R-140SS改造計画・R-140SS改II実戦投入!

  • 2017.06.16 Friday
  • 22:37

 6月14日、水曜なので翌日も仕事を控えていたが、C/2015v2ジョンソン彗星が最盛期を過ぎかけているのと、貴重な梅雨の晴れ間なので、思い切って小長井まで進出して迎撃することにした。下弦前の月が昇るまでの勝負である。先のエントリーに書いたレデューサーコレクターの工作が終わったのが20:30頃で、21:00過ぎにいつもの場所に到着して手早く機材を設営。ピント確認してから目標導入して撮影を開始した。星図ソフトにはイオンテールしか表示されていないが、試写してみるとイオンテールは出ていない。また、ダストテールがアンチテールになっているとのことだったので、対角線にくるように東西方向に長い構図にしたのだが、どうやら南北方向に近い。迷ったあげくに彗星を中央に入れて撮ることにした。

 <撮影データ:2017年6月14日22:12:29〜,R-140SSII(d=140mm,f.l.=428mm,F3.06,),EOS600Da(HEUIB-II,ISO1600,5min,5コマ恒星基準コンポジット)>

 まずは4コマ撮影し、5コマ目でガイドが跳ねて星が2重になってしまったが、中央値コンポジットしたらうまく消えてくれた。いったん撮影はそこで切り上げて、月出までの20分間にスカイフラットを4枚。ちょうど撮り終わったところで月が昇ってきた。今回はフラット補正ができたおかげで、かなり強い処理をしても破綻することなく耐えてくれた。

 左下に伸びているはずのイオンテールが無いとバランスが悪いので、すこしトリミングしてみた。ダストテールも完全な一直線ではなく、すこし東側に弧を描いてふくらんでいる。たぶん一直線に見えていた月初めの頃よりは、拡散して短くなっているのだろう。彗星は移動のためすこし伸びて写っているが、輝星の色と彗星コマの緑色の対比がうつくしい。これまで輝星周囲の光芒の色は出ていたけど、星像そのものに色がついたのは初めてだ。気象条件のせいだったのか、それともレデューサーコレクターにすこし色収差があるのが原因なのか。この色はあったほうが望ましいので、今後に期待することにしよう。

 <撮影データ:2017年6月14日23:11:33〜,R-140SS改II(d=140mm,f.l.=428mm),EOS600Da(HEUIB-II,ISO1600,3min,4コマコンポジット)>

 月は出たけど、よく晴れているのですぐ帰ってしまうのは惜しい。そこで、近くにあったM5を3分露出で狙ってみた。撮影中も月がどんどん明るくなってきたので、4枚で終了。先日撮影したM13より小さいので期待していなかったが、なかなかの写りである。M13がしょぼく見えたのは露出不足のせいだったので、今度はたっぷり露出してみようかと思う。このあとはダークフレームを撮りながら撤収し、夜半頃には帰宅することができた。総じてトラブルも少なく、R-140SS改IIの素性も見ることができて、上首尾だったと思う。

コメント
1枚目の画像をよ〜く見たら・・・3つの輝星のそれぞれに隣接してゴーストが見えます。どうやら星像のすぐ外側にできるようです。これだと星雲に輝星が重なるメジャーどころの対象は全滅ということでしょうか・・・もしMFAフィルター無しでも発生するようだと、致命的な問題になりそうです。
  • ほうき星
  • 2017/06/16 11:38 PM
1枚目の画像の中央上端、3枚目の画像の輝星のすぐ下に、ドーナツ状のゴーストが発生しています。どの星が光源かはわかりませんが、レデューサーコレクターのカメラ側の平面とMFAフィルターが平行で近接しているので、そこがゴーストの発生源になっているものと思われます。冬にはけっこう悩まされそう。
  • ほうき星
  • 2017/06/16 10:56 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM