R-140SS改造計画:TSコマコレクターのバックフォーカス

  • 2014.09.27 Saturday
  • 19:11


 木曜の夜、今年は貴重な快晴なので、復活なったPCのテストのために白木峰に出撃したが、現地は遙か南方の台風の影響で強風が吹き荒れていた。油断するとPCも飛ばされそうなほどで、実際、モニターの赤カバーを吹き飛ばされて、暗闇のなかヘッドランプを頼りに探し回る羽目になったりもした。

 今回は、まずはTSコマコレクターのバックフォーカスのテスト。紙管でM48マウントに挟み込むリングを作っておいて、+3mmと+5mmを。これ以上はネジがかみ合わなくなるので現状ではこれが限度だが、ハロは全く小さくなる気配がない。こうなると、思い切って15mm前後の延長筒か、17-23mm延長ヘリコイドを買う必要がある。延長量が7mmを越えると合焦範囲を外れるので、主鏡もかさ上げしないといけない。そうやっても、MPCCIIIとは設計が異なるだろうから、ハロがなくなる保証は全く無い。今回のテストでハロが少しでも小さくなっていれば、見当もついたのだろうが、まだ手探り状態だ。


 で、いつまでもテストばかりじゃつまらないので、M31を撮影した。とはいっても、これも新しいガイドシステム(QHY-5LII+MetaGuide)のテストではあるのだが・・・。GuideFactorというのをほぼ1.0にしないといけないらしく、意味もよく判っていないので苦労したが、なんとか動かすことができた。ただ、視野内の星を明るいものから自動で拾うのは良いのだが、露出が長くなるとホットスポットを拾ってしまうのは困ったものだ。露出を切り詰めたら視野を動かさないといけなくなってしまった。これじゃPHDのような彗星核ガイドは無理だろうと思う。
 M31は、ISO800,10min×4コマからのコンポジット。外周部の描写が淡いのでもっと露出をかけたいが、強風に吹きまくられて、星像が点になっているのは1コマしかなく、他に3コマはぶれていたので捨ててしまった。これ以上の長時間露出は難しかっただろうと思っている。それに、コマコレクターが無いのでコマ収差による星像の肥大がひどい。はやくなんとか仕上げたいものだ。

まとめてテスト

  • 2013.10.13 Sunday
  • 13:13
fl11F5I400t300n4p.jpg

 月齢は上弦だが、ようやくの週末晴天。たまっていた機材のテストをまとめて片付けることにした。
 まずはK-ASTECさんのXY50-35。ポラリエの足腰を強化するのが目的だったが、極軸合わせに使っているクリノメーターがポラリエのモーターに引っ張られるのと、先週のスタパーで、ポーラーメーターの精度が期待していたほどではないということがわかったので、極軸合わせの手順を変更するためでもあった。新しい手順は簡単で、XY-50のステージをクリノメーターで調整してから、ポラリエを載せるというもの。今回は広角撮影だけだったこともあり、最後まで良い精度を保持してくれた。
 次は届いたばかりのタムロン11-18/4/5-5/6の星像確認。スペックはフォーサーズで使っている9-18/4.5-5.6とそっくりだが、開放では周辺像は大きく崩れた。5.6にまで絞るとだいぶよくなるが、暗くなるのが困りもの。それよりノーフィルターでも輝星が比較的目立つのと、11mmでは冬の星座たちを一網打尽にできるのが痛快で、ノーマルX2と組んでタイムラプス撮影に使うのが主目的なので、開放でも問題はないだろう。
 最後にMFAアダプター同等品についてきたネビュラフィルターのテスト。これは特に変わったものではなく、OIIIあたりとHαあたりに透過域をもつもの。もともと望遠向きではあるが、今回は11mmにして撮影した。いくらマウント内にセットするとはいえ、さすがに11mmでは周辺像への影響は大きい。また、F5、ISO400で3分露出4枚をコンポジットしてみたが、露出不足でざらざら。それでも、トーンカーブを持ち上げてみると、カリフォルニア星雲やバラ星雲、エンゼルフィッシュ星雲、バーナードループ、馬頭星雲などが写っているのを確認できる。10分か15分ほど露出すれば、市街地でもけっこう色々写りそうである。
 今夜は、新しい天文用PCでの自動導入テストの予定。前回認識できなかったUSB-RS232Cアダプターの改造はうまくいっているので、たぶん大丈夫だろう。今回は、月が沈んだあとの空で、エンケ、アイソン、ラブジョイの3彗星を狙うことにしている。彗星なので、ノーマルX2のほうがたぶんきれいな色が出るだろう。

ポラリエの新たな課題など。

  • 2013.07.11 Thursday
  • 16:49
fl100f28i1600t60sn8.jpg

 晴れの予報が出ていた水曜夜、仕事帰りに白木峰に登って夏の天の川を撮影しようと目論んだ。20:40に出発して、現地で設営したのが21:00頃。期待通りの天の川が、良い具合に南東の地平線から立ち上がっている。今回の撮影は広角だから楽勝のはず、ちょっとその前に・・・と色気を出したのがまずかった。
 まず100mmでアンタレス周囲のガスを狙ってみようと思い、簡易フォークを組み立てた。あれこれ苦労しながらピントを合わせ、極軸調整で少し手間取りながらも30分ほどで撮影終了。次は広角だというわけでフォークを自由雲台に組み替えて、ピントもばっちり(と思う)。ところが、どうしても追尾のずれがなくならない。
 これまではSUNTの簡易クリノメーターを使って、アルミ製手動追尾のten.10では問題はなかったのだが、今度のポラリエはモーター内蔵である。本体が磁気を帯びているのでコンパスが当てにならない。そこで前日はiPhoneのクリノメーターアプリを使ったのだが、これもカメラの向きや本体に当てがう場所によって表示がばらつくのでどうしようもない。仮に極望を使ったとしても、カメラと同時装着ができないので構図決定後に確認できないし・・・結局白木峰滞在1時間で、広角撮影は諦めて撤収した。
 これまでのクリノメーター法では、極軸の方位の精度は1°ほどになっていると思われる。ポラリエ本体には極望代わりの穴があいているが、この穴は大きすぎて、広角撮影用にも使えない。そこで、この穴にパイプを通して、簡易極望として使えないかやってみようと考えているところである。パイプは短いほうが取り回しが良いが、瞳径より小さいと極端に覗きにくくなってしまう。ここは径を優先して、長さについては少々長くなっても目をつぶろうかと思っている。精度的にもそのほうが有利だろうから。
 さて、かんじんの撮影画像は、アンタレス周辺。試写してから構図を決めようと思っていたが、モニター上ではガスは全くわからなかったので、山勘でえいやっと構図を決めた。しかし、もっと左上に振るべきだったなぁ・・・と後悔することしきりである。現状では1分露出が限度(原盤ではこれでも流れている)なので10枚コンポジットしたが、それでもざらついているのは仕方ないだろう。

バーローレンズの検証2。

  • 2012.09.28 Friday
  • 20:17
 プリズムの調整をした後、夜は雲が多かったが、少し晴れ間の多くなった時間帯があったので強行撮影。新しく入手したミードの5xバーローの実戦投入である。装備一式は車載していたので、自宅前にごそごそとひろげて、北極星で極軸をあわせて完了。晴天域は少し北に偏っているようで、南西の月の方角から東の木星に向けて、帯状に雲が流れていく。はじめは木星を狙ったがどうにもならず、月の方角が晴れてきたので望遠鏡を東西反転して月狙い。それから木星周辺が大きく晴れてきたところで再び木星にもどり、雲が来るまで撮影して終了した。
 一連の撮影中、前半は新しい5xバーローを使ってみた。ピントは出るのだが、これがなぜか3xバーローの画像よりも小さい。後半の撮影ではもとの3xバーローに戻したのだが、5xバーローを内蔵するためにアダプターの全長を20mm伸ばしていたため、更に拡大率が上がる結果になった。どれくらい違うかというと、ちょうどこんなところだ。

5xvs3x.jpg
 だいたい4/3倍くらい。5xバーローは像の大きさがレンズとCCDの距離の影響をほとんど受けないほどテレセントリック性が良いということだったので期待していたのだが、どうやら裏切られたようだ。で、これが5x=F30ということになると、右の状態はF=40ということになる。ほんとうにこんな見当で良いのだろうか。

J120927_16_48_37n1801.jpg
 木星の画像はこうなった。雲間でもシーイングは悪く、大きくぐにゃぐにゃとうねっており、レジスタックス6のマルチポイントアライメントはあっさり破綻してしまった。そこでレジスタックス5にお出まし願ったのだが、運良くほとんどゆがみの無いフレームを見つけることができたので、先頭100フレームで作るレファレンスフレームも良いものができた。はじめはウェーブレットがうまく行かなかったのだが、そうしたときにはステライメージの最大エントロピー処理で良いPSF半径が見つかることが多い。そうして4段ほど最大エントロピー処理をかけたあと、更にウェーブレットで細部を強調した。悪条件のときにこの手段がいつも使えるようであれば、とても心強い。

プリズムと木星。

  • 2011.07.31 Sunday
  • 01:07
 ギャラッド彗星を写した後、木星の高度がそこそこ高くなってきたので、鏡筒をMN61に交換して今期初の木星撮影を行った。今回の新兵器は、先日組み立てた無段階可変角ウェッジプリズム。偏角0度から4度の間で無段階に調節することができる。
写真のコピー.jpg
 これは3倍バーローにプリズムを接続したところで、左上にウェブカムを取り付ける。手持ちのアダプターや接眼レンズの組み合わせでピントが出るのはこれだけだった。また、はじめは惑星の高度からプリズム偏角を計算し、方向をあわせてセットするつもりだったが、偏角目盛りに誤差があることから、実際には像を確認しながら微調節する必要があった。それでも緩めるネジを選ぶことでプリズム全体を回転させたり、カメラ寄りのプリズムを固定したままで対物寄りのプリズムを回転させ、偏角を変更することは比較的簡単だった。
jupiter_20110729_1815_00n980rのコピー.jpg
 結局いちばん良く写ったのは、最後に撮影した動画から処理したもの。高度がだいぶ高くなっていたので偏角は1度そこそこだった。高度が低いといくら大気差を補正しても、大気のゆらぎの影響を受けやすいということがよくわかった。木星面は幸運にも大赤斑が正面にまわってきたところで、昨年とはうってかわって南赤道縞の復活した平常運転。ベルト内に白斑と暗柱?の規則的な繰り返しが見えるのは、昨年の擾乱の名残だろうか。ベストの画像にはまだ遠いが、今期の撮影も幸先の良いスタートになった。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM