恒例、4月の1本。

  • 2019.04.30 Tuesday
  • 18:52

 恒例の4月の1本、今年は昨年末からはまっている天珠のブレスにした。

 まずは材料。ルドラクシャとウランガラスはストックしておいたものを利用し、亀甲天珠と濃赤のヴェネツィアビーズは新しく調達した。今回、亀甲天珠には使用痕はなく、比較的新しいものと思われるが、紋様はくっきりと焼き付けてあるので品質は良いものと思われる。ゴムテグスは長いのが百均で調達できたのでたすかった。

 長さの見当をつけて、実際に使う材料を選別。右の刻印入りシルバースペーサーは、ミャンマーのカレン族の現代もの。材料のうちで一番古いのは、左の濃赤ヴェネツィアか手前のボヘミアのウランガラスだろう。

 ゴムテグスにテンションをかけながら2周。いつも使っているペアンが見つからなかったので、クリップで代用している。

 できあがり。濃赤ヴェネツィアは前回のコバルト色のプロッサーと比べ存在感が強いので、ウランガラスではなくカレンシルバーで両脇を挟んでみた。チベットが本場の天珠とは愛称が良いようだ。この後、もうひとつ気になる天珠をみつけて入手することになったのだが、それはまた別のエントリーで。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM