赤道儀、御乱心!?

  • 2019.11.02 Saturday
  • 22:00

 度重なる台風絡みの悪天候もようやく落ち着いたので、しばらく放置していた直焦撮影機材を持ち出したところが、トラブルの波状攻撃に遭った。

 まずはR-130SS(R-140SS改II)の光軸。斜鏡が回転したせいか、星像が長く延びてしまう現象に見舞われ、1回目の出撃は成果無し。おまけにPHD2のガイドも不安定で、星像が延びたのが追尾不良か光軸不良か判らないという有様だった。そこで、光軸を入念に合わせてリベンジした。

 下弦の月だったので、設営した頃に月出。月がのぼってくるまでの間にカリフォルニア星雲を狙ってみた。PHD2のガイドアシスタンス機能を使ってパラメーターをセット、ガイドグラフは暴れるが、なんとか安定して星が点になった。冷やしEOSも起動してみたら、冷やすというより温度上昇をおさえる程度にしかならなかった。

 データを処理してみると、18枚コンポジットなのにざらざらどうやらESO1600,3分という半端なパラメーターがいけなかったようで、ISOのせいでノイズが多いのに、暗部を持ち上げないと画にならない。3分ならISO3200にするか、ISO1600なら露出を5分にするかしないといけないようだ。

 月が高くなってきたので、子午線をはさんで西側に向けたら、PHD2のキャリブレーションがなかなかうまくいかず、なんとか動いてもガイドが流れまくりになってしまった。

 キャリブレーションがうまくいかないのは、赤経モーターを動かすと、動き始めに何故か南北方向におおきく動いてしまうという謎の症状が出たからだった。ハンドセットで動かしても、ASCOM経由で動かしても、まったく同じ症状なので、コネクターの問題ではなく基板かギアだろうと見当をつけて、昼間に組み立ててみたところ、赤経クランプを固定していても、赤緯体がぐらぐらと動くことがわかった。

 調べてみると、どうやら赤緯体と極軸の固定部が緩んでいるようだ。固定にはイモネジ3本が使われているのみで、ここが弱点になっているらしい。そこでコントロールパネルを外してみた。画像の右側が極軸ハウジング、上側が鏡筒取り付け部で、赤緯体の中の右側壁に見得ている黒いのが極軸望遠鏡である。イモネジは壁の向こう側にあり、ハウジングから極軸を抜かないといけないらしい。抜いたら抜いたで極軸望遠鏡の調整も必要になる、というわけで、自力での修理は諦めた。

 このまま組み立てて一件落着・・・のはずが、あやまってビスを赤緯体の中に落としてしまい、モーターと平ギヤも外す羽目に。なんとか組み立てたものの、その後のテストではギヤの当たりが前より悪くなっていて、子午線東側に向けていてもガイドが安定しなくなってしまった。どちらにしても調整に出さないといけない状態で、極軸固定の強化のためにはメーカー送りになりそう。年内の直焦撮影は絶望的である。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM