久しぶりに、滲み写眞。

  • 2020.06.10 Wednesday
  • 23:54

 5月28日の零密活動のスチル、久しぶりに43mmソフトの一本勝負にした。このレンズ、開放では球面収差が大きくてピント位置を見極めるのが難しく、だからといって絞り込んであわせてもピント位置が移動するというやっかいなものだ。撮影してはモニターで確認してと、忙しいことこの上ない。おまけに無限遠になると、合ったようでなかなか合わないから諦めることもあり、なかば持て余しているような状況だった。

妙見岳から国見分かれまでの稜線上で。このレンズ、木漏れ日は得意種目。繊細な輪郭線に華やかなフレア。これを撮らずにどうするかという状況。

一方、遠景は大の苦手。このときは国見岳斜面のミヤマキリシマが目安になって、なんとか合わせることができた。

岩戸神社の舞台。ここはクリアに撮ると荘厳な雰囲気になるところ。木漏れ日が主光源なので、滲ませてもおもしろい雰囲気になった。ピントを確認するため再生画面を拡大していて、どうせ風景なら速射性はいらないので、ライブビューで拡大してピントをあわせれば良いのではないかと思いついた。瓦屋根にピントをあわせてみると、思いの外快適だった。

舞台を谷側から。これまでの苦労がうそのように、ピントがさくさくと合う。

大きな杉の木が多く、うねった樹皮も見応えがある。

田代原ではまだ早かったヤマボウシも、里では満開。水田に映える白が綺麗だった。

最大の課題だったピントが解決したソフトレンズ、ライブビューに慣れると、スナップにも対応できそうに思える。しばらくは滲み写眞が面白そうだ。

コメント
VK70RにはEFマウントもあったようですが、仮想武器市場には出回らず。OM-EOSアダプターを死蔵していたので、OMマウントのを撃墜しました。なんと送料込みで¥4.5k、相場の1/3程度。物欲大佐、久々の大手柄です。
  • ほうき星
  • 2020/06/26 6:32 PM
こうなると、画角にもすこし変化が欲しくなってきます。
現在の43mm(換算69mm)も好みですが、70mm(換算112mm)というのもあって、魅力的です。
ただし、EFマウントが無いので、OMかM42あたりで入手してアダプターを介することになりそう。
どうせ絞りは連動しないので、安いアダプターでも問題ありません。
これは果たして、写欲なのか物欲なのか・・・?
  • ほうき星
  • 2020/06/17 9:52 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM