リファレンス画像の変更。

  • 2017.05.18 Thursday
  • 19:47

 <2017年5月8日12:36:40撮影>

 <2017年5月11日13:17:40撮影>

 <2017年5月14日16:08:57撮影>

 <2017年5月15日13:08:46撮影>

 <2017年5月16日17:34:58撮影>

 <2017年5月17日17:42:40撮影>

 <2017年5月18日16:59:43撮影>

 しばらく無黒点だった太陽面だが、小さい活動領域がまわってきた。まず東縁から小さいプラージュが現れ、次にこれまた小さい黒点群2656群が現れている。この黒点は小さすぎてLS50THaでは確認できていない。先のプラージュにも黒点が発生したようで、2657群の番号がふられたが、子午線手前で衰えてしまったようだ。

 最近、すこし画像処理方法を変更して、画像の鮮鋭化にPhotoshopのプラグインであるNikCollectionを使っている。Macの空き領域不足のためか、RegiStaxがうまく動かないことが多く、また仮想Winもだいぶ処理が重くなってしまったので、Macの中ですべて終わるようにしたというわけだ。コンポジットもPhotoshopで行っているので、DPPでRAW現像したあとはすべてPhotoshopの中で完結するようになった。現在のところ、まあまあの鮮鋭度を確保できている。

 それから、17日撮影分から、画像の方位あわせをまた変更した、というか、以前の「太陽の北極が上」に戻した。これは現在の撮影法にも関係がある。設営を簡単にするために自動追尾経緯台を使っているので、撮影時刻によって画像中の方位がばらばらになってしまう。はじめは方位の基準にはSOHOの黒点画像を用いていたが、太陽活動が低下してきて、無黒点の日が多くなったので、この方法は使えなくなった。その後しばらくはX線画像に浮き出るプロミネンスの影をつかって合わせていたが、いつも影がでるとは限らない。

 そこで、国立天文台太陽観測所のHα画像を基準にすることにした。今度は同じHαの画像なので、プロミネンスが小さくてもとても合わせやすい。ただし、画像の方位が地球のそれになってしまったので、太陽の北極は真上から右側に24度ほど傾いてしまった。太陽面の子午線や赤道の見当は付けにくくなったが、仕方が無い。ところが、曇りや雨の日には画像が更新されず、日本の晴天率ではこれも実用的ではないということに気付いた。

 そしてあれこれ検索して、アメリカ国立天文台のHα画像ページにいきついた。ここは世界各地の天文台で撮影された画像を毎日更新しており、ツーソンのカメラは動いていないが、セロトロロやマウナロアなど、よく耳にする地名もある。なによりこれだけ散らばっていると、全てが曇るということはほとんどなさそうだ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM