拾遺・天珠あそび

  • 2019.11.22 Friday
  • 20:16

 アップするのをすっかり忘れていたが、今年は天珠にはまっている。

 まずは右下の、欠片天珠といって伝世のためにふたつに割ったものの片割れを入手した。これは豪州在住の天玉八仙様から。こうした欠片天珠は古いものだといって不当に高額で販売されているものが多いのが嘆かわしいとおっしゃっておられた。これは青海省西寧の古物商で入手されたものだということで、チベット方面から流れてきたものらしい。それほど古くはないが、実際に生活の中で使われていたものだろう。それまで使っていた虎牙三眼天珠は、邪を避けて過去・現在・未来を見通して願望を実現する、ということで困難に直面しているムスメに譲ることにした。

 一応、未成年ということでウランガラスは使わず、ベネツィアの深紅とカレンシルバーを組み合わせて、対面にはボーンビーズを配した。そして自分用のは欠片天珠と、おまけに付けていただいた輪切り天珠を対面にして。

 ひと夏これで過ごしてみたのだが、メインの欠片天珠がなんだかしっくりせず、もやもやしていた。他にも気になる天珠がちらほらと目にとまるのだが、それらもなんだかしっくりせず、手を出せずにいた。

 で、秋になって、またまた天珠八仙様のところで金剛四眼天珠が目にとまった。すこしボリュームが大きいが、雰囲気が気に入ったのでがんばって入手。これも青海省で入手されたものだということで、出所はチベット方面、風化具合から100年は経っているだろうということだった。組につけていただいた輪切り天珠と組み合わせて、さっそく交換。これまでの欠片天珠はしばらくストックに入れておいて、また何かに使うとしよう。

 天珠ブレスの最終形・・・ではなく、わずかに短すぎたので、現在では対面の輪切り天珠の両隣にウランガラスを1個ずつ増やしている。被曝量も増えて、ちょっと満足度があがったかも。

恒例、秋の1本。

  • 2019.11.22 Friday
  • 18:41

 11月中旬、ムスメの誕生日を口実にして親の趣味活動。

 まずは材料一覧。右下の連は、ミャンマーで使われていた青の芯巻き玉。たぶん数十年〜100年ほど経っている様子で、形と色合いにばらつきがあってじっくり見ると味がある。今回はアジアでまとめることにした。

 トップはニューギニア産(中国製)のマライ玉をと考えていたが、いまひとつ適当なものがなく、シルバーでまとめてみようと思ったら、あるショップのオリジナルネックレスに良い雰囲気のものがあった。カレンシルバーをトップとサブに配して、赤のホワイトハーツの連でまとめてあった。そのショップが同種のパーツをバラで出していたので、さっそく手配。上の筋入り紡錘形のシルバーをトップにした。サブは左下の絞り玉2個組み。あとは小玉とリングを適当に配置することにした。

 トップが筋入り紡錘玉だけでは寂しかったので、両脇をナガ族伝世の青セミクリアの蜜柑玉で固めることにした。これは天珠のブレスを作ったときにも使った手法。

 なかなか良さげ。

サブの絞り玉を入れて、更に中玉を加えて・・・

 最後は小玉で締めて、金具をつけて出来上がり。所要時間は40分ほど。

 背景を選べば、まあまあ画になるかな。若者には渋すぎるような気もしたが、喜んでくれたので結果オーライ。

恒例、4月の1本。

  • 2019.04.30 Tuesday
  • 18:52

 恒例の4月の1本、今年は昨年末からはまっている天珠のブレスにした。

 まずは材料。ルドラクシャとウランガラスはストックしておいたものを利用し、亀甲天珠と濃赤のヴェネツィアビーズは新しく調達した。今回、亀甲天珠には使用痕はなく、比較的新しいものと思われるが、紋様はくっきりと焼き付けてあるので品質は良いものと思われる。ゴムテグスは長いのが百均で調達できたのでたすかった。

 長さの見当をつけて、実際に使う材料を選別。右の刻印入りシルバースペーサーは、ミャンマーのカレン族の現代もの。材料のうちで一番古いのは、左の濃赤ヴェネツィアか手前のボヘミアのウランガラスだろう。

 ゴムテグスにテンションをかけながら2周。いつも使っているペアンが見つからなかったので、クリップで代用している。

 できあがり。濃赤ヴェネツィアは前回のコバルト色のプロッサーと比べ存在感が強いので、ウランガラスではなくカレンシルバーで両脇を挟んでみた。チベットが本場の天珠とは愛称が良いようだ。この後、もうひとつ気になる天珠をみつけて入手することになったのだが、それはまた別のエントリーで。

ウランを買った!

  • 2019.03.06 Wednesday
  • 20:09

 先日、某ネットオークションで劣化ウランが売買されたというのがあった。日本では売買は規制されているということで、完全にアウトの事例だったが、欲しがるマニアはいるのだろう。もっとも、ウラン鉱石やアンティークのウランガラス製品は合法的に売られているので、それで我慢すればよかったものを。

などと思っていたら、無性にウランガラスが欲しくなった。淡い透明の黄色なら、金剛菩提樹にも合いそうだ。というわけで、さっそく仮想武器市場で撃墜した。

ブラックライトでよく光る。売り手は博多の愛好家(販売はしてるけど実店舗はない)の方で、お世話になるのは2回目。天珠と金剛菩提樹に合わせるとメッセージしたら、雰囲気が合いそうだと嬉しそうにしておられた。

その期待に添うことができたかどうかは怪しいが、繋いでみた。金剛菩提樹をすこし減らして、珠の構成は曹洞宗の数珠に準じている。これで完成したかと思ったが、どうも微妙に長すぎる。

そこで金剛菩提樹をもうひとつ減らしたら、今度は短すぎ。急遽、プロッサーの両脇にウランガラスを追加して、天珠に対面するウランガラスをシルバーリングに交換した。

すこし派手になったが、ウランガラスの存在感が増して、気に入った。長さもぴったりだ。

ブラックライトをあてると、よく光る。まあ、微量の被曝はあるだろうが、北投石のブレスみたいにホルミシス効果を期待するとしよう。

拾遺・・・12月の1本

  • 2019.03.06 Wednesday
  • 19:55

 夏に入手していた天珠を、はじめは数珠にしようと思って材料探し。天然石のビーズが初めてなら、あわせる金剛菩提樹の実も初めての植物素材。雰囲気がよくて手頃なものを仮想武器市場で撃墜してみたら、送り主は奈良の貝ボタン製作所さんだった。貝ボタンといえば、大戦前から沖縄のタカセガイやダーウィンの真珠貝の殻で作られていた歴史があり、きっと歴史のある製作所なのだろうと勝手に想像している。

まずは天珠と金剛菩提樹の実、ストックから出したコバルト色のプロッサービーズ、シルバーリングをあわせてみる。

そしてさくっと繋いで・・・

できあがり。ところがこれは少し長すぎたし、ストレッチコードのテンションが弱くてゆるゆるだったので、後ほど作り直すことにした。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM