最近の物欲大佐の戦闘記録。

  • 2018.11.26 Monday
  • 23:36

 夏から秋にかけて、物欲大佐があちこちで戦闘を繰り広げて、GM1やGM5の他にもいろんなものが着弾した。

 まずは、コレ。名古屋の美容外科M先生のクラウドファウンディングに加えていただいたもの。

 中身は右側、極小スマホのAtom。左側の以前入手したJellyProと同じUnihertz製の第2弾。画面サイズは同じだが、バッテリー容量が倍増して実用域になった。また、CPUの強化、指紋認証、メインカメラの画素数向上など、かなり充実したアップデート内容になっている。そして厚みは倍増したが、何より防水になったのが有り難い。そのうちカヤックを再開したいと思っているが、そのときにはきっと活躍してくれることだろう。

 つぎは、コレ。仮想武器市場でひさしぶりに『パイトーチ』というキーワードで索敵したところ、終了間際のコレを見付けた。競合なく順調に撃墜し、小樽から発射されて2000kmを飛んで無事に着弾。

 パイトーチとは、トーチ型のアルコールストーブで、銅コイルに開けられたジェット孔から焔が吹きだし、コイルを暖めてアルコールを気化させる仕組みになっている。コイルが1本のものはアルコールランプを代替し、コーヒーサイフォンに使われていたようだ。コイル2本のSSは、コッヘル兼用のケースをつけたパイトーチ・トラベルとして、キャンプ用の火器になっている。これは私も20年ほど前から使っていて、風防を工夫すればガソリンの名機SVEA123と同等の火力を発揮する。そして今回撃墜したのがコイル3本のSSSで、SSと比べても数が出ていないのでまず巡りあえることはないだろうと思っていた。

 このSSSはなんと未使用品。もったいないが動作確認のため、一度だけ火を入れてみた。トーチ基部の皿にアルコールを垂らして火花点火したら、あっさりと立ち上がった。使い勝手はよさそうだが、問題点は消火蓋がないこと。欠品かと思ったらそうではなく、どうやら初めから装備していないようだ。途中消火は吹き消すほかになく、もともと風にも強いトーチ型なので消しにくい。おまけに余熱が残っていると、ジェット孔からすこし燃料が滲み出すようだ。こうなると使いやすさではSSのほうが優れている。ツーバーナーが必要になる場面を除いては使うことはなさそうだ。

 そうしたモノ達の着弾を待っていたとき、不審な荷物が届いた。品目はカメラレンズだが、それにしては箱が巨大だ。航空輸送禁止ともあるし、そもそもレンズなど撃墜した覚えはないので困惑した。

 で、あけてみると、コレ。夏にクラウドファウンディングで出資していたもので、9月中の出荷予定が遅れに遅れて11月初旬になってしまったのを、すっかり忘れていたのだった。説明書はないかわりにYoutubeに動画で出ている。さっそくBMPCCにCinegon10mmをつけて載せてみたところ、手ぶれなく動かすことができて面白い。いろいろと遊べそうだが、移動には専用のケースが必須なので、かなりの大荷物になる。どこでどうデビューさせるか、いくつか構想はあるので思案しているところだ。

私的プロジェクト25。

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 00:16

 おりしも火星大接近寸前。6月から実戦投入している25cmF4.8ニュートンについて・・・・

おもえば、惑星撮影をデジタルでやってみたのは、1998年沖縄勤務の頃。VC-200Lで中接近の火星を初めてデジカメで撮影し、いまからみれば銀塩と同じ程度にしか写っていなかったが、その簡便さには感嘆したものだった。その後、NikonのCoolPix990で木星、火星を撮影していたが、2003年火星大接近のときにINTESのMN61にソニーのDV、RegiStaxというスタイルにかわり、その後はカメラが初代のNexImage、ToUcamProII、そしてDBK21Au618Asと変遷したが、惑星撮影の主流が25cmになると、いくら鋭像のMN61とはいえ太刀打ちできなくなり、R-140SSの改造にかまけたこともあって、しばらく惑星撮影から遠のいていた。しかし、今年の大接近と再来年の中接近を過ぎると、生きている間にはさすがにMN61では火星を追いかけることはできなくなりそうだったので、現在のEM200に載る最大口径の25cmを導入する計画を実行したというわけだ。

 実は、新しい鏡筒の調整・習熟期間が必要だろうということで、動き始めたのは一昨年のことになる。更に遡ること数年、ZWOがフレーム構造の超軽量25cmを出していたことがあったが、代理店が正式輸入直前に中止、まもなくカタログ落ちしてしまったということがあった。その後も価格・重量の双方を満足できる製品は無く、英ORIONの中古を入手することにして、仮想武器市場をうろうろ。ジャンク級のこれを見付けて撃墜してみた。主鏡にスクラッチがあるということは承知していたが、到着してみると、主鏡のメッキは劣化してピンホールだらけ。予想以上のサイズもあり、つい億劫になって放置していたのだった。これを入手した直後に、もっと程度が良い個体が同程度の価格帯で出ていたのもお約束。

 放置している間にも、妄想はあれこれ沸いてくる。鏡筒回転装置とか、フレーム鏡筒化とか、あるいはパネル構造のモノコック鏡筒とか・・・。いずれも工作能力が伴わなかったり、かえって重くなりそうだったり。時間もだんだんなくなってきたので、GWに休眠していたTA経緯台をクリニック2Fの窓際に設置、光軸微調整用とした。英ORION自身が、この鏡筒は煙突効果でフレーム鏡筒よりはやく温度順応するとか主張していることもあり、とりあえずはこのまま使ってみようかと・・・

 梅雨入りしてしまったので、ゆっくり調整。R-140SSのF3.56で慣れていたのでF4.8は楽勝、と舐めていたところが、どうにも光軸が合わない。5月末になって、基本に立ち返って斜鏡にセンターマークを入れることに。貼り付け斜鏡金具を横からみると、どうやらきちんとオフセットされているようだ。計測したオフセット量はおおよそ2mmだった。

 さっそくグラフ用紙で型紙をつくり・・・

 すこしずれたがセンターマークが入った。

 斜鏡の回転方向の調整を容易にするため、R-140SS同様にクラッチプレートを噛ませることにした。

 調整途中。ある程度まで合わせては追い込みに失敗し、を繰り返しながら、なんとか実用状態まで追い込むことができたようだ。

 これは職場の駐車場に出してのファーストライト。まだ光軸が合う前、5月初旬の画像で、R-140SS運用のときに降ろしてしまってウェイトが1個しかないが、このあと2個に増やしてバランスは取れている。韓国製ピラーと2点ブロック留めのアリガタで、強度はまったく問題ない。弱いといわれてきた英ORIONの鏡筒も、惑星カメラ程度なら問題なさそうだ。しかし、軽量構造が災いしてか、火星を追尾しているときに子午線を超えたら鏡筒がモーターの振動に共振してしまった。他にもファインダーの修正ネジが弱くて毎回ひどくずれてみたり、質実剛健なMN61と比べたら、かなり華奢なイメージだ。安定運用まではもう少しかかるかもしれないが、なんとか撮影はできる。ぎりぎり火星に間に合ったようで、ひと安心といったところだ。夏のスタパーに出す機材は、これにしてみようと思う。

沼からの刺客。

  • 2018.07.07 Saturday
  • 20:07

 毎年、梅雨は危険な季節。雨が続くと物欲大佐が怪しい動きを見せはじめる。そして今年は・・・

 事の発端は、物欲大佐が仮想武器市場の北米戦線でこれを見付けたこと。Angenieux Zoom 10-150mm T2-2.8、例によって16mmシネマカメラ用の標準高倍率ズームである。現在使用しているメインのレンズ、Angenieux 12-120mm T2-2.2に比べると、すこし暗いが許容範囲内。そして広角端が10mmというのが嬉しい。YouTubeでチェックして、蹴られも少なそうなので即撃墜したという次第。ただし、マウントがアリフレックス・スタンダードだったので、マウントアダプターも新調しなくてはならなかった。現在流通しているアダプターは、約¥4.2kのブツと¥22kのブツの2種類。当然ながら、まずは安いほうにしてみた。

大きさ比較。12-120と比べると、10-150のほうがすこし短い。

 そして装着。アリ・スタンダードマウントにすこしガタがあったが、構造上仕方ないものと思った。ところが試写してみると、光軸のセンターがすこし右に偏っているようで、左側が大きく蹴られてしまう。また、撮影距離によっては広角〜標準域での蹴られが12-120より大きい。単独での実用は難しいかもという結論に。

 そうすると気になってくるのが、同じAngenieux Zoomの9.5-57mm T1.6-2.2である。広角端は10mmよりわずかに短く、望遠端は手持ちでもなんとか扱えるくらい。特筆すべきは蹴られの少なさ。クロッピング無しの評価用動画をみつけたのだが、広角域での蹴られは12-120と同等か、やや少ないくらい。以前から探してははいたが、滅多に見つからず、たまにあってもマウントアダプターが見つからなかったり高価だったり。ところがたまたまアリ・スタンダードマウントの個体が見つかったので、またまた撃墜してしまった。

 この個体は、オーストリア西部・ザルツブルクの南郊外にあるグレーディヒという町で捕獲されたもので、そこから国境を越えてドイツを横断し、アムステルダムから羽田へとやってきた。届いたのでさっそく装着して試写したところが・・・これまた左側が大きく蹴られてしまう。何かがおかしい。

アリ・スタンダードマウントは、鏡筒に刻まれた溝をマウント側のストッパー2箇所でおさえる構造になっている。3箇所ではないのである程度の遊びはあるものと理解していたが、どうやらその遊びのために光軸がずれているようだ。そこでマウントの下側にアルミテープを重ね貼りしてみたところ・・・今度は無限遠が出ない。どうやら安いアダプターはフランジバックも誤差が大きいようだ。

で、背に腹は変えられないということで、高いほうのアダプターまで買う羽目に。まったく、レンズが沼だという自覚はあったが、マウントアダプターにも沼が潜んでいたとは。幸い、こちらの沼は浅く、届いたアダプターの性能は満足いくものだった。

 これでBMPCC用標準ズームを巡る騒動は一件落着。軽快な9.5-57を常用レンズにして、望遠は10-150を使う。そしてこれまで愛用してきた12-120は、性能のバランスはとれているけど出番が減りそうなので、手放すことにしようかと。一方、AFレンズ群ではパナライカ14-50とオリの9-18のフォーサーズのコンビは出番が少なくなる。また、とりあえずの常用レンズにしているパナのマイクロフォーサーズ12-60の出番もぐっと少なくなるだろう。BMPCCのAF性能はそれほど高くないので、AFよりもMFで使うほうが手っ取り早いし、絞りリングがあるほうが露出とボケの微調整がしやすいからだ。次の撮影から、さっそく使ってみることにしよう。

殖えてしまった中古標準ズーム達。

  • 2017.11.25 Saturday
  • 09:56

 

 BMPCCを入手してから、約半年(だったと思う)。4/3は持っていた(業務用にはまだE-30を使っている)が、μ4/3は初めて。スチールとの違いに戸惑いながら、フォーマットの小ささ故にCマウントという新しい沼にも足を踏み入れて、いつのまにかだいぶレンズが殖えてしまった。それも標準域のズームばかり。そこで、各レンズの印象を入手順にまとめてみようと思う。

 まず最初に入手したのが、右手前のパナの3.5-5.6/14-42。とにかく安くてコンパクトなレンズをと探して、まずはパンケーキズームに。12-35のパンケーキズームと迷ったが、12-35のほうはフォーカスリングすら省略されている。こちらのほうがフォーカスもズームもシーソースイッチだったので使いやすそうに思えて入手したが、微妙な操作ができずお蔵入りになった。

 それならやはりマニュアルフォーカスだろうということで、次に入手したのが手前左、Cosmicar(ペンタックス)の1.8/12.5-75。Cマウントなので高倍率で明るくてもコンパクト。さすがによくボケるし使い勝手も良かったのだが、監視カメラについていた個体のようなのでレンズに焼けがあるのと、もとが2/3インチフォーマット用なので、周辺がかなり蹴られてしまう。メインで使うにはすこし厳しい印象だった。

 では、TVレンズがだめならシネマレンズを、というわけで次に入手したのが左端のAngenieux 10x12B、16ミリカメラ用の往年の銘レンズらしい。T2.1/12-120と高倍率で明るく、ボケ味や逆光のときのゴーストなど、実に味わい深い。現在、主力レンズとして使っているが、すこし長くて嵩張るのと特に望遠域では三脚がないと辛い。また、スーパー16ミリ相当のBMPCCより少しフォーマットが小さいので、14mmより広角側では蹴られてしまう。蹴られないレンズとしてはZeissのT2.8/10-100があるようだが、ボケはこちらのほうがきれいなので、入手は躊躇っている。

 次のレンズは、9月末の北海道出張にあわせて入手した。広角に4/3の9-18ズームを使用するため、荷物の中で嵩張るAngenieuxに代わる標準ズームというわけで、パナライカの2.8-3.5/14-50に。2.8通しや12-60は高いし、14mmより広角側は9-18に任せると問題ない。どうせ9-18にはアダプターが必要だからと、これも4/3にした。μ4/3と違い、ボディ側での収差電子補正には頼っていないので、確かに像は良い。しかし、かわりにけっこう嵩張るし、古い4/3なのでフォーカス、ズームともぎくしゃくして、モーター音が入ってしまう。屋外で風が吹いていれば気にならない程度ではあるが・・・。

 というわけで、どのレンズも一長一短。気軽にさっと撮れるものではない。結局は、パナライカに決めるときに競合していたパナの3.5-5.6/12-60を入手することになってしまった。Fは暗いが、Angenieuxで撮影していても、晴天屋外ではF4くらいになっていることが多いので、実用上問題はなさそう。広角側も広く、倍率もCosmicarに迫っている。ボディとのバランスも良いので、着けっぱなしにして使えそうだ。何より、フォーカスもズームも滑らかで静かなところは、さすがに動画撮影を考慮した新しいレンズだと感心した。しばらくはこれを常用してみようかと思っている。

 いつの間にか殖えてしまったレンズについては、これで一段落するかと思われる。しかし、小樽で思ったこと・・・もしライブコンポジット機能がついたμ4/3のボディがあれば、コンデジよりきれいな星景写真が撮れたのに・・・というのが残っている。サブで使うなら、OM-D E-M10あたりが適当かと。そうなれば、LAOWAの2.8/7.5も欲しくなる。7.5mmならBMPCCでも迫力のある超広角撮影ができるかも。レンズがボディを呼び、そのボディが更にレンズを呼び寄せる。恐ろしい物欲循環に嵌まらないように注意しないといけないようだ・・・

黒いカメラが白くなった。

  • 2015.07.06 Monday
  • 20:19
 もう17,8年ほど前のことになるが、当時勤めていた沖縄の病院で、ウチの病棟に入院されていた患者さん。ある日しきりにナースコールを押すので何かあったかと病棟スタッフが駆けつけたところ、「鳴らない、鳴らない・・・」といいながら、しきりにナースコールのボタンを押していたとのこと。なんでもラジオと間違えていたとか・・・と報告を受けたので、数日後の回診で、「そういえば、どうして間違えたんですか?」ときいてみたところ、「黒いラジオがいつのまにか白くなっていると思っていたさ〜」と、答えになるようなならないようなお返事をいただいた。たしか6月、梅雨の頃の出来事だったと思う。梅雨の頃にはいろんなものが白くなるのだろうか。ウチのコンデジも、気づいたら白くなっていた。

 ことの起こりは、これも沖縄からやってきた。亜熱帯天文台さんのブログで、今年2月頃にディスコンになっていたPowerShotS120の新品が販売されているとの情報。現在使用しているS95よりも更に星空撮影機能が充実した後継機はかねてから気になってはいたが、ディスコン後も中古の値崩れがしないので、コストをかけて乗り換えるほどの性能差が無いこともあって見送っていたモノだった。その新品が、ほぼ中古並みの価格で入手できる最後のチャンスだろうということで、撃墜してしまったという経緯だ。

 筐体サイズはほぼ同等、レンズ基部と背面に電子ダイヤルを備えた基本的なレイアウトは一緒だが、細かい操作性は異なっているので、設定など説明書を読み込まないといけない。更に、ズームレンズの倍率が上がり、鏡筒径が微妙に大きくなってしまった。先日TOMITAさんで改造していただいたばかりのDG-LV流用のアダプターにはぎりぎり入らないが、幸いもうひとつの未改造のDG-LVには、アダプター内側に紙テープを3枚貼ったら固定ネジを使わなくても良い具合に嵌合した。これから梅雨があけるまでに、太陽撮影用の設定を煮詰めることにしよう。

 梅雨明けといえば、沖縄の梅雨明けは夏至の前頃と早かった。当時、例の患者さんに「梅雨があけたらさすがに暑いですね〜」と話しかけたら、「かーちー(夏至)だからね〜」とのお返事。夏至だから梅雨があけたのか、夏至だから暑いのか定かではない。どちらだろうかと迷っていると、「盆の頃にはもっと暑くなるさ〜」。その患者さんも、ニライカナイに旅立たれてもうずいぶんになる。病院も移転するとのことで、当時のことは記憶の中に残るだけになりつつある。
 さいごにひとこと。黒いカメラはひとりでに白くはなりません。ラジオはどうだか知らないけど。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM