シネスコで遺跡撮り。

  • 2020.03.14 Saturday
  • 14:00

 早春の陽射しに誘われて、シネマカメラを持って飯盛町へ。海を望む高台のたまねぎ畑から、麓の漁港までをM.Zuiko17mmF2.8にアナモルフィックレンズをつけて1本勝負。

 最近、県北の洞穴・岩陰遺跡と黒曜石原産地を俯瞰する影像を撮ろうという謎のグループ結成に関わっている。中心になっているのは烏帽子高原ホースパークの方だが、ドローンを使って空撮してみようということで、ドローン上級者も一緒になっている。洞穴・岩陰遺跡はその後に神社や密教施設になったりしていることが多々あるので、遺跡としての視点を助言できればということと、あとは石器作りの実演で関われるかと思い、加えていただくことにした。ところが、遺跡のなかには立地上空撮に向かないところもあり、また、地上撮影もできればということで、シネマカメラの出番もありそうだ。

 この飯盛町、高台撮影の4カット目は、手前の画面外に飯盛鬼塚古墳というのがある。長辺2mたらずの石室というより石棺みたいな小さい古墳だが、橘湾沿岸では貴重な存在だ。他に同時代の埋葬施設は、動画のあとのほうで出てくる下釜の石棺・石郭、そして西に5kmほどいったところの牧島の曲崎積石墓群くらいだろう。また、動画の中の島の海岸では磨製石斧が拾えるのだが、海岸に積み重なった礫を利用して、石斧を作製していたのではないかと推測している。

 動画としては、まだまだ。ピントが怪しいカットもあるし、水平線が出ていなかったり。ピントの問題は、絞りとアナモルフィックレンズの相性もあるかもしれない。遺跡のシーンをBGMで無駄に持ち上げてみたので、観る人には呆れられるかも。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM