唐比のハス園で生き物撮影。

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 16:02

 今年は唐比ハス園にいきそびれているうちにハスのシーズンが終わりかけてしまった。ハスは空振りでもトンボがいるからというわけで、海の日に急遽出撃。ここでトンボを撮るには300mmが最適だったが、手許になかったので200mmを主砲にした。

 ハス池から駐車場横にあふれてきた水たまりに、アサザが花盛り。豪華なハスよりも、実はこちらのほうが好みだったりする。

 水たまりの周囲を、チョウトンボがさかんに飛び回っていた。ホバリングもほとんどせず、葉先にもなかなか停まらないので意外と手強い被写体である。

 水たまりの中は、メダカとこの魚がたくさん。ブルーギルの稚魚にも見えるが、背びれ後方に斑点があるので、違う魚かも。

 シオカラトンボが群れているエリアもあったが、群れているといっても4,5匹だけ。他にショウジョウトンボもいたが、チョウトンボが圧倒的多数派だった。

 こちらのチョウトンボは木道のすぐそばで見張り中。カメラマンにも人気者だった。

 ハスの花はきれいなのはほとんどなく、風も強かったので葉の水玉も残っていなかった。

 泥炭地のあちこちに水がしみ出していて、アオスジアゲハが吸水にやってきた。飛行中はとても追いきれず、とまったら羽根を閉じるので、これも手強い相手だ。

 唐比古代ハスとチョウトンボ

 水面になにか大きな影がのたくたしていたので見ていたら、スッポンが浮き上がってきた。葉っぱにしきりに噛みついて、裏になにかついていたのだろうか・・・

 チョウトンボの飛行ルートで待ち構えて、飛行中を撮影。フィルムと違って惜しげ無くシャッターを切れるので、数打ちゃ当たる。背景はアサザの池だが、花は駐車場横の水たまりのほうがきれいだった。

 睡蓮はまだ花盛り。それともこの葉っぱはオニバスだったか・・・?

 浮き草に覆われた水面に、ハンミョウが数匹。開けた地面にいる虫だが、身軽な彼等にとっては水面も無関係か。

 1匹がもぐもぐしていたのでよく見たら、なんと喰われているのも同じハンミョウのようだ。縄張り争いの果てか・・・?

そんなこんなで2時間あまり、ほとんど生き物ばかり撮影していた。BMPCCにもAngenieuxのシネ用ズームをつけて、バッテリー1本をきれいに撮りきった。まだ編集作業が残っているが、面倒でも楽しみではある。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM