フレアを撮り逃がす。

  • 2020.06.27 Saturday
  • 15:46

 <2020年5月29日13:07:46撮影

 <2020年6月2日16:53:39撮影

 <2020年6月5日12:52:18撮影

 <2020年6月8日13:06:41撮影

 <2020年6月9日12:42:44撮影

 この期間は第25周期の活動が活発だった。5月29日、北東縁に明るいプロミネンスがあり、劣化したブロッキングフィルターでも眼視でよく見えていた。画像ではすぐ隣にサージプロミネンスのようなものが現れており、この3時間ほど後にM1.1のフレアが発生している。金曜だったのでどうしようもないが、なんだか口惜しい。

 その後に現れた活動領域は、思っていたより小さくて、子午線を超えたあたりから衰退していった。一方、すこし遅れて南半球にまわってきた活動領域は、6月5日には黒点が見えており、その後9日にかけて大きく発達して久しぶりに見応えあるサイズになった。21日には部分日食が控えているのだが、その前に去っていきそうなのが残念だ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM