21P/ジャコビニ=ツィナー彗星の最盛期

  • 2018.09.20 Thursday
  • 14:49

 9月中旬の連休、月まわりも良く、ちょうどジャコビニ=ツィナー彗星が見頃を迎えているので、小長井のいつもの場所に出撃することにした。

 彗星はちょうど双子座の足元にいて、周囲に星雲星団が点在しているので、まずは200mmF2.8で広視野撮影を。はじめは20cmアリガタの両端に雲台をつけて、それぞれカメラとペンシルボーグを載せようとした。ところがワッシャーやネジ類が入った箱を降ろしてしまっていたので、うまく取り付けることができない。スライディングプレートを引っ張り出してみたが、これも駄目。結局はいつも通りにR-140SS改IIを載せて、ペンシルボーグの代わりにカメラを載せることにした。ここまででだいぶ手間取ってしまい、彗星は高く昇っている。

 この組み合わせでは、R-140SSの焦点距離500mmがガイド鏡になる。明らかに過剰性能で、試写してみると、シンチレーションを拾うためか、ガイドが安定しない。仕方ないのでISO3200で60秒露出に切り詰めた。

 <撮影データ:2018年9月16日03:41:36〜,CanonEF200mm1:2.8L(f2.8),EOS600Da(ISO3200,60sec,16コマコンポジット,LPS-P2)>

 緑のコマからダストテールを伸ばしている21Pのすぐ北に、M35とNGC2158の散開星団コンビ。中央左には超新星残骸のクラゲ星雲、右下にはHII領域のモンキー星雲と、多彩な天体があつまった。翌日にはモンキー星雲のすぐ北まで移動するようだが、全体的なバランスとしてはこちらのほうが良さそうだ。

 当初の撮影予定はこれだけだったが、薄明まですこし間があるし、せっかくR-140SSを載せているので、直焦も撮ってみた。ところがガイドが暴走したり、8コマ撮ったかと思えばノーフィルターだったりして満足いくものにならず、ついでに懸案事項の数珠状ゴーストの原因検索を兼ねたレデューサーコレクターのテストをしたりして、最後にHEUIB-IIをつけた直焦を撮ったときは薄明が始まっていた。

 <撮影データ:2018年9月16日04:58:35〜,R-140SS改II(d=140mm,F3.06),EOS600Da(ISO3200,60sec,4コマコンポジット,HEUIB-II)>

 薄明のため、4コマしか撮影することができなかったが、彗星の明るさに助けられてそこそこの画像になった。このあと、スカイフラットとダークを撮影して日の出直前に撤収した。

 今後は月も明るくなってくるし、21Pも次第に暗くなる。7.2等の彗星が最近でいちばん見応え在るというのも困ったものだ。冬のウィルタネン彗星には頑張ってもらわないと。

 おまけ画像。16日の宵、月と4大惑星の位置関係が良かったので、クリニックの駐車場から急遽撮影。魚眼をとってきて、開けた場所に移動して、三脚をたてて・・・としていたら金星が沈んでしまうので、レンズや前景を選ぶ余裕もなかった。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM