密閉型アルコールストーブをつくってみた

  • 2019.12.29 Sunday
  • 23:19

 星見のときの湯沸かしに、UCCブラック缶でつくったアルコールストーブを使っていた。これまで実戦投入したのは3,4個。すべてCHS型式と呼ばれているもので、2重壁の間の毛細管現象で燃料を吸い上げた燃料に、缶の中(通称バスタブ)で燃焼した熱を加え、縁の環状の空間で気化させて、ジェット孔から噴き出させて燃焼させるというもの。バスタブの開口部を拡げたら真冬でも5秒でジェットが立ち上がるが、火力が弱いバスタブ燃焼がずっと続くので燃費が悪く、300ml沸かすのに20~30mlの燃料を消費していた。

 そこで、燃費をよくしようとあれこれ工夫してみたが、なかなかうまくいかない。バスタブ開口部を小さくしても、立ち上がりが遅くなるだけで燃費はさほど変わらない。そこで更に開口部を小さくして、パルスジェット燃焼させると立ち上がりが速くなるのではと考えたが、ジェット孔から圧が抜けるのでパルス燃焼は維持できないし、燃料は飛び散るしで散々だった。

 一方で、ワイン瓶のキャップを使ったマイクロストーブもやってみたが、5mlではどうやっても200mlをぎりぎり沸かすことができない。そこで、中間をとって、ウコン缶サイズでつくってみることにした。

 そこでできたのが、このストーブ。瓶型の缶なので、チムニージェットストーブも作れるが、接着剤を使わない主義なので、できる型式は限られる。はじめはオープンジェットのバスタブの高い位置に孔をあけて、火力自動調節式をつくってみたのだが、いったん熱がこもるとバスタブと外周タンクの交通がなくなってもなかなかジェット圧が落ちず、うまく作動しなかった。そこでいっそバスタブと外周タンクの交通をなくしてしまうとどうなるか試してみよう、という経緯で出来上がったものだ。

 つくりかたは、こちら。1缶で1個でき、接着剤は使わない。ジェット孔は内縁式トルネードで、燃料補給はジェット孔から。バスタブに燃料を入れて着火すると熱が外周タンクに伝わって、気化してジェット孔から出てきた燃料に引火する。バスタブ燃焼が続いている間はタンクに熱が加わり続けるので強火になり、バスタブが空になると密閉型ストーブになって燃費を稼ぐ。ジェット燃焼とバスタブ燃焼の時間を別々に制御できるようになったのが最大の特徴だ。

 このストーブで、外周タンクに7ml、バスタブに1mlで5分30秒ほど燃焼し、200mlの水をぎりぎり沸かすことができた。そこで外周タンクに10ml、バスタブに2ml入れて、300mlの水を沸かしてみたのがいちばん上の動画。途中で熱帰還が多くて軽く暴走しているが、これは密閉型の宿命らしい。野外では風もあるし気温も低いので、たぶん問題ないだろうと思っている。

今年の紅葉見物。

  • 2019.12.09 Monday
  • 22:21

 今年は雲仙紅葉登山を逃してしまい、なんとなく諦めかけていたが、三十路苑がそろそろ盛りかと思い出撃することに。

 11月24日、到着は日没直前。水鏡の紅葉の表情がなかなか出ずに苦しんだ。偏光フィルターをつけているのでシャッタースピードも遅い。おまけにシネマカメラとジンバルを持っているので、実質片手持ち撮影。ほとんどはブレとボケの世界になってしまった。

 しばらくすると、ライトアップ開始が始まったが、まだ空が明るいのでいまひとつ。

 それでもあちこち撮ってみる。

 薄暗い界隈になると、なかなか良い雰囲気になってきた。

 一部を切り取ってみる。すべて40mmF2.8の撒き餌レンズを使っている。

 ゲート近くの売店をのぞんで。珈琲は自家焙煎だそうで、美味しかった。BMPCCとジンバルで撮影しているのだが、編集はすこし先になりそうだ。

すこし遡って・・

  • 2019.12.09 Monday
  • 22:13

 すこし遡って、今年の小江のコスモスまとめ。

 コスモスと朝霧をからめてみたくて、11月1日の夜明けに出撃したが・・・

 みごとに空振り。

 朝霧も出ないほどなので、朝露も控えめ。

 かろうじて露がよく乗っている花を探し出して。

 諦めきれず、いちだんと冷え込んだ11月15日夜明けに出撃したけど・・・

 今度も空振り。

 前回とはすこし切り口を変えて

 蕾の輪郭を浮き立たせてみる。

 遊水池のほうが画になるかも・・・

庭先にも秋がきて・・・あっという間に。

  • 2019.12.09 Monday
  • 20:46

 今年は秋の台風で紅葉の葉が傷んでしまい、期待していなかったのだが、11月終わり頃になって急に色づいた。

 ニシキギは西日があたるところにあるので、例年茶色がかっている。今年はかえって綺麗なほうかもしれない。

 イロハモミジも建物に近い枝は風当たりが弱かったようで、葉っぱもきれい。

 表のイチゴノキは昨年までミノムシにやられていたためばっさり剪定したので、今年はほとんど咲いていない。通路わきのもう1本もだいぶ背が高くなり、目立たない梢でひっそりと咲いている。

 昨年は実を貯めたものの、冷凍したまま忘れてしまっていたので、今年こそは貯めて加工しようと思い立った。しかし、月末の嵐で紅葉の葉といっしょに全部落ちてしまったようだ。

 今年の秋もこれでおしまい。クリニックの庭はいよいよ冬の眺めに。

外海で滲んでみる

  • 2019.10.10 Thursday
  • 17:42

 日曜の昼過ぎ、長崎市内で4時間ほどあき時間ができたので、外海のほうに撮影に出てみた。主目的はBMPCCでアナモルフィックレンズを使ってジンバル撮影をすることだったので、スチル装備のほうは思い切り絞って、EOS80Dと安原製作所MOMOの1本勝負。

 メインの撮影地は黒崎教会、まずは正面のマリア様を。白い被写体は滲みの定番とばかり、よい具合に滲んでくださった。

 格子戸がおとす影が面白かったので。窓の奥に、反対側の窓の色ガラスが見えている。

 室内に移って、小さな聖母子像。コントラストが強いので、なかなか難しい。こっそり滲んでみた、という雰囲気。

 海辺の聖堂らしく、シャコ貝の飾りがある。この辺でとれたものなのか、それとも南方から持ってきたものか。摩滅した床に色ガラスの透過光を反射させて。

 浄財箱。ベンチに反射する光がうまい具合に滲んでくれて、色味を強調。

 そのへんの河原で拾ったらしい重石に花模様が描かれていた。このレンズ、気前よく滲む一方で、ピントが合ったところの輪郭線は繊細でシャープなところが面白い。

 大野集落のほうでは滲みに向いたシーンがなくて、高台から海を。無限遠でピントが出るとは限らないので、むずかしい。微妙に色収差もあるようだ。

 ここでセットしておいたアラームが鳴って、時間切れ。まっすぐ長崎市内に向かい、到着後5分と待たずに家内とムスメを回収した。もっと先の雪浦あたりも滲ませてみたいが、それはまたの機会に。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM