第2回ISSチャレンジ!

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 23:37

 3月27日夕方になって、宵の口に条件の良いISSパスがあるとの情報。調べてみるとほぼ天頂を通るし、南西の地平から東北東の低空までずっと見えている。これを逃す手はなかろう、というわけで、先日入手したが三脚座がなくて使えないままになっているEF300mmF4Lを使って迎撃することにした。

 まずはピント合わせ。EOS600DaはAF誤差を追い込んでいないので、薄暮の空のシリウスに向けて、ライブビューのマニュアルフォーカスで調節する。そしてその後はフォーカスリングには触らないようにしながら、ISSを待った。撮影条件は、快晴屋外を基準として、F10,ISO800,1/4000secとした。

 空はほぼ晴れていたが、抜けが悪かったので、ISSを見付けたのは中天まで上がってから。そこから椅子に座ったままで手ぶれ補正を効かせながら撮影を続けた。途中で東のほうに向き直り、すこし暗くなるまでおいかけて、あとは眼視で見送る。一見何も写っていないようなコマから微かな光点を探すのは骨が折れたが、なんとか見つけ出して処理したものを並べてみた。

 <共通データ:2017年3月27日,EF300mmF4L IS USM(f10),EOS600Da(HEUIB-II,ISO800,1/4000sec)>

南を向いて写した最初の4コマと、東に向き直ってから写したあとの2コマを比べると、この形が手ぶれではないことがわかる。トラスは写っていないが、両端の太陽電池パドルと中央の居住区の色が違うのはわかるだろう。ISS手持ちチャレンジは、2回目にしてあっさりと達成することができた。意外と楽しいので、また条件が良いパスがあったら露出を変えながらチャレンジしてみたい。

 ちなみに、この日はISSから1分遅れで中国の天宮が通ることになっていた。予定では、この画像の中央やや上あたりでISSの航跡と交叉するはずだったのだが、影も形も無い。そういえば、天宮って制御不能になって落下してなかっただろうか・・・あとでまた調べてみようと思う。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM