新周期かと思ったけれど・・・

  • 2019.11.14 Thursday
  • 14:35

 <2019年11月1日12:43:55撮影

 <2019年11月2日12:55:39撮影

 <2019年11月5日13:12:36撮影

 <2019年11月6日12:51:02撮影

 <2019年11月8日13:15:30撮影

 今年も残すところあと2ヶ月となった。11月1日、東半球の南高緯度に小さいプラージュがあるのを眼視でみつけ、画像でも捉えることができた。高緯度でもあるし、いよいよ第25周期が本格化したかと喜んだのだが、ネット上の磁気画像で確認してみると、まだ第24周期に属するものだった。それと、前日には黒点が見えていたのが、すこし衰退してきたところだということだ。ブロッキングフィルターの劣化もあるが、すっかり油断して見逃していたようだ。この活動領域は、その後もしばらく見えていたが、1週間ほどで太陽面はすっかりもとののっぺらぼうに戻ってしまった。

 この望遠鏡、Hα線を強調するためのエタロンフィルターは、高精度平面を2面向かい合わせにしたもので、その2面の間隔を空気圧で調整している。そのままだと1/2、1/4波長や2倍、4倍波長なども透過してしまうので、Hα近傍のみをおおまかに透過するブロッキングフィルターを重ねている。劣化しているのはこのブロッキングフィルターで、Hα線以外の高調・低調波がコントラストを下げている要因である。現在の使用頻度だと、フィルターの劣化は1年すこしで無視できないほどになるようなので、第25周期のピークにあわせてきもちよく観測できるように準備したいものだ。

10月後半も静か

  • 2019.11.02 Saturday
  • 21:53

 <2019年10月16日12:40:56撮影

 <2019年10月21日13:01:06撮影

 <2019年10月22日12:06:20撮影

 <2019年10月30日13:00:10撮影

 <2019年10月31日14:18:58撮影

10月後半は、昼休みに雲が多かったり、晴れても外来が終わらなかったりで、撮影回数を伸ばすことができなかった。もっとも、太陽面のほうは、小さいプロミネンスがちょぼちょぼ出る程度で、彩層面は静まりかえっている。撮影のモチベーションを保つのがたいへんだが、もうすぐ極小期を抜けてくれるものと信じよう。

まだまだ続く極小期

  • 2019.10.18 Friday
  • 21:47

 <2019年10月9日12:46:21撮影

 <2019年10月9日12:46:21撮影

 <2019年10月11日12:42:00撮影

 <2019年10月14日16:04:22撮影

 <2019年10月15日12:44:22撮影

 いくら新周期の活動の兆しが見えてきたとはいっても、日頃はまだまだ極小期の退屈な眺めが続く。11日の画像は、プロミネンス撮影のパラメーターを間違えてしまい、どうしても描出することができなかった。小さくて見えるかどうかというくらいのプロミネンスが時折現れる程度だったが、14,15日には久しぶりに大きめのプロミネンスが東縁に現れている。そろそろ黒点群が欲しいものだ。

新しい周期の胎動。

  • 2019.10.10 Thursday
  • 16:06

 <2019年9月24日12:54:42撮影

 <2019年9月25日12:52:33撮影

 <2019年9月28日12:58:35撮影

 <2019年10月6日09:57:08撮影

 <2019年10月8日13:03:28撮影

 相変わらず、小さいプロミネンスが出たり引っ込んだり。ダークフィラメントは高緯度のポーラークラウンフィラメントばかりという寂しい眺めが続いている。しかし、10月6日の画像では無視できない変化が現れた。北半球高緯度に、例によってポーラークラウンフィラメントが見えているのだが、同経度で南半球中緯度に弱いながらも活動領域が現れている。この画像ではほとんど判別できないが、サムネイル画像で見るとなんとなくもやっとしているような感じもする。この活動領域が、これまでの第24周期とは逆の磁場構造をもっており、第25周期の活動とされている。今年5月頃から、こうした新周期の活動がぼつぼつとみられるようになってきた。この活動領域もすぐ衰退してしまったので、まだまだ本格的な活動には遠い状態ではあるが、極小期の退屈な眺めの下で、新周期への胎動がしっかりはじまっている。

9月中旬はまだ極小の眺め。

  • 2019.09.19 Thursday
  • 20:41

 <2019年9月13日12:51:35撮影

 <2019年9月14日12:57:42撮影

 <2019年9月17日12:50:16撮影

 <2019年9月18日12:58:13撮影

 <2019年9月19日15:57:15撮影

 期間中、はじめのうちは残暑きびしかったが、後半は風がでてきて撮影中も凌ぎやすくなった。かわりに突風に気をつけないと鏡筒がぶれてしまうのは困りものだ。ときおり小さいプロミネンスが出るが、彩層面は何もない。太陽活動も底の底という印象だ。次の周期の本格的な活動がいつ始まるのか、じりじりとしながら待つだけの日々。

 15日には晴れていたが、思い切って接眼レンズの分解清掃を行った。眼レンズ側から3枚ほどはずしてみたところで、どうやら問題の埃は対物面に付いているようだとわかり、無水アルコールで拭き上げてみた。17日以降の画像では影がなくなったので、たぶんとれたのだろう。すっきりしたのは良いが、彩層面はますますノッペリした印象になった。まだまだ修行が続く。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM