年初の星見、出撃したけど・・・

  • 2019.01.10 Thursday
  • 17:06

 1月2日の夜、今年初回の星見は小長井のいつもの場所に出撃した。最初の課題は、DEF Guiderというオートガイドソフトのテスト。これは最大16個のガイド星を使うマルチガイドを行うもので、シンチレーションや雲の影響を受けにくくなるというもの。使用法が比較的煩雑なので、手順書をみながら作業を進めたが、キャリブレーションのステップが大きすぎて躓いた。どうやらペンシルボーグでも長すぎるようだ。

 ここまででかなり時間を浪費しており、オリオン座はすでに南中を過ぎて、市街光の影響を受け始めていたが、まずは分子雲のテスト撮影。ISO3200の5minで枚数を重ねたが、ときおり薄雲が通過するためコントラストが悪い。諦めてまだ明るいウィルタネン彗星に移動した。

 <撮影データ:2019年1月3日01:10:09〜,R-130SS(d=130mm,F3.29),EOS600Da(ISO3200,180sec,14コマをコンポジット),AstroLPR Type-1,トリミング

 こちらはまだ5.5等。先月はごく淡いテールが出ていたというので思い切って暗部を強調してみたが、どうもよろしくない。ただ、コマの光度分布をみていると、尾が出ていそうな気配だけは感じられる。

 <撮影データ:2019年1月3日02:06:03〜,R-130SS(d=130mm,F3.29),EOS600Da(ISO3200,180sec,8コマをコンポジット),AstroLPR Type-1,トリミング

 そこで、尾を写すという欲望を満たすべく、ステファン=オテルマ彗星に移動。こちらは昨年11月以来の撮影だが、ずっと9等台を保っており、しっかりした尾を確認することができる。薄雲のため撮影枚数を稼ぐことができず、ISO2100の8コマコンポジットだと背景が荒れてしまったのが残念だ。

 そうこうするうちに、オリオン座も西の五家原岳の稜線にかかってきた。03:54でこれだから、諫早市街地も明るくなったものだ。本当は明け方まで撮影したくて、珈琲やスープやあれこれを持ってきていたのだが、気温が低くてアルストに点火できないという大失敗をしてしまった。夏場はずっとイグナイターの火花だけで点火できていたので油断していたのだろう。バックアップのライターが無い。途中コンビニに寄ってはいたのだが、どうせ珈琲を沸かすからと温かい飲料を調達しなかったのが裏目にでた。懐炉はあったが寒さに負けて、あえなく撤収。今度はしっかり準備するようにしよう。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM