物欲大佐の敗北。

  • 2014.07.03 Thursday
  • 23:28
水没2.jpg

 長崎県は50年に1度の豪雨とかで、あちこちで浸水した様子。ちょうど出勤時間の直前から雨脚が強くなり、午前中の外来の間にみるまに水位が上がってきて、クリニックのまわりは水没してしまった。画像右下の、クリニックの駐車場は前の路面から30cmほど上がっており、クリニックの床面までは60cmある。開院以来7年、このかさ上げが役に立ったのはこれで2回目だと思うが、それにしても今回のはひどかった。

水没.jpg

 いちばん低くなっている、表の横断歩道のあたりはこんな有様。以前、隣のヤマダ電機が田んぼだった頃は、田植えの頃に冠水してましたが、これほどではなかった。それでも昼前に雨があがると、ごみを残してあっという間にひいてしまった。

 午後からは、久しぶりに「とみた」へ。2,3年前から眼鏡のコーティングがはげてしまっていたのがいよいよ磨りガラス状態になってきたので、作り直しに。幸い?近視も乱視もそれほど進んではいなかったのだが、老眼をどうするか。一応遠近両用も試してみたが、やはり継ぎ目の収差が気になるので、今回は見送ることにした。丸眼鏡の枠をオーダーして帰途へ。
 この帰り道に災難に遭遇。バイパスの途中までは周囲を警戒していたが、下り坂にはいって油断したところで銀色のクラウンの車内を社会科見学。ええ、青色の乗車券を買いましたとも。この緊急出費でウェッジプリズム+改造用ローパスの個人輸入計画はおじゃん。まあ、ローパスはなくてもX2を冷却改造すれば良いし、火星も木星もシーズンが終わったところで、土星には萌えないのでプリズムも当分なくても構わない。免許のほうも一昨年更新時に切らしてしまったので、来年の更新も3年でかわらず。全てにおいて実害がないといえばいえる、微妙なところ。しかし、へこむものはへこむ。

IMG_0834.jpg

 というわけで、ストレス解消のためにはひたすら穴をあけるベシ。オレンジ茶筒に新しい接眼部と補強枠、斜鏡スパイダー用の下穴を開けてしまった。斜鏡スパイダーの取り付け部はあやうく場所を間違えるところだったが、なんとか無事に修正。この改造の中でいちばん厄介な部分を一気に片付けることができた。冷却改造は間に合わないが、オレンジ茶筒のほうは梅雨明けまでにはなんとか形にして、梅雨明けの晴れ間を逃さないようにしたいものだ。

カメラのことなど。

  • 2012.03.12 Monday
  • 19:01
写真.JPG



 週末に学会と漢方セミナーの日程が重なり、土曜は博多、日曜は大阪とハシゴしてきました。日曜に使うデータの準備で金曜の晩は半徹、そのまま朝の白かもめ自由席に乗ったら当然座れず。肥前鹿島あたりから吐き気で脂汗を流し、肥前山口でホームに脱出。後続の黒みどりに乗り換えたら運良く座ることができて、いくぶん体調も回復しました。
 それはおいといて、土曜は祇園で学会。しかし、駅からまっすぐ向かったのは南天神のオリンパス。ちょうどOM-D E-M5の発表会が行われていて、学会前にちょこっと寄って見ようと後輩と打ち合わせておいたのです。そういえばE-500の発表会以来だなと思いながら、E-500をちらりと見せて特製携帯ストラップをGET。OM-1と交換レンズ2本がついたものです(勿体なくて開封できません)。この後、E-500を無料クリーニングに出したこともあって、学会場との間を1.5往復歩くことになってしまいました。
 E-M5の出来はというと、所詮はEVF内蔵、それもVF-2相当に過ぎないからと予想していたのですが、良い意味で裏切られました。EVF表示のタイムラグが短く、フレームレートを上げればほとんど気になりません。おまけにOM-4風のファインダー内表示が懐かしく、ハイライト/シャドウコントロールも使いやすく仕上がっています。筐体は銀塩OMより薄くて小さいのですが、親指がひっかかるので意外と持ちやすく感じられました。私の手にはグリップをつけるとちょうど良かったですね。μ4/3の中身を使ってE-XXXを作ってくれれば・・・と、ずっと思っていましたが、E-M5の仕上がり具合を直に体験して、もうE-XXXの復活は無いんだなと、寂しいけど認めざるを得なくなりました。これで、暗いところは暗く見えるEVFと、像面位相差で4/3のレンズがさくさくと動くようになれば、素直に欲しくなります。というか、現状でも欲しいくらい。オリンパスも面白いカメラを作ったものです。
 こんなわけで、土曜はカメラ半分、学会半分となったわけですが、疲れもあったので名古屋行きののぞみを新大阪停まりのみずほに変更して、早い時間にゆったり到着。宿で私服に戻って一休みしてから、再び新大阪駅に出向いて、翌日に定期運行が終わる急行きたぐにを撮影しました。前回はiPhone3GSだったので、今回4SのHD動画で撮り直しというわけです。撮影自体は首尾よく終わりましたが、待機中にスーパーレールカーゴを撮り損ねたのが無念です。
 後半はすっかり鉄の話になりました。日曜のセミナーは少し早く終わったので、帰りも早めようと思いましたが、かもめが満席だったのでいつもの時間に。指定席は端っこの16号車。げんなりしながら端まで歩いてみると、何故かカメラ片手の撮り鉄さんが目につきます。あ、乗る便の直前に入線するひかりが300系だったと思い出し、これも首尾よく撮影。300系はこの日で引退です。何が幸いするか、わからないものですね。少し元気になって帰ってきました。

カメラの悩み。

  • 2011.03.07 Monday
  • 19:28
 昨年末に入手したKissDNをようやくテストすることができた。これは天文専用、中でも直焦専用のつもりなので、もう1,2回撮影してからローパスフィルターを外そうかと思っている。春の空には500mm直焦の対象は意外と少ないのだが、夏空の星雲が旬になるまでにはなんとかしたいものだ。

m101i800t300n7.jpg

 これだけなら悩みでも何でも無いのだが、公私兼用で使ってきたE-500がいよいよ老朽化してきたというのが悩みである。先日から露出計がおかしくなったのか、+2.3EV補正してやっと適性露出になるといった有様。いったん良くなったのだが、また数日で症状再発してしまった。おまけにカラーバランスもなんとなくおかしい。
 では、後継機種をと思うところではあるが、フォーサーズは2、3年前のE-620以降は更新されておらず、そのE-620では現在つかっているバッテリー3個を流用することができない。かといって、バッテリーを共用できるE-30、E-5は高価すぎて手が出ない。どうせバッテリーを共用できないのなら、E-620より世代が新しいマイクロフォーサーズにアダプタを介して現在のマクロレンズを流用するという手もある。
 そこに更に新手が加わってきた。先日発売になったハイエンドコンパクトのZX-1である。Zuikoブランドの明るい標準ズームでマクロもある。操作系もよく練られているようで、仕事で使うぶんには全くといって良いほど支障はない。おまけに携帯性もよいとあっては、出張時も含め活躍できる場面はDSLRより多くなりそうである。
 予算の有無をわきに置いて、ますます迷走する後継カメラ選び(の妄想)。天文兼用という縛りを解いただけでますます楽しくなってきた今日この頃ではある。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM