11月中旬、いまだ底みえず。

  • 2018.11.26 Monday
  • 22:07

 <2018年11月11日13:50:01撮影>

 <2018年11月13日13:00:30撮影>

 <2018年11月14日13:18:49撮影>

 <2018年11月15日14:02:48撮影>

 <2018年11月19日15:33:34撮影>

 この期間中も、小さいプロミネンスがちらほらと見えるばかりで静かなものである。17日に西半球低緯度に活動領域が現れたが、電線にかかっていたので待っているうちに雲に隠れてしまい、撮影できず。19日の画像でも西縁近くに見えているはずであるが、コントラストが上がらないせいか、描出できなかった。

 国立天文台から10月の太陽活動状況のまとめが発表されていたが、太陽活動はまだまだ下降しつつあり、以前の記事では来年といわれていた極小の時期も、まだ不明という表現になっていた。前周期の極小もすこし遅れて、11年とされていた周期が13年になっていたようだし、今度の極小もどこまで引っ張るか興味深いところだ。最近、あまりの変化の無さにモチベーションが下がりつつあるので、気を引き締めて修行しないと。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM