外海で滲んでみる

  • 2019.10.10 Thursday
  • 17:42

 日曜の昼過ぎ、長崎市内で4時間ほどあき時間ができたので、外海のほうに撮影に出てみた。主目的はBMPCCでアナモルフィックレンズを使ってジンバル撮影をすることだったので、スチル装備のほうは思い切り絞って、EOS80Dと安原製作所MOMOの1本勝負。

 メインの撮影地は黒崎教会、まずは正面のマリア様を。白い被写体は滲みの定番とばかり、よい具合に滲んでくださった。

 格子戸がおとす影が面白かったので。窓の奥に、反対側の窓の色ガラスが見えている。

 室内に移って、小さな聖母子像。コントラストが強いので、なかなか難しい。こっそり滲んでみた、という雰囲気。

 海辺の聖堂らしく、シャコ貝の飾りがある。この辺でとれたものなのか、それとも南方から持ってきたものか。摩滅した床に色ガラスの透過光を反射させて。

 浄財箱。ベンチに反射する光がうまい具合に滲んでくれて、色味を強調。

 そのへんの河原で拾ったらしい重石に花模様が描かれていた。このレンズ、気前よく滲む一方で、ピントが合ったところの輪郭線は繊細でシャープなところが面白い。

 大野集落のほうでは滲みに向いたシーンがなくて、高台から海を。無限遠でピントが出るとは限らないので、むずかしい。微妙に色収差もあるようだ。

 ここでセットしておいたアラームが鳴って、時間切れ。まっすぐ長崎市内に向かい、到着後5分と待たずに家内とムスメを回収した。もっと先の雪浦あたりも滲ませてみたいが、それはまたの機会に。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM