R-140SS改造計画・ゴースト対策思案中。

  • 2017.06.17 Saturday
  • 22:48

 一見、うまくいくかと思われたMFAフィルター内蔵レデューサーコレクター、輝星のゴーストが光軸中心に対して外側に隣接して発生することがわかって、ゴースト対策が必要になりました。EF-Sマウント面にレデューサーコレクターをベタ置きした北アメリカ&ペリカンでは、ゴーストの気配はありません。そこで、どごが違うのかをあれこれ考えてみました。

 まず疑ったのは、レデューサーコレクターの第3面とMFAフィルターが、平面どうしで1mmほどの隙間で近接していること。ここが原因になっている可能性も否定はできませんが、ベタ置きでもほぼ同位置に平面があるので、ちょっと可能性は低そうです。また、レデューサーコレクターの第2面はセンサーに向かって凸面になっているので、これも考えにくい。そこで残ったのが第1面です。

 レデューサーコレクターはアクロマートレンズなので、第1面はセンサー側からみると凹面になっています。センサーかローパスフィルターで反射された光線が第1面にあたって、再びセンサー面に収束しているのではないかと考えたのです。そうなると、ゴーストの有無はレデューサーコレクターの位置に敏感であってもおかしくありません。この可能性がいちばん高いのではないかとだんだん思えてきました。

 対策としては、レデューサーコレクターをEF-Sマウント面にベタ置きにして、フィルターの位置を変えるしかありません。レデューサーコレクターの口径は42mm(押さえ環があるので実際には40mm)、MFAフィルターは37mmなので、レデューサーコレクターの前面に置いたらけられてしまいます。2インチ化してスリーブの先端につける他はありません。いっぽう、もし第3面とMFAフィルターが原因になっているのであれば、フィルターをすこし傾けて装着するという手段もあります。MFAフィルターを外しての長時間露光テストが必要になりますが、天候のこともあるのでいつになることやら。でもこうした問題点を解決していくところが改造の楽しみなんでしょうね・・・

R-140SS改造計画・MFAフィルター内蔵化とガイドの暴走対策

  • 2017.06.16 Friday
  • 22:16

 木曜の夕方、雲は多かったが、AstroGPVでは夜に晴れ間が来そうだったので日暮れ頃から慌てて工作。

 前回作製した、レデューサーコレクターを4.5mm浮かせるver.のレンズ押さえ環を新しくした。まずは2mm幅のテープ状に切ったケント紙を、MFAフィルターのネジ部分に巻く。2枚積層するとフィルター外周と同じ径になったので、次に4mm幅のテープ状ケント紙を積層して、レンズ枠にすっぽり填まるようにした。

まずは、レンズ押さえ環にMFAフィルターを装着し、

レデューサーコレクターのレンズ枠に填める。

そして前後を入れ替えて、EF-Sマウント面に置き、

Tリングでおさえるとレンズが安定する。あとはいったん分解して、内面を黒塗りすればいちおうの完成だ。

 ところで、前回の北アメリカ&ペリカン撮影時に、PHD-IIのガイドが暴走した。症状は昨年までと同じで、順調にガイドしていたのが、いきなりモーターが大きく動いてガイド星が枠から大きく外れ、PHD-IIがガイド星を探そうとして暴走する。どうやらDPPで撮影済みの画像を開き、拡大してガイド結果をチェックしているときに暴走しやすいようだ。どこかからパルス状のノイズが入り込んでいるのではと考え、ガイドカメラと赤道儀を結ぶガイドケーブルにはフェライトを噛ませてあったのだが、状況からみると、ノイズ源はPCではないかと思われた。自動導入用のケーブルには既にフェライトが噛ませてあるし、ガイド中の出来事なので関係ない。最後に残ったガイドカメラとPCを繋ぐケーブルにフェライトを噛ませたら、DPPで画像をぐりぐり動かしても暴走しなくなった。その次の出撃時にも試してみたところ、少しはノイズが入るようで、ガイドが外れることが2,3回あったが、ずれは小さくてすぐに復帰した。どうやら最後のフェライトが正解らしい。あと1個残っているので、これも噛ませることにしよう。

R-140SS改造計画・第3次試写

  • 2017.06.11 Sunday
  • 17:16

 梅雨入り3日目、夕方になっても晴れていたので、大急ぎでケント紙を積層してレデューサーコレクターの枠を作製。黒塗りする時間もなく、無塗装のままで白木峰に出撃したが、到着時には薄雲がひろがってきていた。とりあえず機材を組み上げて、晴れ間を塗っての撮影。月が明るいのでISO800の30秒露光にして、ダークもフラットも省略した。

 まずはレデューサーコレクターをEF-Sマウント面にベタ付けしたもの。すこしコマ収差はあるが、まあこんなものだろう。

 次は4.5mm浮かせたもの。これだと将来的には浮かせたスペースにMFAフィルターを装着して、光害対策やバックグラウンドの色調補正ができる。すこしコマ収差が大きくなるが、ベタ付けver. と比べても決定的に劣るわけではなさそうだ。

 次に、浮かせたver.でM13を撮ってみた。これと比較するのは・・・

 MPCC-MkIIIを使用したもの。周辺像はこれがいちばんだが、焦点距離は500mmのままなので、F3.57で変わらない。

 <撮影データ:2017年6月8日23:32:33〜,R-140SS改II(d=140mm,f.l.=428mm,F3.06),KissX2改(ISO800,30sec,8コマコンポジット)

 <撮影データ:2017年6月8日23:42:30〜,R-140SS改II(d=140mm,f.l.=428mm,F3.06),KissX2改(ISO800,30sec,9コマコンポジット)

 30秒露光でもきちんとコンポジットしたらこうなる。フラットフレームがなくて角のかぶりや底辺のミラー切れが修正できなかったので、周辺部1割ほどをコンポジットしている。こうしてみると、レデューサーコレクターを4.5mm浮かせても、たいした影響はなさそうだ。この方向でもう少し細部を煮詰めてみようかと思う。

R-140SS改造計画・第2次試写。

  • 2017.06.11 Sunday
  • 00:16

 前回の超新星迎撃で試写した準フラットシュミットver.をもうすこし検討するために、梅雨入り間近な金曜の夜に白木峰に布陣。レデューサーコレクターの位置を変えながらテストする予定だったが、急造仮パーツが使い物にならず、準フラットシュミットver.だけしか撮影することができなかった。

 <撮影データ:2017年6月3日02:20:32〜,R-140SS改II(d=140mm,F3.06),KissX2改(ISO1600,5min,5コマコンポジット)

 これまで左の北アメリカ星雲だけを狙った構図は何度か撮っている。ペリカンも入れるには500mmという焦点距離はすこし長すぎると感じていたが、今度は428mmと短くなったので、楽に構図を決めることができた。今回はダークはきちんと撮ったが、ガイドの暴走やバランス調整不足による赤経モーターの脱調などに手間をとられ、フラットフレームを撮ることができなかった。よって、ミラー切れによると思われる蹴られが画面下に残っている。

 北アメリカ星雲の立体構造については以前書いたが、これとペリカン星雲との関係を考えてみるのも面白い。ペリカンのブライトリムは後頭部にしか見当たらない。これを、メキシコ太平洋岸のブライトリムとひと組だとすれば、ペリカンと北アメリカの間の大西洋がいちばん手前にあるということになる。一方、ペリカンの後頭部を頭の左側にある輝星が照らしているとすれば、ペリカン全体が北アメリカより手前にあることになる。はたしてどちらが正解なのだろうか。

 ところで、今回の画像では、右上に強烈な環状のゴーストが出た。これまでに見たことが無いパターンなので、たぶんレデューサーコレクターによるデネブのゴーストなのだろう。本改造をするときには、しっかりコバを塗っておかないと。

R-140SS改造計画・新たな改造の可能性。

  • 2017.06.01 Thursday
  • 22:49

 すっかり安定運用に入っていたR-140SS改であるが、最近、気になる記事をみつけた。改造初期にR-130S用のレデューサーではまともに結像せず、次にTeleskopのコマコレで星像が甘くなり、レデューサー系の改造は諦めていたのだが、最初に現実的では無いと除外していたフラットシュミット化にチャレンジしている。

 もともと、シュミットニュートン改造の王道は、田中光化学さんのフラットシュミットだろう。ミードのSN8とSN10をベースにしているが、同じ改造をR-140SSで行おうとすると、焦点距離が短いのでレデューサーコレクターとセンサー面の距離が近すぎて、DSLRが使えなくなってしまうという致命的な難点がある。そこで、従来R-140SSの改造には、R-130Sの鏡筒を使った準シュミット化や、1m長の鏡筒を新造しての純シュミット化が選択されるとこが多く、あとはコマコレクターでごまかす私の方法くらいだった。

 そこに現れたのが、準フラットシュミットといっても良い今回の方法で、なんとおなじみ『10分で完成 組立天体望遠鏡15倍』の対物レンズをレデューサーコレクターにしようというものだ。これがEOSのEF-Sレンズ用の凹みにぴたりと嵌まるところがミソで、フランジバックよりも短い位置に配置することができる。しかも、内径40mmで厚み10mmのリングがあれば、マウント面とTリングでレンズを挟み込むことができる。コレクターとしての位置が像面から少し遠く、球面収差を補正しきれていないので、どれくらいの星像になるか、MPCC Mk-IIIと比べてみたいところだ。さっそく取り寄せることにした。レンズの固定法をあれこれ考えていたが、超新星狙いでスクランブルをかけることになり。工作している時間はないので、とりあえず間に合わせにケント紙を積層して黒マジックで内側を塗ってスペーサーリングにした。以下は試写結果など。

 まずはいつもの素のままのR-140SS。中央の星像は鋭いが、周辺は盛大なコマ収差が出るところもお約束。

 そしてこれがレデューサーコレクター仕様。コマは多少残ってはいるが、かなり改善されている。コマコレクターと比べると1/10ほどの価格しかしないが、これは驚きの性能である。組立天体望遠鏡畏るべし。

 そして写野は違うが、こちらがMPCC Mk-III仕様。周辺像はわずかに崩れるが、これが一番フラットだ。これだけ見れば、やっぱりMPCC Mk-IIIで行こうかとも思えるのだが・・・

 写野全体をみると、こうなる。左はMPCC Mk-III仕様、右が組立天体望遠鏡仕様。露出と感度は揃えているが、左はEOS600Da+HEUIB-IIでダーク、フラット減算、右はKissX2でダーク無し、周辺減光簡易処理、処理のパラメーターも異なるので直接の比較はできない。しかし、右も充分にシャープではないだろうか。それにレデューサー効果も加わるので、なんとd=140mm,fl=428mm,F3.06というスペックになる。これはε130のd=130mm,fl=430mm,F3.3というスペックにとても近い。コマがすこし残っているのと、中心星像がεの10μに比べて15μ程度とすこし劣ってはいるが、εに匹敵するといっても良いかもしれない。

 このプランを実用化するためにはいろいろとハードルがある。まず手持ちのフィルターとの併用。はじめはMFA枠にステップアップリングを用いることを考えた。コレクターが少し遠くなるので像は悪化するが、これがいちばん簡単かと。ところが試してみたところ、MFA枠には普通のステップアップリングは装着できず、この案は没になった。フィルターを2インチにすれば問題ないが、カメラレンズでもフィルターを使いたいのでMFAは譲れない。

 そこで現在考えているのが、Tリングのほうにコレクターを装着する案。実はTマウントの内側には49mmフィルターネジが切ってあり、クローズアップレンズをレデューサーにするときによく利用されている。ここに内径42mmのリングをつけて、マウント面よりもカメラ側に突出させる。そしてその先端(カメラ側)に37mmネジを切ってMFAフィルターを装着できるようにすれば、コレクターの位置はMFA枠(ネジ含む)くらいしか移動せず、像の悪化も最小限度におさえられるはず。カメラ側のMFA枠は外す必要があるが、これはネジを使わない現行型のMFA枠にしてしまえば問題ないだろう。すっかり安定運用かと思っていたR-140SS改、またひとしきり楽しめそうな雰囲気だ。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM