮影>

 <2018年9月12日17:04:13撮影>

 9月前半の太陽は、極小期らしく目立った動きがない。ときどきゴマ粒みたいな活動領域が現れるだけである。プロミネンスは高緯度のポーラークラウンフィラメントが主であるが、11日のように低緯度に出ることもある。

 こうも活動が低調だと、何も書くことがなくなってしまう。10日と12日は、それぞれ午前外来が長引いたり昼休みに雲が多かったりして、どちらも夕方の撮影になってしまったが、だいぶ陽が傾くのが早くなった。西の窓はすこし北寄りになっているので、そろそろ撮影が難しくなってきたようだ。

小型軽量にやられる。

  • 2018.09.09 Sunday
  • 19:51

 先日入手したGM1Sをムスメに持たせているが、いったん味わった小型軽量ボディの魅惑を断ち切ることができず・・・結果、こうなった。

 GM1Sを入手したときは、比較検討して高さが5mm増えるのと、背面液晶がすこし小型になるので中途半端だと思われたGM5だが、よくよくみるとファンクションボタンがひとつ増えているし、やはり老眼にはEVFがあったほうが何かと便利ではないかというわけで、今回はGM5にした。前オーナーが純正のグリップとアイカップ、そしてサードパーティーのサムレストを装備して、サブボディに使っていたということだ。偶然、前オーナーも銀塩の頃からのOM遣い。やはり小型軽量の魅惑に抗することは難しいようだ。

 前オーナーもボディキャップ魚眼を常用されていたということで、さっそく使ってみる。ボディキャップレンズのシリーズはもともとパンフォーカスで使うもので、近接時のピント合わせは難しいといわれている。しかし、GM5は背面ダイヤルを押し込むだけで拡大表示にできるので問題ない。寄れる対角魚眼は魚眼らしくない画が撮れるので面白い。

 ファンクション1には、デフォルトのWiFi接続を割り当てておいて、ファンクション2にはフィルター効果選択を割り当てた。せっかくのフィルター効果を、浅い階層で呼び出せるようにすると何かと便利だ。枯れた花をラフモノクロームで。

 そして、常用レンズを何にするかで悩んだ。ひとつはPanaの14mmF2.5、もうひとつはオリの14-42F3.5-5.6だ。前者は薄くて絞りを開けばそこそこボケてくれそうで、換算28mm単焦点なので迷いがない。GRIIの画角と同じでもあり、スナップシューターとして魅力的ではあったが、結局は後者にした。1.5絞りほど暗く、更にAPS比では更にひと絞りぶん被写界深度が深くなる。ズームは保険として、いちばんの理由は、オートレンズキャップだった。GM1Sを運用していても、キャップを外すひと手間はかなり面倒で、それより沈胴レンズを繰り出す時間のほうが短いから、全体的な速射性は向上すると思われたからだ。

 しかし、深夜徘徊になると、どうしてもFの暗さが災いして、ぶれてしまう。傘もさしながらなのでなおさらだ。

 街灯がある場所だと、そうでもないのだが・・・夜になると向こう側が動き出して、境界線に亀裂が入るという雰囲気か。ちなみに自宅近くの寺の塀だが、慣れ親しんだ場所なので怖さはない。

 レンズキットにも使われるパンケーキズームなのに、けっこう寄れる。そしてフォーサーズの被写界深度の深さは、接写時の扱いやすさにつながる。葉っぱの毛もきれいに描写されているあたり、キットレンズとしてはじゅうぶんな性能かと。シネマカメラと同時撮影で、どうしても荷物を減らしたいときは、レンズを共有して劇的に軽くまとめることができそうだ。

ゆっくりリハビリ撮影。

  • 2018.09.01 Saturday
  • 19:12

 <2018年8月24日16:36:51撮影>

 <2018年8月25日16:33:22撮影>

 <2018年8月26日08:43:39撮影>

 <2018年8月27日16:42:10撮影>

 <2018年8月28日16:46:33撮影>

 <2018年8月29日12:36:28撮影>

 <2018年8月30日17:09:11撮影>

 8月20日にギックリ腰をやってしまい、21日夕方に更に悪化。長期の欠測を覚悟したが、コルセットを使い始めると予想外に調子が良くなってきた。24日夕方に、外来診療が途切れるタイミングで2階の窓からサクッと撮影。これなら機材の移動距離も短いし、持ったまま階段を昇降したりドアをあけたりせずに済むので腰への負担も軽い。翌土曜日は午後の診療終了後に、日曜は当番医だったので外来開始前に、それぞれ撮影することができた。北半球の大きめのダークフィラメントは、東西方向に長いのでたぶんポーラークラウンフィラメントだろう。それが26日には見事な3連アーチになっていた。

 一方の南半球の活動領域は小さいまま。25日には赤道のすぐ南側に黒点ができていたが、それもすぐに衰退した。それでも西縁に到達したらすこしは賑やかになるかと思っていたところが、28日、29日になってもしずかなまま。とうとう30日には北半球のダークフィラメントも吹き飛んでしまい、のっぺらぼうになった。

 この期間中、27日、28日も夕方に外来が途切れることがあり、撮影を続けることができた。29日には調子がよかったので久しぶりに駐車場に機材を出した。この日の画像は雲のため彩層が撮れなかったので、プロミネンス用の画像からトーンカーブをいじって彩層の表面をあぶりだした。しかし、いつもの1/125sec露出とは違い、1/15secなので不鮮明になっている。30日の木曜日は午後休診だったので、これも2階の北西の窓から。31日と9月1日は、悪天候で欠測になってしまったが、太陽撮影に関しては、どうやら通常モードに復活できたようだ。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM