大量コンポジット!

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 22:23

 7月14日夜は、久しぶりの新月期週末晴天。調整をすすめてきた25cmニュートンを持って、いよいよ火星本番とばかり、白木峰に出撃した。

 望遠鏡を組み上げて、さあ極軸をあわせよう・・・としたところ、トラブル発生。なんと電源が入らない。バッテリーは月曜に車載していたので、もう寿命かとがっかりした。初代の天文用バッテリーだったVoygerは10年近くもったというのに、次のLongのバッテリーは4年ほどで昇天し、3代目も同じLong、まだ2,3年しかたっていないはずだが・・・

 気を取り直して、パーツ箱をあさってシガーライターの分岐ケーブルを掘り出した。赤道儀の電源ケーブルは車からとっていた時期もあるので10mもある。問題はPCのほうで、ケーブルをピンと張って空中で結線し、窓から引っ張り出さないといけない。分岐プラグが宙吊りになるので、緩んでないか時々確認する必要があった。また厄介なことに、車のエンジンをとめた状態でバッテリーを使っていると、定期的に電源を落とされてしまうことがわかった。どうやらバッテリーが上がらないよう対策されているようで、そのたびに火星は写野から逃げ出し、あわてて導入しないといけなかった。

 そうして撮影した火星は、前半は1/30secの30fps、後半は1/60secの60fps、いっけんシャッタースピードが速くコマ数が稼げる後者のほうがよさそうだったが、いざ処理してみると、たっぷり露出がかかった前者のほうが結果が良かった。更に良い結果を得るために、今回はじめてWinJuposにチャレンジしてみた。90秒ずつ5本連続撮影していたので、それぞれ1500フレーム超をコンポジットし、ごく軽くウェーブレットをかけてWinJuposに取り込み、デローテーション合成した。それを更にウェーブレット、最大エントロピーをかけて、7516枚コンポジットの画像ができあがった。さすがにこれだけの枚数をコンポジットすると、かなり強い処理も受け入れてくれる。おかげで25cmらしい解像度を叩き出すことができたようだ。

 <撮影データ:2018年7月15日02:29:05〜,英ORION25cmF4.8,TeleVeu5xバーロー,ZWO ADC,DBK21AU618As,1/30sec×7516フレームコンポジット>

 上が南、ダストで汚れた南極冠と青白く輝く北極雲の対比が印象的だ。そして朝の地平にはオリュンポス山が暗い斑点になって見えており、その左上にはタルシス地方の巨大火山群が斜めに並んでいる。一方、中央上にあるはずの太陽湖は輪郭不明瞭。不規則な明部はダストストームのようだ。中央左には、明るいダストストームで満たされたマリネリス峡谷が見えている。そこから夕方の地平線にかけてはモヤモヤと埃っぽく、ダストストームに覆われているようだ。今回はたまたま連続撮影できていた動画を処理してみたが、これを15000フレーム規模にすると、更に強い処理ができるようだ。そのためには動画の撮影を計画的に行う必要があり、またカメラの解像力の限界にぶちあたるかもしれないが、火星が大きい間にぜひやってみたいものだ。

 そうそう、今回トラブったバッテリーだが、帰宅後に電圧をみるとしっかり12V出ていた。それなら10年以上使ってきたケーブルが怪しいと、数年ぶりに自動後退に入ったところが、シガーライターソケットはどれもリング状に青く光るものばかり。なんとか問題無さそうなのを見付けて、電源ケーブルを新調した。後日、白木峰で運用テストして、問題ないことを確認している。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM