嘉陽の海の動画篇。

  • 2020.02.06 Thursday
  • 14:29

 今回の久しぶりのカヤッキング、画像をどうするかが問題だった。20年前は、防水の銀塩カメラに、80万画素のデジカメを防水ケースに入れていたが、いま使っているデジカメには対応する防水ケースがない。そこで、2年前に積丹で漕ごうとしたときに、iPhoneの防水ケースを入手しておいたのだが、海があれて結局未開封。今回使おうとしたら、画面のフィルムを専用品に貼りかえないと使えないことがわかった。

 そこで、予備端末にしているAtomをカメラ代わりに使おうとしたが、当日朝からどうしても見つからない。たしか前夜まではあったはず・・・と探し続け、嘉陽の家に着いてからも探してみたが、時間切れ。というわけで、漕いでいるところは諸喜多さんに撮っていただいた動画になる。

 嘉陽の浜を漕ぎ出すときは、雨がぱらついていた。太平洋の水平線と、リーフに砕ける波を見ながら。

 上陸地点で。この小石の浜、裸足で歩こうとすると、ツボ刺激が強すぎて腰砕けになってしまう。陸路では海岸伝いか、あるいは山中から徒歩での踏みあとはあるようだ。見渡す限り、人工物が目に入らない、贅沢な空間。

 昼食後、バン崎からの帰り。エピックをすこし小波に遊ばせてみた。保針性が良く、デッキの反りが少ないので風にもあおられにくい。たぶん、バイダルカはこんな乗り味なのだろうと想像している。

 すこしでも陽がさしたら、海底が輝く。つかの間ではあったが、この海の色を見られてよかった。件の防水端末があったら、ここで海中に手を突っ込んで撮影していたところだが・・・と、帰ってきて片付けたら、探したはずのカバンの底から端末がぽろりと出てきた。これは、また撮りにこいということなんだろうと思う。

 おまけ。11日朝に福岡から飛んだとき、ブロッケン現象に遭遇した。朝早い福岡〜沖縄便では、雲が出ると高率に遭遇できる。今回も、それを狙って右窓側席にしたのが大当たりだった。降下している最中なので、虹の環に対して機影がどんどん大きくなってきているのがわかる。アプローチが南だったら、知念半島あたりから喜屋武岬、糸満あたりの海岸をじっくり眺めることができるのだが、残念ながら今回は北。本島と慶良間の間に浮かぶ、ナガンヌ島の珊瑚礁を遠く眺めながらの着陸だった。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM