主電源の軽量化。

  • 2020.03.27 Friday
  • 22:23

 赤道儀が復活したものの、主電源のディープサイクルバッテリーが劣化してしまい、星活動はしばらくお預け。ちょうどムスコの進学に伴う引っ越しもあって、天文装備は車から降ろしている。同じバッテリーをもう一度購入するか、それとも思い切って安くなってきたリチウムにするか迷っていたところ、どうやら久しぶりに明くなる彗星が現れた。これは迷っているヒマはないとばかり、思い切ってリチウムを導入することにした。

 いざ届いてみると、これがめちゃくちゃ軽い。従来のが36Ahで重量11kgだったのに対して、75Ahで重量4.4kg。まるで空っぽの箱みたいな軽さだ。また、この製品はリン酸鉄リチウム電池を使っていて、充放電特性が他のタイプのリチウム電池より優れているとのこと。さっそく初期充電を済ませたが、実戦投入はどうやら4月の新月期になりそうだ。

 これまでの主電源遍歴について振り返ってみると、鉛バッテリーを用いた携帯型電源装置を2個、これはPCの電源にするには容量不足だったので、次は105Ahのディープサイクルにした。これはたしか7,8年は使えたように覚えているが、20kg近くあってとても重かったし、完全密閉ではないので充電時の水素ガスが不安だったし、倒さないように気を遣っていた。それから容量を削ってLONGの36Ahになり、完全密閉で倒しても大丈夫ということで、だいぶ楽に運用できるようになった。しかし、あとから思えばいくらディープサイクルとはいっても、使用頻度の少なさ(多くても月に1,2回)と深放電の繰り返しが相当負担になったようで、たぶん1個あたりの使用回数は30〜40回程度だったのではないだろうか。今回は深放電をせずに済むように、容量を75Ahにした。これまでのバッテリーの3倍近いコストもかかったことだし、ぜひ10年もってもらいたいものだ。

 

追記

 Y-daさんから指摘あり、75Ahで240Whなら、基準電圧3.2Vで計算してあるのではないか?と。あれこれ調べてみたら、どうもそうらしい。ということは、12Vなら20Ahになるということ。これまで36Ahだったので45%減。いくら放電による電圧降下が少ないリチウムとはいえ、ちょっと心配になる。リン酸鉄リチウムの表記に浮かれてしまわず、もっと精査しとけばよかったかも・・・まあ、次の出撃で実戦投入してみるけど、どうなることやら。

コメント
バッテリーの容量は微妙だし、彗星は崩壊するし・・・コロナ猖獗。
なんだか気が晴れません
  • ほうき星
  • 2020/04/13 5:11 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM