惑星リハビリ。

  • 2018.06.23 Saturday
  • 22:21

 

 <撮影データ:2018年6月22日00:43:05〜,英ORION25cmF4.8,TeleVue5xBarlow,ZWO ADC,DBK21AU618As,1/30sec,30fps,90sec,2000コマコンポジット,ウェーブレット,最大エントロピー処理>

 

 先月から重い腰をあげて一昨年入手していた25cmニュートンの整備をして、ようやくまともな像を結ぶところまで到達した。整備中はクリニックの駐車場でテストしていたが、南西側の大型スーパーの熱気で気流が落ち着かず、ある程度の目処が立ったところで白木峰に出撃した。

 はじめは西に傾いた木星を狙っていたが、だんだんとシーイングが悪くなってきて、まともな像を結ばない。今回から新しく使っているFireCaptureの操作練習をして、最後に火星に向けて撮影。ADCの調整まではFireCaptureでしておいて、使い慣れたICcaptureで撮影した。

 25cmの集光力はさすがに強烈で、240倍でも眼視ではまぶしくて南極冠がなんとかわかる程度。モニターにはうっすらと大シルチスが浮かびあがってきた。処理してみたらこんな感じで、そこそこのシーイングと旧世代のカメラにしてはまあまあの像になったかと思うが、まだ25cmにしては不満が残る。おりしも火星は大黄雲が発生中。大シルチスの南半分からヘラス盆地にかけての輪郭がおかしいのはそのためだろう。もうすこし光軸を追い込みたい気もするが、先日はそこから狂わせて酷い目にあったし、どうしようかと迷っている。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM