R-140SS改造計画・そろそろ実戦かな?

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 22:15

 9月半ばの連休は台風と出張が重なり、1泊2日のはずが2泊3日に。帰りは連休最終日の夕方になってしまった。日中は台風一過の晴天だったので、条件は良いだろうと踏んで白木峰に出撃。

 思っていたより抜けが悪く、湿気でべたべた。おかげで南西方向は光害かぶり。AT-X116を11mmF2.8で、ISO1600,29秒露出5枚を恒星基準でコンポジットしてみたら、なんとか重なってくれた。これが8枚になったら写野回転を吸収できず、うまく重なってくれないようだ。

 抜けが悪かったので、R-140SS改IIにはAstroLPR Type1をつけて、ケフェウス座のゾウの鼻を狙ってみた。ところが途中でPHD-2がフリーズしたり、ガイドが暴走したり。おまけに10分露出にしようとしたら流れたり、パラメーターをあれこれいじって、いざ撮影にかかったら雲がきてアウト。

 ISO1600で、とれたデータは10分と6分20秒しかなかったが、口惜しいので処理してみた。RAP2で色とレベルをあわせて、ダークはないので輝点黒点除去を2回ずつかけて、ステライメージでコンポジット、周辺減光を簡易補正、フォトショップのグラデーションマスクでミラー切れを補正、チャンネルマスクで赤成分を強調、NicCollectionで微調整。こうしてみると、枚数さえ多ければダークは要らないんじゃないかと思えてくる。

 今回はっきりしたのは、1等星じゃなくても近くに明るい星があると、右上の環のようなゴーストが出るということ。レデューサーフラットナーのコバ塗りと、まわりのつや消し塗装が急務である。それから、フリーズしたと勘違いしたPHD-2を落としたときに暴走したということ。暴走の原因にはDynaBookとPHD-2の相性の関係があるのかもしれない。これまで何度か挑戦して、まだうまく撮れたためしがないゾウの鼻、近いうちにリベンジしたいものだ。

 

再び静かに・・・

  • 2017.09.15 Friday
  • 19:27

 <2017年9月9日13:17:03撮影>

 

 <2017年9月12日27:05:00撮影>

 <2017年9月13日12:59:41撮影>

 2673群は9月10日には西縁で見事なループプロミネンスを噴き上げ、更に11日にはまたおおきなフレアを起こして多重のポストフレアループをみせてくれたらしい。らしい、というのは、10日は体育祭で、11日は雨でどちらも欠測になってしまったからだ。12日には2673群の名残はなく、東半球の2780群が孤軍奮闘している程度だった。

 そして13にちは、薄日がさすくらいの雲越しで、眼視でかろうじてスピキュールが見えるかどうかといった程度。フィルターの透過域調整も半分ほどは外してしまっていたが、翌日から台風絡みでしばらく撮影できそうになかったので、フォトショップの練習がてら、グラデーションマスクを使いながら乗算も繰り返して強引に処理してみた。

 台風が来るのは日曜日。この調子では1週間ほどは欠測になってしまいそうだ。次にみるとき、2680群がどうなっているか楽しみだ。

フレア!

  • 2017.09.08 Friday
  • 23:37

 <2017年9月8日12:39:24撮影>

 <2017年9月8日12:43:58撮影>

 朝の撮影ではフレア不発だったので、昼休みにも望遠鏡を持ち出した。とはいっても、フレアはわずか数分オーダーの現象だ。撮影にかかる時間は1セットあたり正味10分ほどなので、実際にフレアに遭遇できるかどうかはまったくの運に頼るしかない。いつも通り眼視でフィルターの透過域を慎重に合わせ、カメラをセットして撮影する。そのあとにもう一度眼視にして、フレアやサージなど突発現象がないか、一応確認する。このときも同じ手順だったが、すこし時間があったので、最近めったにない景色をじっくり眺めていた。

 と、2673群のプラージュの一部がすこし明るくなったような気がした。黒点のすぐ際に、プラージュと同じくらいの明るさではあったが、小さい光点が見えている。まさか、都合良くフレアじゃなかろうとたかをくくって見ているうちに、光点はだんだん明るくなってきた。確認のためにフィルターの透過域をHαからずらして赤色光にしてみても、光点ははっきりと見えている。これはフレアに間違いないと判断して、急いで透過域を調整。光点はすこし長く伸びたようだ。アダプターをつけて、慌ただしく撮影。ここで正確な時間を見ようとしてiPhoneを部屋から取ってきてからまた覗いたときには、既に光点は無くなっていた。

 今回はどうやらごく小規模だったようだが、フレアであることには間違いない。夕方にも眼視で確認したところ、フレアこそ見当たらなかったが、2673群はプラージュが複雑で明るく、まだまだ元気がありそうだ。西縁までもうすぐだが、きっとぐるっとまわって東縁から再帰してくれるに違いない。

2673群大化け!

  • 2017.09.08 Friday
  • 23:21

 <2017年9月1日13:10:41撮影>

 <2017年9月2日08:00:27撮影>

 <2017年9月5日17:03:21撮影>

 <2017年9月6日16:36:43撮影>

 <2017年9月8日07:57:47撮影>

 東縁からでてきた2674群は最近ではまれに見るほどの大きさで、プラージュも複雑な形状。西縁に達するまでの2週間ほどのうちに、もしかするとフレアに遭遇できるかもしれないと期待が高まる。8月下旬からずっと晴れが続いていたが、9月3日は雲仙山歩きのため撮影できず、4日は久しぶりの雨で欠測となった。そして5日。昼休みまでは雨だったが、午後になって晴れ上がり、外来の切れ間を利用して2階の窓から撮影しようとして驚いた!小さかった2673群が大化けしている。プラージュの明るさは2674群とは比較にならないほど。黒点群も、西縁の2675,2676群から、大きな2673,2674群、そして東半球の2677,2678群と6つの群が一度に見えている、久しぶりに壮観な眺めになっていた。

 翌6日にもこの勢いは続いていて、細いひび割れのようなプラージュがうねっている。これほど活発な群を見るのは久しぶりで、いつフレアが起きてもおかしくないと期待していた・・・・ところが、この日の18:10と21:00過ぎに大きなフレアがあったらしい。なんでも11年ぶりで、今周期では最大ということだ。21:00のはともかくとして、18:10のは見たかった!

 7日は終日雨だったので、8日朝から待ちきれずに撮影。2673群はまだまだ明るく元気がありそうだ。しばらくは目が離せそうにない。というわけで、昼休みにも撮影することにした。

27年ぶりの雲仙普賢岳。

  • 2017.09.07 Thursday
  • 17:22

 夏の終わりに、久しぶりに普賢岳に登りたくなった。最後に昇ったのが平成2年秋、噴火がはじまる2ヶ月ほど前。妙見岳から紅葉茶屋に降りる途中、火山ガスがかすかに臭ったので噴火するんじゃないかと冗談を飛ばしていたのを憶えている。その頃には火山性地震が橘湾から普賢岳直下に移動し、噴火するかどうかではなくいつ噴火するかという状態だったということは、後で知ったことだった。

 その後、10年ほど前にロープウェイで妙見に登り薊谷に降りてくるコースを歩いたことはあったが、平成新山をもっと近くで見たいという思いはずっと燻っていた。

 家を出るのが遅くなったので、11:20に仁田峠発。以前は妙見を徒歩で登ってから国見まで縦走、そこから紅葉茶屋に降りるコースを好んでいたが、スタートが遅くなったので今回はパス。薊谷から紅葉茶屋を目指した。

 薊谷の奥の登りで情けないことに息が上がる。紅葉茶屋には12:00着。日頃は運動不足なので、脱水に気をつけてここでたっぷり水分補給。

 最近、地図を持たずに低山で遭難したヒトのブログが炎上していたので、防火対策に地図をパチリ。27年前までは、この地図では右上端の鳩穴分かれから東斜面の普賢池、霧氷沢を通って普賢岳、南東斜面の普賢神社を経由して薊谷に抜けるコースを歩いていた。時間は押していたが、紅葉茶屋から普賢岳への直登は急なのと、平成新山にもっと近づきたかったので北回りのコースを選択。普賢岳頂上は14:00頃と見当を付けた。

 今回は、トレッキングポールを1脚にして、BMPCCにフォーサーズの9-18mmズームをつけた装備の運用テストが主目的なので、スチールの記録は少ない。風穴やこのヤマグルマなど、ジオパークになったためか説明版が充実していた。妙見カルデラは知っていたけど、立岩の峰ドームは初めて知った。妙見カルデラも爆裂火口とばかり思っていたら、どうやら山体崩壊のようだ。まるでセントヘレンズの大噴火みたいなことが2万年前にあったということか。

 その立岩の峰ドームの北斜面に貼り付いたヤマグルマ。ここを過ぎると北の風穴、鳩穴分かれまでもうすぐ。

 鳩穴分かれから先、立岩の峰の東斜面に続く道は封鎖されていた。仮に進んでも、この先で平成新山の下に埋まっているのだが。背丈より少し高い木々の間から、平成新山の斜面がすぐ近くにのぞいていた。

 以前は急登が少ない楽なコースだったが、ここからの新コースは立岩の峰ドームへの直登。あしもとにセンチコガネが。まさに黄金色。糞を食べるとは思えないほどの美しさ。ああなるほど、餌も黄金色か。

 パン皮火山弾は、たぶん平成新山から飛んできたのだろう。さがせばあちこちに落ちているはず。

 ようや立岩の峰ドームの上に出た。盛り上がったのは歯磨き粉のような溶岩だったので、ドームとはいっても頂上は平面。塔のような岩があちこちにそそり立っている。このあたりの植生はいちど噴火で全滅したということで、現在は背丈をすこし超えるくらいの低木が生え揃っている。ドームにもうっすらと緑がひろがっていて、この岩だらけの姿を見られるのももうしばらくかと。

 少ないながらもあちこちに花が咲いていた。これはアジサイのようだが・・・

 霧氷沢におりると、ここでも行き止まり。周囲の溶岩には隙間が多く、風穴があるのだろうか、涼しい風が吹き通るところもあった。

 すこし歩いて普賢の頂上。上から「みゃ〜」と音がするので何だろうと思っていたら、ドローンを飛ばして登頂記念撮影をされているところだった。ちょうど14:00、見積もり通りの所要時間。

 荷物から珈琲セットを取り出して、遅い昼食を。ストーブはいつもの自作アルコール、風防と水のボトル、キャリーマグ以外はぜんぶケトルの中に入るので意外と嵩張らない。水は日本薬局方精製水のボトルに入れてきたが、開けるときに炭酸でも入っているかのように「ぷしゅ」といい、帰って片付けるときにはすこしへこんでいた。久しぶりに気圧の差を実感。

 山頂に人がいなくなったのを見計らって、ケーナを吹いてみる。あたりには渡りを控えたツバメが群れていて、動画を撮ると時々背景を横切っていく。

 ツバメにしてはシルエットがおかしいなと思ったら、こんどはアゲハチョウ。

 下ってきて紅葉茶屋に到着。ここまでの間は画像無し。30年以上通ったことがなかったのですっかり記憶にもなく、降り口らしいところがもうひとつあったので、道を間違えてはいないかと心配だった。時々GoogleMapとGPSをみて、道の表記はなくても紅葉茶屋に下る尾根を外していないことは確認していた。

 薊谷の奥の急坂をくだると、あとは散歩みたいなもの。しかしすっかり膝が痛くなってしまい、トレッキングポールの偉大さを感じながらゆっくり歩く。

 薊谷で野鳥やさんが撮影しているのを横目でみながら、15:50すぎに仁田峠に帰着。27年前と比べると脚力が落ちたのは仕方ないとして、内容的には満足することができた。今度はタイミングが合えば紅葉の頃、妙見岳からのぼってゆっくり一周したいものだ。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM