2651群、去り際の一発!

  • 2017.05.01 Monday
  • 23:15

 <2017年4月28日13:29:23撮影>

 <2017年4月29日16:39:05撮影>

 <2017年4月30日11:47:50撮影>

 <2017年5月1日13:01:49撮影>

 <2017年5月1日13:07:14撮影>

 2651群は、子午線を過ぎた頃から次第に目立たなくなってきた。プロミネンスが東縁に見えることはあるのだが、まわってきた活動領域2654群もいまひとつ目立たない。このまま次第に静かになっていくのかな・・・と思っていたら、4月30日になって、西縁に近づいた2651群の上空に、明るいプロミネンスが見えだした。5月1日には、薄雲越しながらそのプロミネンスが2個に増えている。2651群にも明るい光点があり、どうやら小規模なフレアのようだ。プロミネンスを8コマ1セット、彩層を4コマ4セット撮影して、確認の眼視に入ると、わずかな時間のうちに北側のプロミネンスが浮き上がっていた。しばらく迷ってから、再びカメラをセット。その間にプロミネンスはますます大きくなっている。プロミネンス、彩層ともうひととおり撮影して、また眼視。しばらく見ていると、プロミネンスの形が変わっていくのがはっきりとわかる。そのうち少し拡散しだしたので、プロミネンスだけもう1セット追加して撮影終了した。

それぞれのプロミネンスセットの撮影中央時刻を入れてみた。初めは地球の3,4倍ほどの高さだったものが、わずか10分ほどの間に木星直径を超えて大きくなっている。スケールを考えると、とてつもなく激しい現象だ。一方、2651群の光点は、眼視では時間とともに輝きを失っていくのがよくわかった。これはたぶんフレアの残照なのだろう。薄雲越しとはいえ、こうした現象を目撃することができて幸運だった。これがあるから太陽は面白い。

コメント
いつもは設営から撤収まで10分ほどなので、たまたま午前の外来が長引いてこの時間帯になりました。なかなか観測時間を増やすわけにもいかず、こればかりは運任せですね。
  • ほうき星
  • 2017/05/03 5:54 PM
わずかな時間にこんない変化するもんですね。ちょうど仕事が終わり仕事場を後にした頃のことです。この一瞬に出会うことができたなんてうらやましい限りです。
  • kcaohige
  • 2017/05/02 2:57 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM