山珈琲を企てるも・・・

  • 2017.04.06 Thursday
  • 20:37

 日曜の夕方ちかくになって時間ができたので、思い立って多良山系7合目の水神池で山珈琲を楽しもうと思い、出掛けてみた。

推定菜の花満開、桜まだの白木峰は90km/hrで素通りし、自然の家の上から林道に入る。途中落石を踏んで姿勢を崩したり(左フロントのエアダムスカートに傷がついてしまった)しながらも、快調に走って目的地着。

 五家原山頂からの雲が流れてきて、時折陽が射す程度ではあるが、山珈琲には支障無さそうだ。標高が700mほどになるので、周囲は樅の群落。駐車場にクルマを置いて、できれば水神様のところまで歩こうかと。

 いつ見ても、ここのヌシみたいな大木は圧巻であるが、見上げる斜面の上にはえているので、写真うつりはあまり良くない。せっかく赤外撮影してみても、幹のトーンがとばないようおさえたら葉っぱまで暗くなってしまった。

 すこし歩くと、道端の岩壁から清水が滴っている。下界ではとっくに過ぎてしまった蕗の薹が、いまごろ。すぐ足元で、蛙が小さく鳴き続けているが、どこを探しても姿が見えない。落ち葉の下にでも潜っているのだろうか。

 すぐ横ではスミレが咲いていて、早春から春までの時間がぎっしり詰まったような感じがする。遅くならないうちにと歩き出したら、まさかの粉雪がけっこう激しく降ってきた。これでは珈琲どころではないと、駐車場に戻って水を汲み、さっさと下ることにする。

 白木峰まで戻ると、晴れてはいるが風が強い。風よけになるところがないので、アルコールバーナーではきついかと躊躇っていると、俄に雲って雨が降り出した。結局山珈琲はお預けになり、クリニックに戻ってから部屋珈琲になってしまった。数日して桜は満開になりそうだが、こんどは雨が止まない。今年は桜を入れた星景は無理な様子だ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM