25cm惑星用ニュートンの工作(3)

  • 2020.07.18 Saturday
  • 21:40

 採寸ミスで作り直しになったプレートの切り出しを行った。まずは6枚揃ったところで片面だけ固定して仮組してみたが、やっぱり少し寸法が合わない。これ以上の精度を出す自信も能力もないので、6組のプレートのうちの最後の1箇所を現物合わせでつくることにした。

 穴なしの現物合わせ用プレートも含めて切り出し、12枚は3.5mm穴にして、残り12枚にM3タップでネジ山を切った。

 連結プレートは1mm厚、アングルは1.2mm厚なので、スペーサーをかませて強度を確保する。

 まずはひと組み。ベアリングの厚みが10mmで、コ字アングルの内寸とぴったり合うのが今回のプランのキモ。ベアリングに穴を開けなくてもしっかり保持することができる。

 しかし、連結プレートの角は凶悪。現物あわせで罫書いてから・・・

 金工ハサミでカット。仕事で切っている骨折固定用のアルフェンスシーネよりも薄いので問題なし。

 これで暗闇で触っても怪我しないですみそう。

 もうひと組みはベアリングがすこし厚いのか、なかなか奥まで押し込むことができず、調整無しで組み立てることができた。次は、このふたつを連結して、アリガタプレートに固定する工程になる。いちばん強度に不安があるところで、目論見通りにいけるかどうか微妙なところ。不足している工具もあるので、取り寄せている間に構想の細部を再検討しようと思う。

25cm惑星用ニュートンの工作(2)

  • 2020.07.15 Wednesday
  • 13:00

 少しずつ、これまでの工作能力を超える課題が出てくる。次はコの字アングルの切断。罫書いておいて、ダイヤモンドカッターで溝をつけ、金のこで溝を深くする。力むと線がずれるので、軽くあてるだけで気長に挽いてみる。

最後は金属疲労で折りとって、ヤスリがけ。これくらいの精度で揃えばじゅうぶんだろう。

穴開けは、0.5mmほどの誤差が出たかも。

のこりは先に穴開けまで済ませておいて・・・

切断とヤスリがけ。精度は前半のと同じくらい。

M3ボルトナットを調達して、さっそく仮組してみたが・・・

微妙に余ってしまった。アングルの長さか、連結プレートの穴の間隔か、どちらかがおかしい。

これまでベアリングの円弧を基準に作図していたが、どうやらコンパスのスパンぎりぎりだったので、誤差が出ているようだ。バンド外周のみの寸法で作図したら、連結プレートの穴間隔が広すぎたらしい。船長っさんからはアングルの1本だけを現物合わせにしてみてはとのアドバイスをいただいたが、アングルが不等長になるのもどうかと思ったので、プレートを作り直すことにした。

日食過ぎて・・・

  • 2020.07.15 Wednesday
  • 12:41

 <2020年6月22日12:51:35撮影

 <2020年6月23日12:44:16撮影

 <2020年6月24日12:51:15撮影

 <2020年6月26日13:14:20撮影

 <2020年6月28日13:48:54撮影

 部分日食が過ぎて、太陽はまた静かになった。小さいプロミネンスやダークフィラメントがちらほらと見える程度だが、劣化したフィルターでは描写するのが難しい。梅雨のせいもあり、モチベーション下がることこの上なし。梅雨が明ける頃には第25周期の活動が上向きになっていてほしいものだ。

活動領域。そして部分日食。

  • 2020.07.02 Thursday
  • 15:43

 <2016年6月10日12:38:26撮影

 <2016年6月16日12:47:40撮影

 <2016年6月20日13:22:24撮影

 <2016年6月21日17:09:55撮影

 南半球の活動領域は6月10日には子午線に到達し、前日より少し衰えたような印象。その後は天候に恵まれず、16日には見えなくなっていたが、梅雨だから仕方が無い。日食を翌日に控えた6月20日の状態は気になるところ。校正用に使っている米国立天文台の画像では北東縁近くに微小な活動領域ができているが、ブロッキングフィルターの劣化のためとらえることができない。

 そして21日。いよいよ部分日食。午前中から午後早い時間帯までは曇っていたが、食の時間が近くなると急速に晴れてきた。近場で低空まで眺望が良いところとなると、やはり白木峰。先客がひとり、望遠鏡を撮影用と観望用の2台セッティングしていたが、こちらはいつもの太陽望遠鏡。友人も合流して、食の終盤までのんびりと楽しんだ。惜しむらくは、アルコールストーブの付属品を忘れていって、せっかくの野外珈琲をできなかったこと。大草の琴ノ尾岳山頂には長崎近辺の星仲間が集合していたようで、あちらはぬかりなく珈琲もあったようだが、最大食分の17:09から後半は雲につかまっていたようだ。長崎市内では全くといってよいほど見えなかったようで、白木峰ではちょうど梅雨前線の雲域の北ぎりぎりにぬけていたのが幸いした。

 いい加減な撮影なので、不等間隔になっているが、彩層画像を重ねて月の影の移動を出して見た。影はそれぞれ右から16:26:50 ,16:38:14 ,16:51:12 ,17:08:11,17:24:45 ,17:33:59 ,17:50:26の撮影分で、6枚目だけ撮影中にカメラが回転したので4枚コンポジットになっているが、他は8枚コンポジットにしている。月が太陽の手前を右から左に横切っていったのがよくわかる。

 そしてこれも定番の、月の影あぶりだし。月を基準に位置合わせしたので、太陽は左から右に移動したことになる。もうすこし食分が深ければ面白い画になったのではないだろうか・・・

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM