寺町白黒散歩

  • 2018.07.03 Tuesday
  • 15:57

 土曜夕方、ムスメの用事で長崎へ。しばらく時間があいたので、フォクトレンダーのパンケーキ、カラースコパー28mmF2.8を片手に夕暮れの散歩を。

まずは鍛治屋町の奥、路地あるき定番のここから。

なんとなく異国風。

明治時代に、コレラ防疫のために石造りになった排水路。

そして寺町へ。奥に面白げな門が見えたので登ってみる。医王山延命寺。

唐人町や、妙相寺にも同じアーチ型の石門があった。ここは灯りが点く頃が面白いかも。

ここは光がなくて残念。陽が射している時間帯にまた撮ってみたいものだ

隠元和尚400年の垂れ幕がかかる興福寺。ほどよく摩滅した石畳に西日がさすと良い感じ。どうやら夏至の頃しか見られないようだ。

中島川・一の瀬川の合流点まで来てみた。桃渓橋は長崎大水害を生き残った数少ない石橋のひとつ。

かえりみちは中通りを。ここで白黒撮影するなら定番のここ。

最後は色をつけてみた。

 このレンズはフルサイズ換算45mm、使い慣れたローライ35の感覚で振り回すことができる。ときどきもう少し寄れればと思うこともあるが、8割ほどのケースはこれで充分。EOS80Dにしてからというもの、これを一番良く使っている。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM