第25周期が本格的に・・・

  • 2020.01.09 Thursday
  • 23:41

 <2019年12月23日13:15:28撮影

 <2019年12月27日13:19:10撮影

 <2019年12月28日14:13:44撮影

 <2020年1月2日14:04:21撮影

 <2020年1月9日13:23::51撮影

 12月26日、南北両半球に新しい第25周期の活動領域が出ているという報道があった。さっそく翌27日に撮影したところ、南半球の12753群はわりとはっきり写ったが、北半球の12754群は西縁近くで場所を知っていればなんとか判るという程度。眼視では雲が多くて確認できなかった。28日は快晴。12754群はますます判り辛くなったが、12753群は眼視でもはっきり確認することが出来た。第25周期の活動領域が南北揃って出たのは初めてで、これでようやく本格的に新周期が立ち上がったのかもしれない。

 年があけて最初の撮影は1月2日。南半球高緯度で、東縁から12755群が出てきた。この群はかなり活発で、子午線にかかる頃には拾遺に磁力線のループが見えていたが、ちょうど電線にかかったり天気が悪かったりでなかなか撮影できなかった。ようやくの年明け2回目は9日に。12755群は子午線をこえてから活動が弱くなり、うすぼんやりとした影が見えている程度。一方、東縁の赤道すぐ南側に新しい活動領域が現れた。磁気画像をみると、こちらは旧い第24周期の活動のようだ。また、北半球高緯度の西縁近くにも別の活動領域が現れ、こちらは周囲で磁力線が少し捩れている様なフィラメントが見える。このふたつの活動領域は、眼視でもよく見えていた。

 第25周期の活動領域は、昨年は3ヶ月に1個くらい現れる程度だったが、年末から急に出現数が増えてきたようだ。また、1月9日の画像では、高緯度は新周期、低緯度は旧周期の名残りと、教科書的な眺めになった。どうやら第25周期は本格的に立ち上がったように思える。

 ところで、ここで昨年の撮影回数をふりかえってみよう。昨年は1月12回、2月8回、3月18回、4月16回、5月20回、6月11回7月10回、8月8回、9月16回、10月12回、11月14回、12月10回で、合計155日だった。一昨年の176日からすれば大幅ダウンだが、梅雨が比較的しっかり降ったのと、8月後半から9月中旬までの悪天候がひびいているようだ。今年も晴れれば太陽撮影の修行は続けていきたいと思う。

新周期への助走

  • 2019.12.21 Saturday
  • 20:49

 <2019年12月9日12:40:36撮影

 <2019年12月10日13:06:23撮影

 <2019年12月12日13:46:07撮影

 <2019年12月14日12:31:34撮影

 <2019年12月18日13:04:38撮影

 <2019年12月20日12:46:58撮影

 小さいプロミネンスは出るけど、それ以外はほとんど何も起きない平穏な眺めが続く。19日は撮影したものの、フィルター調整をミスっていて西半分がHα波長域からはずれてしまったので没った。

 その19日に、北半球中緯度の東縁に小さい活動領域が現れた。20日の画像では捉えきれず、活動領域の東側の縁の暗部がぼんやりとみえているだけだ。NOAAのサイトで磁場モニター画像をチェックしてみたら、これは新しい第25周期の活動らしい。このところ、新周期の活動がちらほらと見られるようになってきた。いっけん平穏だが、新周期への助走はしっかりと始まっているようだ。楽しみではあるが、ブロッキングフィルターに予算がつくまでは待って欲しいような気もしている。

今年もいよいよ最終月へ

  • 2019.12.09 Monday
  • 20:40

 <2019年11月21日13:42:16撮影

 <2019年11月26日12:45:34撮影

 <2019年11月29日12:47:22撮影

 <2019年11月30日12:47:03撮影

 <2019年12月2日13:27:22撮影

 11月終盤は、小さいプロミネンスが出たり引っ込んだり。彩層面には活動領域は出そうで出ない。極小期の眺めのままで、いよいよ12月に突入した。この望遠今日もブロッキングフィルターの劣化のため、小さいプロミネンスや活動領域は出たとしても捉えきれない。次の極大にむけて本格的に活動が活発化したら、フィルターを新調しようと思っているのだが、緊縮財政のおり、活動が低調なのが嬉しいような、寂しいような・・・

今度こそ新周期!

  • 2019.11.21 Thursday
  • 14:05

 <2019年11月12日12:46:21撮影

 <2019年11月14日13:18:35撮影

 <2019年11月15日12:51:35撮影

 <2019年11月16日12:51:35撮影

 <2019年11月20日12:37:43撮影

 今回は11月中旬。プロミネンスは小さいのが出たり引っ込んだり。14日には南東側に活動領域が現れた。これは眼視でも画像でもよく見えていて、国立天文台やNOAAの太陽モニター画像で確認すると、磁場の極性がこれまでとは逆になっている。どうやら新しい第25周期に属する活動領域のようだ。これまで第25周期の活動領域は3,4回ほど観測されているがいずれも小さく、私の望遠鏡ではフィルターが劣化しているので捉えきれていなかった。だから、私的にはこれが初の新周期活動確認ということになる。

 この活動領域は16日までは見えていたが、20日にみたときには影も形もなくなっていた。太陽活動はまだまだ低調な様子である。

新周期かと思ったけれど・・・

  • 2019.11.14 Thursday
  • 14:35

 <2019年11月1日12:43:55撮影

 <2019年11月2日12:55:39撮影

 <2019年11月5日13:12:36撮影

 <2019年11月6日12:51:02撮影

 <2019年11月8日13:15:30撮影

 今年も残すところあと2ヶ月となった。11月1日、東半球の南高緯度に小さいプラージュがあるのを眼視でみつけ、画像でも捉えることができた。高緯度でもあるし、いよいよ第25周期が本格化したかと喜んだのだが、ネット上の磁気画像で確認してみると、まだ第24周期に属するものだった。それと、前日には黒点が見えていたのが、すこし衰退してきたところだということだ。ブロッキングフィルターの劣化もあるが、すっかり油断して見逃していたようだ。この活動領域は、その後もしばらく見えていたが、1週間ほどで太陽面はすっかりもとののっぺらぼうに戻ってしまった。

 この望遠鏡、Hα線を強調するためのエタロンフィルターは、高精度平面を2面向かい合わせにしたもので、その2面の間隔を空気圧で調整している。そのままだと1/2、1/4波長や2倍、4倍波長なども透過してしまうので、Hα近傍のみをおおまかに透過するブロッキングフィルターを重ねている。劣化しているのはこのブロッキングフィルターで、Hα線以外の高調・低調波がコントラストを下げている要因である。現在の使用頻度だと、フィルターの劣化は1年すこしで無視できないほどになるようなので、第25周期のピークにあわせてきもちよく観測できるように準備したいものだ。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM