外海彷徨。

  • 2019.05.18 Saturday
  • 23:21

 日曜の午後、外海の大中尾棚田の田植え日程を確認しようと思い立って、カメラ片手にふらりと出掛けた。

 大中尾棚田は神浦港から神浦ダムへの途中にある。まずは現地の掲示板で日程を確認して、それから神浦ダムの周回路へ。堰堤の側は閉鎖されていたので、反対側から突入してみると、ふたつあるうちの最初の流れ込みを渡ったところでゲートで閉鎖されていた。この流れ込みの沢に久しぶりに入ってみた。道端には素朴なヤマアジサイが木漏れ日を浴びていた。

 沢におりてみると、あたりにエゴノキの花が散り敷いていた。木漏れ日は移動が早く、きれいにスポットライトが決まっても、1,2分もするとすっかり変わってしまう。このショットは手前のハイライトにピントを合わせなおすべきだった。。

 気を取り直して1枚。カラースコパー28mmには偏光フィルターを常備しているので、水面が入るショットには便利だ。

 もともとうつむいて咲いている花なので、地面にそのまま落ちると裏返しになる。

 小さい流れに集まって整列。このショットを撮るときに、苔で滑ってシネマカメラのレンズキャップを川に流してしまった。この沢に入るのは、ほぼ30年ぶり。記憶にある沢は、結晶片岩の回廊が白銀に輝いていたのだが、すっかり錆色にくすんでしまっていた。

 すこし下ると、滝の上に出る。この滝もこんなに細かったかな・・・当時使っていたカメラはOM-2S/P、崖際に腹ばいになって腕を差し出してノーファインダー撮影したが、現像に出してみたら、未露光だといわれた。たしかに巻き上げレバーが止まるまで撮影したはずだったのに・・・いまでも腑に落ちない件だ。今回はバリアングル液晶の恩恵にあずかり、腕を突き出しながらも構図を決めてリベンジすることができた。ここだけレンズはAT-X1120の11mmで。

 こちらはGM5にオリンパスの14-42パンケーキズーム。42mm(84mm相当)で。水中に続く岩盤が陽光にきらめく。カヤックでアプローチしたいところだが、ここはボート禁止。

 帰りに、大野集落に観光客向け駐車場の案内をみつけたので、クルマを停めて大野教会へ。結晶片岩を積み上げたド・ロ壁が特徴の、こじんまりした教会だった。

 日曜夕方でちょうど戸締まりがおわったところ。飾り気の無いところがかえって清々しい。

 集落へと降りながら、振り返って1枚。レンズは28mmだけしか持ってこなかったので、次はフル装備で出直そう。

 出津の港で。夕陽にはすこし早すぎる、半端な時間帯。

 小さい港だが外洋に面しているので防波堤は立派。これだけモノクロにしてみた。

 これは大野集落の駐車場から、池島の第2縦坑を入れて。外海といえば冬の鉛色の眺めが印象的だが、のどかな春のベタ凪もまた良い雰囲気。3連写してそれぞれのRGBチャンネルを合成、コントラストをいじれば往年の緑川洋一氏の瀬戸内海のような雰囲気になる。というか、3原色のフィルターで多重露光していたオリジナルの猿真似であるが、全体のカラーバランスを考えて露出時間を調節していた本家にはとても敵うものではない。

4月のスチル

  • 2019.05.18 Saturday
  • 22:41

 ほぼ月遅れになったが、4月のスチルなど。

 自宅近所はお地蔵さんのかわりに恵比寿様の石像が多いが、ここはどちらでもなく、弘法大師様の像を祀っている、通称「おこぼさん」。春の陽射しがよい感じだったので、ソフトレンズで滲ませてみた。

 その後すぐに撮影に出て、おなじくソフトレンズつながりで、佐世保の藤山神社の御手水を。

 大藤は満開数日前だが、けっこう見応えがあった。

 クマンバチがせわしなく飛び交う。花にとまる時間が短いので、意外と難しい。

 この房の先まで開花したら見事なんだけど・・・

 神社向かいの聾学校の八重桜も盛り。

久しぶりにEOS80Dにいろいろとレンズをつけて撮影したが、このときはどちらかといえばBMPCCのアナモルフィック撮影のほうがメインだった。

マイクロアルコールストーブで湯沸かし実験。

  • 2019.03.07 Thursday
  • 23:30

 これはYoutubeで仕入れたネタの応用だが、ダイソーのワイヤーカトラリースタンドを使って五徳を作ってみた。同じく百均のレンジフードを切って風防にしている。

 使用した燃料は5ml、水道水は200ml。燃焼時間は4分30秒〜5分の間くらいだった。熱湯にはなったが沸騰には到らず。150mlくらいなら沸いていたのかもしれないし、燃料ももう少し入る。まだまだ改善の余地がありそうだ。

アルコールストーブ迷走。

  • 2019.02.23 Saturday
  • 22:15

 発端は、ワインの缶を使って簡易チムニーストーブを作ろうとしたことだった。ストーブは完成したが、やはりというか、プレヒートをしないと起動しない。キャップにアルコールを入れて点火してみたところが、加減が難しく、点火しなかったり、逆に熱暴走して火だるまになったり。そこでプレヒート燃焼を安定させるために、キャップに仕掛けを加えることにした。

 すると偶然、ワイン瓶のスクリューキャップにワイン缶の口金を入れてみると、適度な遊びを残してパチッと嵌まることに気がついた。口金の裾に切り込みを入れると、オープンジェット型のストーブになるのでは?と、試してみた結果・・・

 これが案外とうまく燃焼してくれた。冒頭に写っているいつものUCCブラック缶のCHSは直径40mm。当たり前ではあるが、ワインキャップのマイクロストーブはとても小さい。動画では燃料を5ml入れて、本燃焼まで約40秒。そして6分ほど燃焼するのでやたらと燃費が良い。これならシエラカップ1杯分くらいなら湯沸かしに使えるかもしれない・・・ということで、簡易チムニーストーブのプレヒートという目的はどこへやら、自作アルコールストーブの迷走がはじまった。

崎陽の丘、燈會の夜。

  • 2019.02.21 Thursday
  • 16:32

 ある日曜の夕方、すこし時間ができたので、今年は見逃したと思っていたランタンフェスティバルに。

ついた時間がまだ早かったので、陽が落ちるまでは湊公園の奥から海星高校へとのぼる坂道へ。

 小6の頃、海星であっていた塾に通うのによく歩いた坂道だが、その後足が遠のいてしまい、実に40年ぶり。しかも、昨年訪れた脇岬観音寺へとつづく、みさき道の起点だということで、由緒正しい階段のようだ。

 振り返ると夕焼け。休憩用のベンチなんてものは昔はなかったが、それだけ高齢化が進んでいるということだろう。皆、ここのベンチで一休みしてから登っていく。

 上まで登ってから、そろそろ良いかと折り返す。

唐人屋敷入り口の、市場の裏。そろそろランタンが映える頃合いになってきた。

 昨年はWBを間違えてランタンを白くしてしまったので、リベンジ。有田でも使った画像処理を試してみたので、全体に粒状感がある。

 こちらは彩度が落ちてしまった。処理の加減が難しい。

ご本尊。こんな被写体には適した処理法のようだ。この縮小画像ではわかりにくいが、左側の扉に粒状感がでている。

 一方、ランタンが被写体だと琴ラストが上がりすぎ。レイヤー濃度を下げると粒状感もなくなってしまう。

 月を見上げて帰途につく。クルマは賑橋に置いているので、けっこう歩かないと。

 新地で、池に映ったランタンを。偏光フィルター常備していると、こんなときに役に立つ。

 これはミスショット。上端に指が写ってしまった。かといって、トリミングすると左上のランタンがなくなって間延びするし、指が入っていない他のカットは通行人のバランスが良くないし・・・魚眼撮影のときは気をつけませう。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM