GWその2・外海ぶらぶら。

  • 2017.05.07 Sunday
  • 21:03

 5月4日は外海方面へ。最初は池島に行こうかと思ったが、どうも船の時間が中途半端である。そこで、橋で行ける炭鉱跡と思ったが、崎戸は既に解体されたとのこと。仕方ないので虚空蔵山の高射砲陣地を見にいこうとしたが、時津町の渋滞につかまり、先も混みそうだったので新漁港に出て外海方面にまわったら、あちこち寄り道することになってしまった。

 まずは三重の旧漁港。ムスコが面白そうなので撮りたいというので数十年ぶりに寄ってみた。ちょうどペーロンの準備中でだったので、並んでいるペーロン船を。

 そこからひと山こえて、永田湿地の上から黒崎を望む。ここは好きな景観ではあるが、300mmではすこし長すぎ。かといって、100mmでは短すぎ。200mmを置いてきたのが悔やまれる。

 永田湿地、黒崎教会と寄り道して、神浦に向かっていると、ちょうど池島行きのフェリーが出たところ。なんだか進む気がなくなって、すぐ下の大野浜へ。ハマヒルガオが咲いていて、むこうには大角力、小角力、母子島、そして池島に向けてフェリーが渡っていくのが見える。

 そこから神浦の棚田を見に行こうということになり、川沿いに。棚田を過ぎたところ、神浦ダムのすぐ下に見慣れぬ橋がかかっていた。いつのまに・・・と銘板を見ると、10年前には出来ていた様子。ここに来るのも14,5年ぶりだから仕方ないだろう。橋から見下ろす神浦川は新緑の間を光って流れていた。

 棚田のほうに戻る途中。山のあちこちで目立っていた花。どうやら桐の花らしい。

 そして棚田近くの路傍で、看板が飲み込まれかけ。

 看板だけではなく、店も飲み込まれかけ。いったいいつ頃から時間がとまっているのだろう。

 軒先の洗濯機は、なんと二槽式。すっかり飲み込まれている。

 高射砲台ではないが、廃墟も撮れたことだし・・・というので、折り返して出津漁港へ。ここも20年以上来ていない。小さい漁港だがきれいな川が流れ込んでいて、砂地が印象的。足元でがあがあいうので覗き込んでみたら、鴨の家族が。漁港奥のスロープから上陸してどこかへ行ってしまった。

 と、ここにも飲み込まれた建物が。大木との釣り合いもなかなか。よく見ると、手前のパジェロミニも既にナンバープレートは無い。

 振り返ると、大角力と池島。高台の肩に第2縦坑の櫓が見える。懐かしの池島、そのうちに撮影に行ってみないと。

 曇りがちだった空がけっこう晴れてきたので、帰りにまた黒崎教会に寄ってみる。

 ここはよく撮影される場所なので、よほどのことが無い限りは類型的になってしまう。でも1枚。

 入り口両脇の水盤にはシャコ貝の殻が使われていた。今は沖縄でも滅多に見かけないサイズ。当時はこのあたりでも獲れていたのだろうか・・・

 行きもそうだったが、県外ナンバーの見学者がやたらと多かった。GWだというばかりではなく、きっと『沈黙』効果もあったのに違いない。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM