年初のスチル。

  • 2019.01.17 Thursday
  • 19:07

1月3日、穏やかに晴れていたので、海を眺めに飯盛漁港へ。最近は、カメラは小さいGM5ばっかり。レンズもオリの14-42ズームという手抜きな組み合わせ。

 防波堤からふりかえって、モノクロで1枚。背後の高台はいちめんのタマネギ畑。

 防波堤の外側はゴロ石の砂州。緑川洋一の瀬戸内風に、3枚連写してRGB合成してみたが、コントラストや色調など、そうそう巧くはいかないものだ。

 そして14日は竹崎観世音寺に。真言宗のお寺なので、なんとなく独特の雰囲気。

 独鈷をもっているのは御大師様か。

 参道の両脇には塔が立ち並ぶ。これは六地蔵塔。

 この仏様は、風化して表情すら判別できないが、素朴な光背に趣がある。右面の銘文には元明4年とあるが、ちょっと古すぎるので、たぶん天明4年だろう。

 カラフルな仏様が多い。

 この塔は鎌倉時代だそうで。窓ごとに仏様のお姿が。

 お寺は港を望む高台にあり、参道は集落へと続く。

 また連写+RGB合成で遊んでみた。これに点描フィルターをかけると印象派みたいになるが、ちょっとやり過ぎかと。

 この錆びたアンカー、以前にも撮ったことがあるような気がする。フレーミングがちょっと半端。もっと寄って、モノに還元すると面白いかも。

 それにしても、最近のスチルは少し怠け気味かな・・・あと、シネマカメラも動かさないと。そろそろランタンフェスだが、今年はムスコの受験と、インフルワクチンがハズレだったようなので、人混みは自粛しよう。

11月恒例の1本。

  • 2018.11.26 Monday
  • 23:47

 11月はムスメの誕生日にあわせて、ムスメをだしにした親の趣味活動。今年も材料を買い込んだ。

 今回はすべてベネツィアもので、メインはピンクマサイと呼ばれる、マサイ族が多用したシードビーズで、20世紀初頭のもの。グラデーションがある渋いピンクである。それにホワイトハーツを合わせたが、これも同時期の金赤を選んで、あとはシルバーリングを数カ所に挟むことにした。

 中央から左右にむけて繋いでいったが、途中でバランスを修正するために半分ほどばらしたり、完成までにはけっこう時間がかかった。

 トップが無い連を繋いだのは今回が初めて。シルバーリングは5コ使ったが、後3コほどあるともっと変化がつけられたかと思う。そして両端にもアクセントとしてシルバーパーツを入れたほうがよかったかと反省。

 いろいろと反省点はあるが、ピンクマサイの渋い色調には、ややピンクがかった金赤ホワイトハーツはよく馴染む。ムスメにはちょっと渋すぎたかもしれないが、まあ、これも親の趣味活動ということで(汗)

雲仙枯れ紅葉登山2018。

  • 2018.11.09 Friday
  • 22:27

 今年の雲仙の紅葉ピークは10月末だったが、品川日帰り出張にぶつかってしまったので、仕方なく翌週、11月3日に出撃した。そういえば、学生時代にも11月3日に登っては、紅葉の盛りを逃していたのを思い出した。最後にこの時期に登ったのは平成2年。普賢岳噴火の1ヶ月前になる。鬼人谷口あたりでかすかに硫化水素が臭って、まさか噴気ができてないだろうかと辺りを見回したのを覚えている。その頃、普賢山頂直下で火山性地震が頻発していて、噴火まで秒読みといわれていたのは後で知った。

 春のミヤマキリシマ登山のとき、妙見岳ののぼりで膝を痛めてから本調子では無いので、今回はおとなしくロープウェイで妙見岳へ。そこから軽いアップダウンが続く尾根道は、妙見カルデラの縁にあたる。カルデラ壁の底に辛うじて紅葉の名残り。

 予想より人が少なかったので、これも30年ぶりに国見岳に登ってみる気になった。ここも妙見カルデラの縁にあたるが・・・

 たぶん雲仙の登山道のなかで一番けわしい。2回ほど登ったことがあるが、途中固定ロープが1箇所あり、高所恐怖症の身にはとても怖かった覚えがある。

 久しぶりに登ってみたが、途中ではやっぱり撮影する余裕もない。固定ロープの場所には新しく鎖が張ってあり、その上にもう1箇所鎖場があった。途中でやめたくなったが、下りはおりるときに考えることにして山頂まで。

 山頂では地元の70代とおぼしき集団が、酒盛りを始めたところだった。こんなところを酔っ払って降りられるのだろうか。この日は透明度がよく、平成新山の左肩に阿蘇がくっきりと見えていた。更に左側には久住連山があるが、これには写っていない。ここから見ると、馬蹄形に東に開いた妙見カルデラの中に、手前から普賢、立岩峰、平成新山と3つのドームが並んでいるのがよくわかる。

 ここまでよく見えるのならと、右に目をうつしていくと、遠くに見えるのは韓国岳。

 更に右側、ピンぼけになったが、中央にかすかに見えるのは、桜島か、宮之浦岳か・・・方角が同じなのでどちらかは不明。

 怖い下りもなんとかこなして、本日のハイライト、鬼人谷口への下り。陰になった斜面を背景に、白く繊細に光る木々に混じって、かろうじて残った紅葉が彩りを添える。紅葉の盛りよりも好きな眺めだ。

 鬼人谷口まで降りると、そこそこ紅葉が残っていた。ここからは普賢、立岩峰の北斜面を歩いて、立岩峰の上へ。画像はないが、立岩峰の登りの途中、道端から噴気が上がっていた。春にはなかったので、平成新山はまだまだ死んではいないということだろう。

 国見岳に登ったぶん予定より遅れいたので、ここで昼食にした。ところが立ち上がったときに、左膝にかなりの痛み。せっかくロープウェイを使ったというのに、無茶して国見岳なんかに登るから・・・

 ここからはいったん霧氷沢に降りるが、溶岩塊が不規則に積み重なった霧氷沢はアップダウンが激しく膝にはきつい。左膝をかばっていたら、右まで痛くなってきてしまった。前方にときどき人声が聞こえるが、後ろには誰も居ない。どうやら立岩峰コースの最後尾になってしまったようだ。

 普賢岳到着は14:10。ここまでくると、薊谷から直登してきた人達がけっこういる。あちこちでガスバーナーを焚いて、遅い昼食のようだ。

 こちらも一休み。もう一度火をおこして珈琲タイム。例によって自作アルコールストーブだが、風防以外の装備がすべて薬缶替わりのパーコレーターに入ってしまうので、とても助かる。

 最後の下りは膝をかばいながらゆっくりと。紅葉茶屋から薊谷への下りでは、けっこう紅葉が残っていたが、山影になるのと曇ってきたのとで光がない。紅葉だけが目的だったら、普賢に登らず鬼人谷口から薊谷に向かっていれば、光がある時間帯にここを通ることができそうだ。薊谷から仁田峠まで、最後の登りでは脚が攣ったりして、今回はトレーニング不足を思い知らされた山歩きだった。

9月のスチル

  • 2018.10.01 Monday
  • 21:30

 9月16日、ムスメの部活撮影につきあって、脇岬観音寺へ。

 前回、陽射しが翳ってしまっていたので、今度は光があるうちにと脇目も振らず直行して無事に撮影。

 丸く並んでいる仏様を、魚眼で更に丸くしてみた。

 帰り道は、高浜海水浴場で開催中の『Tシャツアートミュージアム』へ。

 実は高浜に寄るのは初めて。こぢんまりしているが、新しい施設ができてなかなか良い雰囲気のビーチだった。

 久しぶりに滲みレンズで。遠くの台風の影響で、背景の軍艦島にも護岸の2倍ほどの大波があがっていた。

 これはまた別の日。塗り壁みたいに異様な新しい諫早駅。そのうちにバスターミナルに連絡するデッキができるとのことで、この巨大塗り壁も今のうちか。

 スチルばかり、カメラを2台運用していると、どうしても動画を撮るヒマがなくなってしまう。そろそろコスモスや紅葉登山の準備に腕慣らしをしておかないと・・・

小型軽量にやられる。

  • 2018.09.09 Sunday
  • 19:51

 先日入手したGM1Sをムスメに持たせているが、いったん味わった小型軽量ボディの魅惑を断ち切ることができず・・・結果、こうなった。

 GM1Sを入手したときは、比較検討して高さが5mm増えるのと、背面液晶がすこし小型になるので中途半端だと思われたGM5だが、よくよくみるとファンクションボタンがひとつ増えているし、やはり老眼にはEVFがあったほうが何かと便利ではないかというわけで、今回はGM5にした。前オーナーが純正のグリップとアイカップ、そしてサードパーティーのサムレストを装備して、サブボディに使っていたということだ。偶然、前オーナーも銀塩の頃からのOM遣い。やはり小型軽量の魅惑に抗することは難しいようだ。

 前オーナーもボディキャップ魚眼を常用されていたということで、さっそく使ってみる。ボディキャップレンズのシリーズはもともとパンフォーカスで使うもので、近接時のピント合わせは難しいといわれている。しかし、GM5は背面ダイヤルを押し込むだけで拡大表示にできるので問題ない。寄れる対角魚眼は魚眼らしくない画が撮れるので面白い。

 ファンクション1には、デフォルトのWiFi接続を割り当てておいて、ファンクション2にはフィルター効果選択を割り当てた。せっかくのフィルター効果を、浅い階層で呼び出せるようにすると何かと便利だ。枯れた花をラフモノクロームで。

 そして、常用レンズを何にするかで悩んだ。ひとつはPanaの14mmF2.5、もうひとつはオリの14-42F3.5-5.6だ。前者は薄くて絞りを開けばそこそこボケてくれそうで、換算28mm単焦点なので迷いがない。GRIIの画角と同じでもあり、スナップシューターとして魅力的ではあったが、結局は後者にした。1.5絞りほど暗く、更にAPS比では更にひと絞りぶん被写界深度が深くなる。ズームは保険として、いちばんの理由は、オートレンズキャップだった。GM1Sを運用していても、キャップを外すひと手間はかなり面倒で、それより沈胴レンズを繰り出す時間のほうが短いから、全体的な速射性は向上すると思われたからだ。

 しかし、深夜徘徊になると、どうしてもFの暗さが災いして、ぶれてしまう。傘もさしながらなのでなおさらだ。

 街灯がある場所だと、そうでもないのだが・・・夜になると向こう側が動き出して、境界線に亀裂が入るという雰囲気か。ちなみに自宅近くの寺の塀だが、慣れ親しんだ場所なので怖さはない。

 レンズキットにも使われるパンケーキズームなのに、けっこう寄れる。そしてフォーサーズの被写界深度の深さは、接写時の扱いやすさにつながる。葉っぱの毛もきれいに描写されているあたり、キットレンズとしてはじゅうぶんな性能かと。シネマカメラと同時撮影で、どうしても荷物を減らしたいときは、レンズを共有して劇的に軽くまとめることができそうだ。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM