R-140SS改造計画・レデューサーコレクターの比較検証

  • 2018.09.20 Thursday
  • 15:09

 9月16日に21P/ジャコビニ=ツィナー彗星の直焦撮影をしたとき、画面隅にいつもの数珠状ゴーストが出たので、ちょうど良い機会どばかり、先日から工作していたレデューサーコレクターのテストを行った。まずは画像から。

 

1)『組立望遠鏡』対物レンズ(アクロマート・f.l.=273mm、たぶんノンコート、ケント紙枠)

 まず全体像では、左下に大きく数珠状に連なるゴーストが出ている。また、ピクセル等倍では、火星シフトで最近放置していたため、光軸がずれている。Web用に縮小した画像では目立たないが、星像がきれいな丸になっていない。しかし贅沢いっても始まらないので、これを評価基準用の画像とする。

 

2)Φ39mmクローズアップレンズNo.4(単レンズ・f.l.=250mm、マルチコート、ケント紙枠)

 こちらはレンズが単レンズになるかわりに、マルチコートになった。レンズの位置は1)と変わらない。ゴーストは相変わらずなので、まずノンコート面の反射やレンズ接合部のコバが塗れていないことが原因ではなさそうだ。ピクセル等倍画像では、中心像はわずかに甘く、周辺の収差も大きくなっている。それより色収差が目立つのが難点だろう。

 

3)ACクローズアップレンズNo.4(アクロマート・f.l.=250mm、マルチコート、Tリング組み込み)

 こちらはレンズの焦点距離とコーティングは2)と同じ。アクロマートであることは1)と同じ、レンズの位置はTリングの中なので、たぶん1cmほど対物寄りになっている。全体像でのゴーストはまだ残っているが、だいぶ減った。これはレンズ枠の違い(ケント紙枠が無い)によるものかもしれないが、先のエントリーであげた画像はすこし構図を変えただけでゴーストがなくなっており、この画像でもたぶん微妙な構図の違いによる変化ではないかと思われる。となると、ケント紙枠もゴーストには関係ないということになる。一方のピクセル等倍画像では、中心像は2)同様、1)よりやや甘く、周辺像も1)より乱れている。光軸修正をすればだいぶ良くなると思われるが、それでもシャープさでは1)に劣るだろう。また、光軸のずれにも敏感そうだ。

 

 こうしてみると、1)のレンズの優秀さが改めて感じられる。レデューサーコレクターのレンズは現状のまま1)で行くとして、今後の改造の方向性が見えてきた。

 まず、レデューサーコレクターの枠を作り直す。できるだけ反射をおさえるために黒ケント紙を遣い、更にユニポスカで塗装する。現行のレンズ枠は、マウント側にMFAフィルターを装着するためにフィルター枠の厚みのぶんレンズ押さえ環が厚い。これを改良すれば、レンズを更に2mmほどセンサーに近付けることができる。以前のテストではマウント面ベタ置きと違いがわからなかったが、枠を作り直すのなら改良するほうがすっきりする。

 次に、ゴースト対策。これは現状では決め手が無いが、レデューサーコレクターが原因ではないとなると、少しは気が楽になる。現在いちばん疑っているのは、補正板のコバ。一応塗ってはいるが、砂目にはなっていないのでツヤがある。すこし口径が勿体ないが、現状の14cmを13cmに絞って試してみようかと思っている。相対的に斜鏡の遮蔽が大きくなるが、それでもε130と同じなので大きな問題にはならないだろう。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM