またまた無黒点に。

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 19:31

 <2018年2月9日13:01:18撮影>

 <2018年2月13日15:37:34撮影>

 <2018年2月14日13:10:43撮影>

 <2018年2月17日12:39:44撮影>

 <2017年2月18日12:26:27撮影>

 <2018年2月20日12:39:57撮影>

 月初めに現れた活動領域は、最初はフレアを起こしたようで、月の半ばには磁気嵐のためだろうか、GPSの調子がおかしかった。その後は特に目立った活動もなく西半球にまわり、西縁で何か活動を見せるかと楽しみにしていたが、天気が悪い間に西没してしまったらしい。あとは再び無黒点。目立ったプロミネンスもなく、静かなものだ。20日の画像で東縁に小さいが明るいプロミネンスが見えているので、何か現れないかとすこし楽しみにしている。

1月末から2月初旬の太陽。

  • 2018.02.15 Thursday
  • 12:44

 <2018年1月27日13:08:00撮影>

 <2018年1月29日13:35:28撮影>

 <2018年2月4日11:40:13撮影>

 <2018年2月5日13:31:19撮影>

 <2018年2月7日12:50:18撮影>

 <2018年2月8日14:40:49撮影>

 太陽活動はずっと低調。NASAの発表でも無黒点が続いており、来年には極小を迎えるとのことだったが、その発表があった頃には東縁から黒点群が出てきたところだった。どうやら出てきてすぐに小規模なフレアをおこしたようで、はっきり姿は見えていても、いまひとつ元気が感じられない。まあ、久しぶりの本格的な活動領域なので、じっくり眺めて楽しむことにしよう。そして、いよいよ新しい活動周期が気になってくる。どんな形で見えるようになるのか、いまから楽しみだ。

撮影は巻き返し、活動は低調。

  • 2018.01.29 Monday
  • 20:05

 <2018年1月18日14:04:49撮影>

 <2018年1月19日13:03:17撮影>

 <2018年1月20日12:48:55撮影>

 <2018年1月25日13:13:22撮影>

 <2018年1月26日13:50:41撮影>

 しばらく悪天候が続いていた1月も、後半になってからは晴れがふえてきて、撮影回数だけは巻き返すことができた。しかし肝腎の太陽活動は低調で、プロミネンスも西縁に淡いか小さいのばかり、彩層面ものっぺらぼう。だいたい西縁にプロミネンスが出ても、すぐに向こう側にまわって見えなくなってしまう。26日になって、ようやく東縁にプロミネンスが見え始めてきたので、今後に期待することにしよう。

今年のスタートは不調。

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 20:14

 <2018年1月2日11:12:40撮影>

 <2018年1月3日13:30:58撮影>

 <2018年1月6日13:26:05撮影>

 2018年の太陽修行、2日・3日・6日と撮影して、プロミネンスとダークフィラメントがちらほら見える程度ではあったが順調な滑り出し・・・と思ったところが、その後は天候が悪かったり、晴れても昼休みには雲が出たりとなかなか機会に恵まれず、とうとう月の前半が過ぎてしまった。時々ネットでチェックしているが、活動のほうも低調な様子。ここは焦らずじっくり構えておきたいものだ。

 ところで、撮影に使っているPowerShotS120だが、センサーのゴミは掃除できたものの、レンズの埃がどうしてもとれない。ところが、2日の撮影で古いほうのS120を使ってみたところ、新しいほうよりも埃が少ない。背面のサブダイヤルが馬鹿になっているので予備役にまわっているが、これを交換すればじゅうぶん使えそうだ。ときどきe-bayでパーツが出ているので、なんとか入手して復活させたいと思っている。

謹賀新年。大晦日は撮り忘れ。

  • 2018.01.01 Monday
  • 01:13

 <2017年12月27日13:28:28撮影>

 <2017年12月30日14:42:36撮影>

 あけましておめでとうございます。クリニックのバックヤードで年賀状を書いているうちに日付がかわり、その続きで書いている。

年末の太陽は、27日に東縁に背が高いプロミネンスが見えていたが、30日にはのっぺらぼう。31日も晴れたのだが、年賀状やお寺参りなどに駆けずり回っているうちに、気がついたら日没になっていた。

 さて、恒例の昨年の太陽撮影回数は、1月 22日、2月 14日、3月 13日、4月 15日、5月 25日、6月 15日、7月 15日、8月 23日、9月 12日、10月 15日、11月 13日、12月 14日の合計 196日。昨年の158日を大幅に上回ることができた。どうやら5月の撮影日数が効いているようだ。

 昨年を通しての活動状況は、8月末から9月初旬に大きなフレアがあったものの、全体的には一昨年より更に活動が低下したのがはっきり感じられた。ここ2,3年のうちに極小を迎えるらしいので、どのような形で変化がみえてくるのか楽しみにしている。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM