秋雨前線につかまる。

  • 2019.09.10 Tuesday
  • 23:40

 <2019年8月16日17:45:56撮影

 <2019年8月17日12:36:13撮影

 <2019年8月21日13:26:52撮影

 <2019年9月3日15:45:22撮影

 <2019年9月4日13:16:16撮影

 8月下旬から秋雨前線が居座って、秋雨というのにまるで梅雨末期のような降り方で、県北や隣県では被害が相次いだ。当然太陽などろくに撮れる状態ではなく、途中で10日以上も撮影が途切れてしまっている。幸いというか、この間はずっと極小で、小さいプロミネンスが見えることはあっても目立った彩層活動はなかったようだ。

 そして9月にはいってすぐに久しぶりに黒点を伴う活動領域が現れて、9月3日の画像では赤道すぐ北側で子午線の東に、4日の画像では子午線を超えたすぐのとろこに辛うじてプラージュが見えている。3日の画像はコントラストが悪くて極端に強調したため、ざらついた上にぼんやりと汚れがめだってしまった。この汚れ、どうやらアイピースのどこかの面にあるようで、そのうち清掃しないといけない。

 肝腎の活動領域は、磁場画像をみると、残念ながら旧周期の活動のようだ。しかし、7月にも弱いながら新周期の活動領域があったということなので、新周期への胎動は次第に高まってくるものと思われる。楽しみにしておこう。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM