たまにはスチルなど。

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 20:32

 昨年はBMPCCを入手して、すっかり動画の真似事にかまけてしまっていたが、4/3やμ4/3のレンズが増えてきたこともあり、俄にμ4/3ボディへの物欲が高まっていた。そんな中、昨年は地元で展示された県の総文祭の写真展を見に、美術歴史館へ。

 昨年のポスターやパンフレットには、一昨年ムスコが撮った作品が使われていた。「自分の手を離れたところで増殖してるのが恐ろしい」とは本人談。さて、今回は如何に?・・・いや、前回同様いろいろな実験的な作品から見事なスナップまで、盛りだくさん。ムスコの写真部からも、最優秀で全国大会へひとり、そして優秀で九州大会へ数人。ムスコは組写真と単写真をひとつずつ出していた。

 その組写真が優秀賞で、今年は九州大会へ。今年は楯がついていたが、昨年に楯が欲しかったとこれも本人談。最優秀で全国に行った組写真とは激しく優劣を競ったらしい。全国に行った組写真は、佐世保の街角の落書きを白黒で撮った、なんだか日本離れした雰囲気のある作品だった。ちなみに前回も今回も、モデルは写真部員の同一人物。高校の頃、男3人で暗室にこもってごそごそ白黒現像などしてた我が身からすれば、実に恵まれた環境だと思う。

 で、こちらも負けられないと、市役所前でクリスマスからあったイルミネーションを撮りに。ストレートで撮ると灯りが寂しいので、道を隔てた市役所前の銅像を入れて、人形が見る夢、という感じに仕上げてみた。銅像に街灯があたっていたが、じゅうぶん露出をかけると灯りの色がとんでしまうので、露出は切り詰めておいて、天体画像処理で使っている手法、輝度マスクで明部を保護しながらレベル補正で暗部を持ち上げる方法でバランスをとってみた。

 機材はゾンビKissX2と100mmマクロF2.8を使用しているが、フレーミングが悪くてトリミング。銀塩の頃はフィルムの最周辺はプリントやスライドマウントで蹴られてしまうので視野率100%にはこだわらなかったが、デジタルになると100%活かせるので、KissX2の視野率ではどうしても不満が残る。というわけで、これが新たなる物欲案件へと繋がっていくのであった。

 で、近所の神社に初詣に行く途中、南西の空に幻日が出ていた。ネット上では彩雲だという声があったが、彩雲はもっと太陽間近の雲に色が付く現象のようで、日傘と同じ半径を持つこれは幻日が正しいようだ。彩雲だったら吉兆だが・・・まあこれも吉兆だと思うことにしよう。今年の我が物欲に幸あれ、じゃない。仕事も家族も安泰でありますように・・・と初詣をすませた。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM