11月終盤の太陽・・・活動領域は出たけど・・・

  • 2018.12.01 Saturday
  • 19:21

 <2018年11月20日13:11:24撮影>

 <2018年11月22日13:46:52撮影>

 <2018年11月24日13:18:59撮影>

 <2018年11月25日14:39:14撮影

 <2018年11月29日12:54:49撮影

 <2018年11月30日12:58:25撮影

 相変わらず、高緯度に小さいプロミネンスがちらほら見えるだけの日々。彩層面にはポーラークラウンフィラメントすら見えない。 ところが24日になると、子午線のすぐ東側に明るい活動領域が出現した。この活動領域、画像の方位合わせに参照している米国立太陽観測所の画像では数日かけて西縁までおいかけることができたが、私の望遠鏡では翌日には眼視でやっとわかる程度で、その後は見失ってしまった。さすがにこれだけ稼働しているとブロッキングフィルターも劣化してしまうようで、フィルターを交換したら写りがよくなったとの情報もある。新しい活動周期に入ったら、それにあわせて新調しようか。それとも予め新調しておいて、周期の途中で撮影条件が変わらないようにすべきか、あれこれ迷いがある。

 そして29日には、北東縁でこの時期にしては大きなプロミネンスが立ち上がった。たぶんポーラークラウンのものだとは思うが、翌日になっても頂部がはっきり見えているほどだ。久しぶりにダークフィラメントが見えるかもしれない。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM