零密活動最終回・・・雲仙あるき。

  • 2020.06.10 Wednesday
  • 23:32

 5月中はコロナ肺炎対策で、木曜を終日休診にしていた。感染状況が落ち着いて緊急事態宣言も解除になり、6月から従来通りの木曜午前外来を再開することにしたので、最期の木曜終日休診はミヤマキリシマが満開の雲仙を歩くことにした。

 仁田峠循環道のゲートは行列無しで、仁田峠まではなんと無人。10:00だというのに駐車場も3割ほどしか埋まっていない。あとで聞いたら平日は例年こんなものらしいが、いつも週末に来ていたので考えられない光景だった。

 もう半年以上もパワープレートトレーニングをさぼっているので、脚力は信頼せず、予定コースはロープウェイで妙見岳に登り、稜線伝いに紅葉茶屋まで降りて昼食、薊谷経由で帰着というお気楽コースにした。動画の編集も冒頭は歯切れ良く、東斜面を吹き上げてくるガスをからめて高度感を出す。今回、シネマカメラにはM.Zuiko17mmにアナモルフィックレンズ、スチルはEOS80Dに43mmソフトだけにして軽量化をはかった。昼食はカップ麺にしたので、火器は火力が強くて燃費が良いパイトーチ。ジンバルが入る余地がなかったので、移動しながらのカットは例によってブレがひどいが、仕方ない。

 いざ歩いてみると、国見岳の斜面が見事に満開。おまけにいつもは順番待ちになる鎖場も人影なし。登って昼食にしようかと思ったが、単独で登るのも怖い。迷っていると、あとからきた団体様が登り始めたので、これ幸いと一気に登る。後ろに人がいなかったので、登りながら撮影することができた。

 ところが、ここで想定外の事態が。登りの腹圧で痔の具合が急に悪くなってしまったのだ。とても落ち着いて昼食にする気分にはなれない。仕方ないので紅葉茶屋まで降りてから・・・と動き始めると、つぎは便意に襲われた。一番近いトイレは出発地点の仁田峠。こうなると休憩などもってのほか。ノンストップで紅葉茶屋を通り過ぎて薊谷に下る。便意は徐々に強くなり、そのたびに括約筋を引き締めて耐える。途中で撮影する余裕もなくなり、いっそ、道をはずれた木陰で楽になろうかという思いもよぎる。それでもなんとかしのぎながら、無事に仁田峠のトイレに駆け込むことができた。これも括約筋の活躍のおかげである。

 仁田峠でスッキリしたら、次はどこで昼食にするか考えた。ヤマボウシにはまだ早かったが、お気に入りの田代原の小川のほとりに。ここでも懲りずにまたブユにつきまとわれたが、腹ごしらえをしてからすこしあたりを撮影した。ヤマボウシはちょうど開いたばかりでまだ緑色だったが、それから2週間。このエントリーを書いている今頃、ちょうど盛りをむかえているはずだ。小川は臭気もなく一見きれいだが、牧野からの出口にあたるので実際には牛糞で汚れている。見るだけ撮るだけにしておくのが無難である。

 午後のすこし遅い時間になってきたが、せっかくなので帰路をちょっとそれて、瑞穂町の岩戸神社に寄ってみた。一昨年にいちど撮影しているが、そのときは消化不良だったのでリベンジである。前回は杉の梢の高さに目を奪われて、上をみるカットばかり撮ってしまったので、今回はいろいろ変化を付けてみた。ここに初めて来たのは小学生の頃で、何か遺跡でもありそうな洞穴だと思っていたら、どうやら縄文時代の居住跡らしい。拝殿にも水が滴ってくるくらい湧水が豊富で、前回来たときにはじめじめしている印象があったが、よく見ると洞穴の奥の方は適度に乾いている。北向きではあるが、住みやすそうな洞穴だ。大きな紅葉の木もあるので、今度は季節を変えて撮ってみたいものだ。

 5月28日に撮影した動画は、これで全部。あとはソフトレンズで撮ったスチルがいくらかあるので、別エントリーをたてるとしよう。

零密の山でブユに追われる。

  • 2020.06.10 Wednesday
  • 22:39

 これまた緊急事態宣言下の零密活動。ときどき星の撮影に使っている多良岳中腹の修多羅、シャクナゲ高原に行ってみた。満開という話をきいてから既に10日あまり。陽当たりの良いところの花はあらかた過ぎていたが、日陰になるところにはまだけっこう残っていた。

 平日の午後ということもあり、現地は無人。F2.8の開放値を活かしたフォーカス送りに挑戦したが、やや不発。ジンバルも無かったので移動中のカットもブレだらけ。太陽からの水平フレアが確認できたのはよかったが、これを繰り返しているとセンサーを傷めそうなので、控えたほうがよいだろう。縦に糸を張って、なんちゃって水平フレアをつくるのが良さそうだが、個人的にはフレアにはこだわらないので必須の工作ではない。

 この日、特に後半に悩まされたのは、ブユの多さ。ちょっと立ち止まって撮影していると、顔のまわりにわらわらと寄ってくる。顔を刺されたらお岩さんみたいになってしまうので振り払うのだが、あまり強く払うとカメラがぶれてしまう。刺されずに済んだのはまったく幸いだった。

アナモルフィック千々石、第2弾。

  • 2020.06.10 Wednesday
  • 22:23

 まだ新型コロナ肺炎の緊急事態宣言が出ていた頃、人混みをさけて千々石の浜に行ってみた。昨年9月にM.Zuiko14-42zoomにBeastgripのアナモルフィックレンズを装着して、それまでのボディキャップレンズ15mmからステップアップした場所だ。ズームになったのは有り難かったが、望遠端では像が甘く、広角端では蹴られてしまうので、いまひとつ使いにくかった。今回は旧正月でデビューしたM.Zuiko17mmF2.8をマスターレンズにしているので、蹴られがないぶん速写性が向上している。

 撮影場所は、昨年と同じく浜の中央の旧海水浴場駐車場付近と、南端の千々石川河口付近。なので、結局は似たような被写体を似たようなアングルで撮っている。夕陽が色づく時間帯にはすこし早すぎたので、何の変哲も無い浜辺の風景になった。ここの浜辺は、やっぱり夕陽が似合うような気がする。季節を変えて、また撮りにくるとしよう。

零密活動記・・・藤山神社から腰岳へ

  • 2020.05.13 Wednesday
  • 00:01

 GW突入まもない4月30日、満開の藤を狙って佐世保の藤山神社に遠征した。前日は祝日で晴天だったが、人出が多いと新型コロナ肺炎が怖いので、あえてGW谷間の平日狙い。これがあたって、約1時間の撮影中にみかけた人は3,4人、近所のおじいさんらしい人とは2,3言葉をかわしたものの、マスク着用で3mほど離れていたので事実上の零密活動だった。

 午後遅くで陽射しが翳っていたのが残念だが、ちょうど大藤が満開になったところ。昨年のマスターレンズは15mmF8のボディキャップレンズだったが、今回は17mmF2.8。ボケもそれなりに大きく、おまけにジンバルに載せたので撮影に動きを出すことができた。まだまだ移動がぎこちないが、アナモルフィック撮影もここ1年でだいぶ慣れてきたように思う。

 このあとは、良質の黒曜石を求めて腰岳北斜面にいってみたが、当てがはずれてしまったので西斜面に移動。日没に追われるように慌ただしく動き回り、不十分なところもあるが、西斜面で黒曜石の吹きだまりを見付けた。沢もいくつかあったので、大きめの原石を探すためには冬場の沢探索も必要になるかもしれない。

 今回は移動中、コンビニにも寄らず、完全無補給の零密+隠密活動だった。

近所の桜’20

  • 2020.04.20 Monday
  • 17:11

 今年は暖冬だったこともあり、桜が遅かった。せっかくのシネスコ撮影環境、あちこちで試してみたかったが、新型コロナ肺炎が蔓延している中を出掛けるのはリスクマネージメントの面からどうもはばかられる。結局は、自宅から徒歩1分以内の疎水沿いの桜を撮影した。

 木曜午後の休診時に、用事があったので慌ただしく10分ほど。そして数日後の夜にじっくり撮って、1本につないだ。昼間はどうしても絞りが開放できず、また夜はまだピントが怪しかったりと反省点は多々あるが、おいおい工夫しながらしばらくこのレンズで撮ってみたいと思う。

 ところで、前回の動画に海外からコメントがついたのだが、返事を練っている間に消えてしまった。初コメントだったのに勿体ない。そしてこの動画にもコメントがついた。インドから、同じカメラ持ってるよとのことだったが、どうやらひと月ほど前に入手したばかりのようだ。インドの風景楽しみにしてると返したら、ロックダウンがおわったあとにね、だと。そういえばあちらは罰則つきのロックダウン。互いに生き残って楽しい画を送りたいものだ。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM