零密の山でブユに追われる。

  • 2020.06.10 Wednesday
  • 22:39

 これまた緊急事態宣言下の零密活動。ときどき星の撮影に使っている多良岳中腹の修多羅、シャクナゲ高原に行ってみた。満開という話をきいてから既に10日あまり。陽当たりの良いところの花はあらかた過ぎていたが、日陰になるところにはまだけっこう残っていた。

 平日の午後ということもあり、現地は無人。F2.8の開放値を活かしたフォーカス送りに挑戦したが、やや不発。ジンバルも無かったので移動中のカットもブレだらけ。太陽からの水平フレアが確認できたのはよかったが、これを繰り返しているとセンサーを傷めそうなので、控えたほうがよいだろう。縦に糸を張って、なんちゃって水平フレアをつくるのが良さそうだが、個人的にはフレアにはこだわらないので必須の工作ではない。

 この日、特に後半に悩まされたのは、ブユの多さ。ちょっと立ち止まって撮影していると、顔のまわりにわらわらと寄ってくる。顔を刺されたらお岩さんみたいになってしまうので振り払うのだが、あまり強く払うとカメラがぶれてしまう。刺されずに済んだのはまったく幸いだった。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM