新周期かと思ったけれど・・・

  • 2019.11.14 Thursday
  • 14:35

 <2019年11月1日12:43:55撮影

 <2019年11月2日12:55:39撮影

 <2019年11月5日13:12:36撮影

 <2019年11月6日12:51:02撮影

 <2019年11月8日13:15:30撮影

 今年も残すところあと2ヶ月となった。11月1日、東半球の南高緯度に小さいプラージュがあるのを眼視でみつけ、画像でも捉えることができた。高緯度でもあるし、いよいよ第25周期が本格化したかと喜んだのだが、ネット上の磁気画像で確認してみると、まだ第24周期に属するものだった。それと、前日には黒点が見えていたのが、すこし衰退してきたところだということだ。ブロッキングフィルターの劣化もあるが、すっかり油断して見逃していたようだ。この活動領域は、その後もしばらく見えていたが、1週間ほどで太陽面はすっかりもとののっぺらぼうに戻ってしまった。

 この望遠鏡、Hα線を強調するためのエタロンフィルターは、高精度平面を2面向かい合わせにしたもので、その2面の間隔を空気圧で調整している。そのままだと1/2、1/4波長や2倍、4倍波長なども透過してしまうので、Hα近傍のみをおおまかに透過するブロッキングフィルターを重ねている。劣化しているのはこのブロッキングフィルターで、Hα線以外の高調・低調波がコントラストを下げている要因である。現在の使用頻度だと、フィルターの劣化は1年すこしで無視できないほどになるようなので、第25周期のピークにあわせてきもちよく観測できるように準備したいものだ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM