学会出張からの北九州遊び。

  • 2017.08.03 Thursday
  • 21:34

 連休初日に博多で学会だったので、終了後に家族と合流して北九州へ。ムスメが今年いっぱいで閉園になるスペースワールドに行ってみたいというもので。小倉で深夜の投宿になったが、なにやら祭りがあってた様子。

 で、一夜明けて、やってきました。開園当時は未来の象徴だったスペースシャトルも、既に引退して久しい。しかし、遊園地なんてこれまで入ったことがないのだが・・・

 入るなり、ムスコがこれに乗ろうと。うむ。50年生きててこの手のものに乗るのは初めて。発進加速が5Gということで、シャトルに乗った気分かも・・・と思ったら、甘かった。ちょうど頂上手前のこの辺りで、マイナスGがかかる。微妙に尻が浮いているので気が気では無かったが、くだりはしっかりGがかかるのでそれほどではなかった・・・ように思う。まあこんな体験ができるのも子供らのおかげかと。

 などと思っていたら、次はこれに乗ると。ループはしっかりGがかかるのでたいしたことはなかったが、後半の水平ループで狭い鉄柱が頭に当たるような気がしてこれまた怖かった。ふたつ乗って、すこし腰にきたのは、やはり歳のせいかと・・・

 アトラクションの間に展示を見てまわる。これは閉園までの特別展示の月の石。うん・・・ホンモノだ。アポロ12号が拾ってきたそうな。

 資料館のほうにはアポロカプセルも。実物だそうだが、何番目かがわからなかった。計器類があまりなかったので、もしかすると無人試験機かもしれない。

 それでもヒートシールドは焼けているので、実際に飛行したものだろうと思うが・・・

 閉鎖された展示区画もあり、HOPEとHIMESが。いくら中止になったからって、黒歴史みたいに扱うのではなく、当時の計画ということで展示する意味もあるのでは・・・と残念に思った。

 で、夕方になり、そろそろ帰ろうかと都市高速に乗ったところで、ムスメが『本屋に寄りたい』と。そこで小倉まで戻って、以前行ったことがある書展へ。ちょうど店の前で祇園太鼓の山車が集結するところで、祭りも楽しめるというすばらしい展開に。

 山車の形はだいたい決まっているようだが、中には変わり種も。天狗の頭髪が夕陽に映える。

 そのうち陽が沈んで、山車の提灯が次第に明るさを増してくる。賑やかな太鼓と鉦の音。

 今回は、もっぱらシネマカメラをまわしていたので、そこからスチールを切り出してみた。ビデオと違い、ひとコマ切り出しても画が破綻しないのがシネマカメラの良いところ。会場案内と参加団体紹介のアナウンスが邪魔だったので、アナウンスを避けて編集してみた。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM