師走に突入。

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 21:14

 <2017年11月21日12:20:59撮影>

 <2017年11月23日13:17:53撮影>

 <2017年11月27日12:54:03撮影>

 <2017年12月1日13:46:03撮影>

 <2017年12月2日13:40:59撮影>

 11月が終わり、いよいよ12月に入ったが、基本的に太陽は静か。久しぶりに大きなダークフィラメントが南半球を東から西へと横切っていき、西縁でプロミネンスになった。また、21日の画像では南半球の子午線を超えたところに2687群に伴うスピキュールの乱れが見えていたが、さして発達もしないままに西没している。今年の太陽修行の終盤、12月は静かな幕開けになった。

黒点が出るには出たが・・・

  • 2017.11.24 Friday
  • 01:47

 <2017年11月12日11:44:06撮影>

 <2017年11月15日12:26:18撮影>

 <2017年11月16日13:48:02撮影>

 <2017年11月19日15:03:26撮影>

 <2017年11月20日14:02:52撮影>

 東縁から2687群が出てきた。はじめのうちは芥子粒みたいな黒点が見えていたが、次第に衰えて、プラージュもなくなってしまった。19日には西半球に2688群が出現して、プラージュが見えているが、20日には不明瞭になってしまった。活動領域に元気がなくてどうにもつまらない。かわりに東縁から大きなダークフィラメントが出てきたので、しばらく変化を楽しむことにしよう。

11月序盤。

  • 2017.11.16 Thursday
  • 22:21

 <2017年11月1日14:03:20撮影>

 <2017年11月2日14:40:21撮影>

 <2017年11月6日12:48:42撮影>

 <2017年11月9日14:12:45撮影>

 <2017年11月10日12:54:57撮影>

 11月序盤、2685,2686群はすっかり衰えてしまったが、2日には西縁にかかってプロミネンスを盛んに噴き上げているのが見えた。その両群が去ってしまうと、太陽活動はぐっと静かになってしまい、無黒点の日々が続いている。プロミネンスもめぼしいものはなく、すっかり静まりかえってしまった。北半球は2011年、南半球は2014年に極大を過ぎたので、極小まではまだ数年残っているが、それでもこの状態だ。これから5,6年は、いったいどうなることだろうか。

太陽の10月末まで。

  • 2017.11.02 Thursday
  • 20:22

 <2017年10月25日12:47:39撮影>

 <2017年10月26日14:33:01撮影>

 <2017年10月27日13:06:17撮影>

 <2017年10月30日13:40:19撮影>

 <2017年10月31日12:34:17撮影>

東から現れた2685,2686群は、徐々に衰退しながら彩層面を横切っていく。プロミネンスは時折複雑な形状のものが出るが、全体的におとなしめ。2685,2686群ともに眼視でも黒点を確認できず、わずかにスピキュールがざわついているだけになってしまった。この領域が衰えてしまうと、いよいよ全周活動低下の状態になる。これからは極小にむけて、こんな日が増えていくのだろうか・・・

無黒点からの脱却。

  • 2017.10.24 Tuesday
  • 21:40

 <2017年10月11日13:12:31撮影>

 <2017年10月12日08:16:13撮影>

 <2017年10月20日16:49:17撮影>

 <2017年10月23日13:07:31撮影>

 <2017年10月24日13:01:54撮影>

 10月11日、12日と無黒点が続いた。12日は昼前から曇りそうだったので、朝のうちに急いで撮影。その後は秋雨前線が頑張ってくれたおかげで、連日の曇りや雨。20日の午後になってようやく晴れ間がきたので、クリニック2Fの窓から、電線の間を通して撮影した。このときには数日前に発生した2684群が西縁にかかっていたようだが、眼視でも画像でも確認することはできなかった。

 このあとの週末は、秋のスターパーティーだったが、季節外れの超大型台風21号で星どころではなかった。しかし、しっかり宴会してしまうところがさすがスタパーだ。幸いにして雨は降らなかったので、暴風警報の中、明け方まで楽しい時間を過ごすことができた。

 20日に見えていた大きなプロミネンスは、23日にはダークフィラメントになって北半球の東縁に浮かんでいる。一方の南半球には2685群が現れた。緯度と出現時期からみて、2682群の再帰のようだ。2周前にはXクラスフレアを連発するなど活発に活動していたが、1周前にはすこし衰え、今回は更に小さくなっている。このまま衰えるのか、それともどこかで再起するのか、気になるところだ。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM