R-140SS改造計画・誤算と感心。

  • 2018.08.26 Sunday
  • 21:44

 レデューサーコレクター改造材料のうち、Kenko ACクローズアップレンズNo.4とTリングが届いたので、さっそく工作してみた。

並べた材料のうち、左上が以前2インチ(Φ48mm)と間違えて購入したMALUMIのソフトフィルターをばらしたもの。隣がEOS用Tリング、そしてACクローズアップレンズNo.4、カニ眼は以前、EF300mmの改造に使ったもの。

Φ49mmのガラス部分は径46mm、レンズ押さえ環の内径は45mm、外径は48mm。レンズに1mm厚の枠を巻くとよいのだが、巻くのは面倒なので、厚手の両面テープと黒の樹脂板で3方向に支持具をつくった。これをTリングに落とし込んで・・・

Tリングのマウント内側は、レンズと押さえ環でちょうど埋まるくらいの厚みだった。先人の実験例よりもレンズをセンサーに近付けてみようという目論見は、結局叶わなかった。

工作で汚れたレンズ部分を、無水エタノールで拭きあげて工作終了。無水エタノールはレーザー機器の清掃用にストックしているのですぐに使える。そしてできあがったレデューサーコレクターは、まるで既製品みたいな仕上がり。 Tリングのマウント内側のネジがΦ49mmフィルターのそれと同じ規格であることを見いだした先人に感謝。あとは、これを実際にテストするだけだ。果たして数珠状ゴーストは消えるのか。そして球面収差は許容範囲内か?コマ収差の量は?・・・まだあれこれ問題山積だが、その前に腰をなんとかしないといけないだろう。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM