小型軽量にやられる。

  • 2018.09.09 Sunday
  • 19:51

 先日入手したGM1Sをムスメに持たせているが、いったん味わった小型軽量ボディの魅惑を断ち切ることができず・・・結果、こうなった。

 GM1Sを入手したときは、比較検討して高さが5mm増えるのと、背面液晶がすこし小型になるので中途半端だと思われたGM5だが、よくよくみるとファンクションボタンがひとつ増えているし、やはり老眼にはEVFがあったほうが何かと便利ではないかというわけで、今回はGM5にした。前オーナーが純正のグリップとアイカップ、そしてサードパーティーのサムレストを装備して、サブボディに使っていたということだ。偶然、前オーナーも銀塩の頃からのOM遣い。やはり小型軽量の魅惑に抗することは難しいようだ。

 前オーナーもボディキャップ魚眼を常用されていたということで、さっそく使ってみる。ボディキャップレンズのシリーズはもともとパンフォーカスで使うもので、近接時のピント合わせは難しいといわれている。しかし、GM5は背面ダイヤルを押し込むだけで拡大表示にできるので問題ない。寄れる対角魚眼は魚眼らしくない画が撮れるので面白い。

 ファンクション1には、デフォルトのWiFi接続を割り当てておいて、ファンクション2にはフィルター効果選択を割り当てた。せっかくのフィルター効果を、浅い階層で呼び出せるようにすると何かと便利だ。枯れた花をラフモノクロームで。

 そして、常用レンズを何にするかで悩んだ。ひとつはPanaの14mmF2.5、もうひとつはオリの14-42F3.5-5.6だ。前者は薄くて絞りを開けばそこそこボケてくれそうで、換算28mm単焦点なので迷いがない。GRIIの画角と同じでもあり、スナップシューターとして魅力的ではあったが、結局は後者にした。1.5絞りほど暗く、更にAPS比では更にひと絞りぶん被写界深度が深くなる。ズームは保険として、いちばんの理由は、オートレンズキャップだった。GM1Sを運用していても、キャップを外すひと手間はかなり面倒で、それより沈胴レンズを繰り出す時間のほうが短いから、全体的な速射性は向上すると思われたからだ。

 しかし、深夜徘徊になると、どうしてもFの暗さが災いして、ぶれてしまう。傘もさしながらなのでなおさらだ。

 街灯がある場所だと、そうでもないのだが・・・夜になると向こう側が動き出して、境界線に亀裂が入るという雰囲気か。ちなみに自宅近くの寺の塀だが、慣れ親しんだ場所なので怖さはない。

 レンズキットにも使われるパンケーキズームなのに、けっこう寄れる。そしてフォーサーズの被写界深度の深さは、接写時の扱いやすさにつながる。葉っぱの毛もきれいに描写されているあたり、キットレンズとしてはじゅうぶんな性能かと。シネマカメラと同時撮影で、どうしても荷物を減らしたいときは、レンズを共有して劇的に軽くまとめることができそうだ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM