久留米の公園で池を巡る。

  • 2020.10.09 Friday
  • 23:54

 彼岸花を撮る前日のこと。絵画鑑賞で久留米市美術館へ。その後、周囲の公園を歩きながらシネマカメラをまわしてみた。

 池あり丘ありせせらぎあり、撮ってはいないが滝まであった。白鳥や鯉もだいぶ撮ったのだが、台風撮影のあとにタイムラプスを解除するのをわすれていて、半分ほどのカットが無駄になった。それでも完全に没るには勿体なかったので、真ん中あたりに2カットほど使っている。白鳥のタイムラプスなんて撮るものではないな・・・というのが率直な感想だ。

近所の彼岸花

  • 2020.10.04 Sunday
  • 12:51

 クリニックの近くの彼岸花、昨年は油断していて撮り損ねてしまったが、今年はアナモルフィックレンズで狙ってみた。

 平野部で農道がまっすぐなので、撮影していても変化に乏しい。それにこの日は蝶も少なく、花の密集したところを選んで画に変化をつけるくらいしかできない。もっとも、縦は標準、横は広角相当なので、彼岸花によく来る揚羽蝶の類いはすぐ逃げてしまって撮りにくい。出掛ける前の隙間時間だったので、さくっと短い動画に編集した。

 いっぽう、同時撮影のスチルはVK70Rの一本勝負。思ったほどソフト効果が出てくれないが、それがアナログというもの。これはこれで趣がある。

 カメラをもっと右に振ると遠くまで花の列が続いているのだが、車道がはいると一気に興ざめになってしまうので。

 逆光を絡めてみると、また独特のボケ方をする。花が光に吞みこまれるあたりがなんともいえない。MOMOと比べても、またすこし違うクセがあるようで奥が深い。

台風を撮ってみる。

  • 2020.09.11 Friday
  • 15:57

 9月にはいったとたんに連続して台風襲来。ひとつめは普通にやり過ごしたが、ふたつ目が「猛烈に強い」というのでめずらしく対策をすることにした。風が当たる向きの窓にはすべてテープや段ボールを張り、移動できる器械類は窓が無い建屋中心の区画に移動。庭木は壁や軒に強くあたりそうな枝を落として準備万端。

 準備が一段落したので、シネマカメラをまわしてみた。遠出などするヒマはなかったので、全て職場と自宅周辺である。職場前の道をはさむと一面の田圃で、風を撮るにはうってつけ。夜間撮影分の画像処理も勘所がかなりわかってきた。

 台風のほうは、ひとつめが海をかき混ぜてくれたおかげで、接近するにつれて急速に衰えて、それでも普通に強い台風として通過した。隣市などではそこそこ被害があったようだが、幸い当地ではたいしたことはなく、ひと安心。台風は並みくらいがちょうど良い。

 

季節外れのハス園。

  • 2020.08.28 Friday
  • 16:05

 つい最近になって、初代BMPCCのセットアップ動画を見ているうちに、十字キーの左右でMFTレンズの絞りを操作できることが発覚した。IRISボタンを押すだけでマニュアル操作できないとばかり思い込んでいたので、これは嬉しい誤算だ。せっかくのsuper16mmフォーマットだから、できるだけ絞りを開けていきたい。というわけで、盆の15日に唐比のハス園に行ってみた。

 この場所は、BMPCCを使い始めた頃に、最初に入手したTV用ズームレンズを使い、次にAngenieux10x12B、昨年にはAngenieux6x9.5Bを使って撮影した場所だ。しかし、今年は撮影時期が遅かったので、ハスの季節は過ぎて、アサザの花もチョウトンボも見られない。まあ、もとから1時間足らずのチョイ撮りだから、ざっと場の雰囲気が撮れれば充分だろう。こんなときに身軽に撮影できるのも、お手軽アナモルフィックの良いところだろう。

 余談だが、ここは空港の南側アプローチの真下になるので、着陸する航空機がちょうど頭上で旋回する。ワンパターンになるのを避けようとは思いつつも、おかげで毎回航空機のカットを入れてしまう。

零密活動最終回・・・雲仙あるき。

  • 2020.06.10 Wednesday
  • 23:32

 5月中はコロナ肺炎対策で、木曜を終日休診にしていた。感染状況が落ち着いて緊急事態宣言も解除になり、6月から従来通りの木曜午前外来を再開することにしたので、最期の木曜終日休診はミヤマキリシマが満開の雲仙を歩くことにした。

 仁田峠循環道のゲートは行列無しで、仁田峠まではなんと無人。10:00だというのに駐車場も3割ほどしか埋まっていない。あとで聞いたら平日は例年こんなものらしいが、いつも週末に来ていたので考えられない光景だった。

 もう半年以上もパワープレートトレーニングをさぼっているので、脚力は信頼せず、予定コースはロープウェイで妙見岳に登り、稜線伝いに紅葉茶屋まで降りて昼食、薊谷経由で帰着というお気楽コースにした。動画の編集も冒頭は歯切れ良く、東斜面を吹き上げてくるガスをからめて高度感を出す。今回、シネマカメラにはM.Zuiko17mmにアナモルフィックレンズ、スチルはEOS80Dに43mmソフトだけにして軽量化をはかった。昼食はカップ麺にしたので、火器は火力が強くて燃費が良いパイトーチ。ジンバルが入る余地がなかったので、移動しながらのカットは例によってブレがひどいが、仕方ない。

 いざ歩いてみると、国見岳の斜面が見事に満開。おまけにいつもは順番待ちになる鎖場も人影なし。登って昼食にしようかと思ったが、単独で登るのも怖い。迷っていると、あとからきた団体様が登り始めたので、これ幸いと一気に登る。後ろに人がいなかったので、登りながら撮影することができた。

 ところが、ここで想定外の事態が。登りの腹圧で痔の具合が急に悪くなってしまったのだ。とても落ち着いて昼食にする気分にはなれない。仕方ないので紅葉茶屋まで降りてから・・・と動き始めると、つぎは便意に襲われた。一番近いトイレは出発地点の仁田峠。こうなると休憩などもってのほか。ノンストップで紅葉茶屋を通り過ぎて薊谷に下る。便意は徐々に強くなり、そのたびに括約筋を引き締めて耐える。途中で撮影する余裕もなくなり、いっそ、道をはずれた木陰で楽になろうかという思いもよぎる。それでもなんとかしのぎながら、無事に仁田峠のトイレに駆け込むことができた。これも括約筋の活躍のおかげである。

 仁田峠でスッキリしたら、次はどこで昼食にするか考えた。ヤマボウシにはまだ早かったが、お気に入りの田代原の小川のほとりに。ここでも懲りずにまたブユにつきまとわれたが、腹ごしらえをしてからすこしあたりを撮影した。ヤマボウシはちょうど開いたばかりでまだ緑色だったが、それから2週間。このエントリーを書いている今頃、ちょうど盛りをむかえているはずだ。小川は臭気もなく一見きれいだが、牧野からの出口にあたるので実際には牛糞で汚れている。見るだけ撮るだけにしておくのが無難である。

 午後のすこし遅い時間になってきたが、せっかくなので帰路をちょっとそれて、瑞穂町の岩戸神社に寄ってみた。一昨年にいちど撮影しているが、そのときは消化不良だったのでリベンジである。前回は杉の梢の高さに目を奪われて、上をみるカットばかり撮ってしまったので、今回はいろいろ変化を付けてみた。ここに初めて来たのは小学生の頃で、何か遺跡でもありそうな洞穴だと思っていたら、どうやら縄文時代の居住跡らしい。拝殿にも水が滴ってくるくらい湧水が豊富で、前回来たときにはじめじめしている印象があったが、よく見ると洞穴の奥の方は適度に乾いている。北向きではあるが、住みやすそうな洞穴だ。大きな紅葉の木もあるので、今度は季節を変えて撮ってみたいものだ。

 5月28日に撮影した動画は、これで全部。あとはソフトレンズで撮ったスチルがいくらかあるので、別エントリーをたてるとしよう。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM