プチ物欲と成果。

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 23:16

 仮装武器市場を何となく巡回していて、ふとあるフィルターが物欲大佐のアンテナに引っかかった。OPTLONGのUHC-Eというもので、残り7時間というのに猛烈に安い。調べてみると、現在使用中のAstroLPR Type-1に似た性質だが、緑と青の透過域をかなり絞ってあることがわかった。

すこし荒いが、透過曲線を重ねてみた。黒がAstroLPR Type-1、青がUHC-Eである。Hαを含む赤色域ではほぼ同じ特性だが、緑はOIIIにあわせて、また青もかなり鋭く絞っていて、AstroLPR Type-1と比べると彗星の描写は劣るかもしれないが、気になる青被りをだいぶ軽減できるのではないかと思われた。物欲大佐はさっそく参戦して、首尾良く格安で撃墜。これが土曜の昼に着弾したので、そのまま装備して、夜に小長井のいつもの場所に進出した。

 当初は水瓶座のらせん星雲を狙おうと思ったが、南のほうから断続的に雲が広がってきて、どうも良くない。そこで北西のはくちょう座に転進して、網状星雲を撮ることにした。まずは東のNGC6992。今度は北からも雲が流れてきて、ぎりぎりで写野にかかるかどうか、きわどい状態。5コマ撮ったところで暴走し、なんとかおさめて16コマ追加することができた。

 <撮影データ:2018年10月13日22:28:14〜,R-140SS改IIb(d=130mm,F3.29),EOS600Da(ISO3200,180sec,16コマコンポジット,OPTOLONG UHC-E

 これがフィルターの効果だろうか、PCのモニター上でもやたらと色彩が豊かだった。処理してみるとこんな感じ。赤と青のフィラメントが繊細に絡み合って、すこしいじるだけで満足できる仕上がりになった。

 <撮影データ:2018年10月13日23:46:22〜,R-140SS改IIb(d=130mm,F3.29),EOS600Da(ISO3200,180sec,10コマコンポジット,OPTOLONG UHC-E

 次は西半分、NGC6960。はくちょう座52番星に重なって面白いが、形そのものは東半分のNGC6992のほうが面白い。ところが、モニターの隅にガスの塊が見えたので、急遽構図を変更して撮影。まちがいなく北西側にも星雲がある。これまでは写野が狭かったり、カメラの性能が低かったりしてまったく意識していなかった、NGC6979だった。処理するときに赤を強調してみると、そこから南にむけて、フィラメントや淡いガスがひろがっているのが浮かび上がってきた。この画像では、左上の隅に円弧状のゴーストが出ている。たぶん52番星が光源だろうが、なんとかならないものだろうか。

 AstroGPSでは26時前頃から曇る予報になっていたので、残り時間はわずか。スカイフラットは曇ってから撮れば良いので、もう1対象いけそうだ。らせん星雲は市街光の中に沈んでいたので、ちょうど南中過ぎのNGC253に決めて、すでに市街光の影響を受け始めていたので、フィルターもそのままで撮影した。

 <撮影データ:2018年10月14日00:58:37〜,R-140SS改IIb(d=130mm,F3.29),EOS600Da(ISO3200,180sec,15コマコンポジット,OPTOLONG UHC-E

 この銀河は大きいので短焦点でも様になる。いつか撮ってみたいと思いながらも低空のためなかなか撮れずにいた対象だ。色調はまだ改善の余地あるが、いちおう中心部と腕の色の差も見えるし、この焦点距離ではこんなものだろう。そのうちオライオン25cmで狙ってみたいものだが、そのためにはオフアキなんかも調達しないといけなさそうで、また風の影響も受けるだろうし、どうしたものか考え込んでしまう。

 今回の新月期の画像は、これでおしまい。ここですこし気になったので、網状星雲の東西をつないでみた。

 それぞれコンポジット枚数も処理も異なり、おまけに構図も縦横ばらばらだが、つないでみたらこんな感じになった。こうしてみると、この鏡筒の歪曲収差はそれほど影響無さそうだ。もう季節が遅いので今年は無理だが、来年は計画して網状星雲の全体像をモザイクにしてみようかと思う。

新月連休は星三昧。

  • 2018.10.14 Sunday
  • 15:31

 新月期の週末、しかも連休に晴れたので、連日の出撃となった。

 まずは日曜夜、翌日も休日だったので、思い切って小長井へ。事前のテストで片方の隅の星像が肥大していたので、微調整しようとしたのだが、主鏡をいじってから光軸修正用具を置いてきたのにきづき、万事休す。それでも星像の大崩れはなさそうだったので、あれこれ撮影してみた。

 <撮影データ:2018年10月08日03:33:26〜,R-140SS改IIb(d=130mm,F3.29),EOS600Da(ISO3200,180sec,8コマコンポジット,HEUIB-II)

 写野がすこし広くなったおかげで、カリフォルニア星雲も余裕で収まる。北側の分子雲を南側の輝星が吹き払いつつあるところで、ちょうど凹凸がある天井を、反逆光で見ていると考えると立体構造が掴みやすい。そして、じっと見ていると、なんだかアオリイカみたいに見えてきた。中央上の黒点が目玉、右に胴体があり、左に脚をのばしている。そういえば、だいぶ長いこと美味しい烏賊を食べていないことを思い出した。

 <撮影データ:2018年10月08日04:09:42〜,R-140SS改IIb(d=130mm,F3.29),EOS600Da(ISO3200,180sec,6コマコンポジット,HEUIB-II)

 そして日曜夜(月曜明け方)のおわりはM45。こちらもちょうど良い収まり具合になったが、左下には数珠状ゴーストがあり、そして目立たないながらも、アルキオネの両脇など補正板ゴーストが星雲に入り交じっている。これは補正板を傾ければ済むことだが、再現性が乏しいので放置している。

 <撮影データ:2018年10月08日20:51:21〜,R-140SS改IIb(d=130mm,F3.29),EOS600Da(ISO3200,180sec,9コマコンポジット,AstroLPR Yype-1)

 月曜夜は、翌日仕事なので近場の白木峰へ。透明度も悪かったので、光害除去効果が大きいAstroLPR Type-1を使うことにした。前のエントリーにあげた北アメリカ+ペリカンを撮影したあとは、近くの亜鈴状星雲に。このフィルター、惑星状星雲の輝線はほぼ全て通すので、色の偏りも少ない。もっと撮影枚数を増やせば滑らかになって透明感も出てくるのだろうが、後が控えていたので早めに切り上げた。

 <撮影データ:2018年10月08日21:41:10〜,R-140SS改IIb(d=130mm,F3.29),EOS600Da(ISO3200,180sec,16コマコンポジット,AstroLPR Yype-1)

 そして、この晩に撮ろうと思っていた、ケフェウス座の像の鼻。淡いので16コマ撮影したが、それでも荒れてしまっている。構図は実に中途半端であるが、角にゴーストが出たり、像の鼻先を中央に入れようとしてみたりだったので、次回の宿題にしておこう。この星雲、分子雲中の空洞の壁が電離して光っており、そこに指のようなガス柱が何本も付きだしている。像の鼻というのも、単一の細長い柱ではなく、短い指のような突起が直列に並んでいて、1本の長い柱のように見えているだけのようだ。

21P/ジャコビニ=ツィナー彗星の最盛期

  • 2018.09.20 Thursday
  • 14:49

 9月中旬の連休、月まわりも良く、ちょうどジャコビニ=ツィナー彗星が見頃を迎えているので、小長井のいつもの場所に出撃することにした。

 彗星はちょうど双子座の足元にいて、周囲に星雲星団が点在しているので、まずは200mmF2.8で広視野撮影を。はじめは20cmアリガタの両端に雲台をつけて、それぞれカメラとペンシルボーグを載せようとした。ところがワッシャーやネジ類が入った箱を降ろしてしまっていたので、うまく取り付けることができない。スライディングプレートを引っ張り出してみたが、これも駄目。結局はいつも通りにR-140SS改IIを載せて、ペンシルボーグの代わりにカメラを載せることにした。ここまででだいぶ手間取ってしまい、彗星は高く昇っている。

 この組み合わせでは、R-140SSの焦点距離500mmがガイド鏡になる。明らかに過剰性能で、試写してみると、シンチレーションを拾うためか、ガイドが安定しない。仕方ないのでISO3200で60秒露出に切り詰めた。

 <撮影データ:2018年9月16日03:41:36〜,CanonEF200mm1:2.8L(f2.8),EOS600Da(ISO3200,60sec,16コマコンポジット,LPS-P2)>

 緑のコマからダストテールを伸ばしている21Pのすぐ北に、M35とNGC2158の散開星団コンビ。中央左には超新星残骸のクラゲ星雲、右下にはHII領域のモンキー星雲と、多彩な天体があつまった。翌日にはモンキー星雲のすぐ北まで移動するようだが、全体的なバランスとしてはこちらのほうが良さそうだ。

 当初の撮影予定はこれだけだったが、薄明まですこし間があるし、せっかくR-140SSを載せているので、直焦も撮ってみた。ところがガイドが暴走したり、8コマ撮ったかと思えばノーフィルターだったりして満足いくものにならず、ついでに懸案事項の数珠状ゴーストの原因検索を兼ねたレデューサーコレクターのテストをしたりして、最後にHEUIB-IIをつけた直焦を撮ったときは薄明が始まっていた。

 <撮影データ:2018年9月16日04:58:35〜,R-140SS改II(d=140mm,F3.06),EOS600Da(ISO3200,60sec,4コマコンポジット,HEUIB-II)>

 薄明のため、4コマしか撮影することができなかったが、彗星の明るさに助けられてそこそこの画像になった。このあと、スカイフラットとダークを撮影して日の出直前に撤収した。

 今後は月も明るくなってくるし、21Pも次第に暗くなる。7.2等の彗星が最近でいちばん見応え在るというのも困ったものだ。冬のウィルタネン彗星には頑張ってもらわないと。

 おまけ画像。16日の宵、月と4大惑星の位置関係が良かったので、クリニックの駐車場から急遽撮影。魚眼をとってきて、開けた場所に移動して、三脚をたてて・・・としていたら金星が沈んでしまうので、レンズや前景を選ぶ余裕もなかった。

ちぐはぐな星見。

  • 2018.08.13 Monday
  • 22:38

 8月にはいってしばらくすると、台風の影響もあるのか、それとも上空に寒気が入っているのか、シーイングが荒れることが多くなった。火星より高いところで、ベガやアルタイルがじらじらと瞬いているのを見ると、いくら晴れていても惑星装備を出す気にはならない。夏のスタパーの天気予報も曇りになってしまったところで、消化不良にならないよう、快晴の9日晩に白木峰に出撃した。

 <撮影データ:2018年8月9日23:57:20〜,AT-X1120(11mm,f2.8),EOS80D(ISO3200,20sec)>

現地到着するなり明るい散在流星が流れ、その後も散在やペルセウス群がぽつぽつと流れる。シーイングが良くないぶん、透明度は素晴らしく、本来なら市街光が強い南西方向から天の川がしっかり立ち上がって、そのまま白鳥痤からカシオペアを通って、北東の山並みまでつながっている。R-140SS改IIを組み立てている間に火星と天の川を放置撮影していたら、いつのまにかペルセウス座群の流星がとびこんだ。この日は明るくなってきた21Pジャコビニ=ツィナー彗星を狙ったのだが、数コマおきにガイドが暴走し、おまけにフラットもダークもファイルが壊れていて、まともに処理することができなかった。

 そしてスタパー当日。夕方にはすこし晴れ間はあったが、21:30頃現地到着するなり雨がぱらぱら。佐世保から友人が星景の予行にと来ていたのだが、しばらく待っても好転の気配はなく、22:00すぎに帰ってしまった。その頃からすっかり宴会モード。ところが次第にまとまった晴れ間が出てきて、深夜にはかなり見えるようになった。友人が帰ってしまったのが悔やまれるが、こちらの装備もちぐはぐである。まず、25cm反射で自動導入しながらまったりと眼視をする予定だったのだが、その25cmは置いてきてしまった。R-140SS改IIならあるが、直焦用のカメラがない。また、一般撮影用にEOS80Dと28mmはあるが、ケーブルレリーズ類と広角レンズはない。仕方ないのでR-140SS改IIを出して、しょぼい眼視など。あとは明け方に向けて増えていくペルセ群流星を愛でながらの宴会だったが、ほろ酔いでうたた寝している間にブヨに両手足をひどく刺されてしまった。数日たってこれを書いているいまも痒くて仕方が無い。

 <2018年8月12日23:30,AT-X1120(11mmF2.8),EOS80D(ISO3200,19sec),LPS-P2フィルター使用,SILKYPIX6で現像,PhotoshopCS6でトーン調整>

 スタパーは楽しかったが、星に関してはどうにも不完全燃焼だったので、スタパー翌日にも小長井に出撃。今度は25cm反射も持って行き、鏡が冷えるまでは固定撮影と自動導入での星雲星団の眼視を楽しんだ。ここはさすがに白木峰より空が暗く、天の川もいっそう見事である。鏡が冷えた頃合いで火星に向けて見たところ、これが川底の小石を見るようにはっきりしない。試しに撮影してみても、全く使い物にならない。ここで25:00前。帰ろうかとも思ったが、先日失敗した21Pのリベンジ撮影をしようと思い立った。

 <2018年8月13日01:09:43〜01:58:51,R-140SS改II(d=140mm,F3.06),EOS600Da(ISO1600,180sec,16コマコンポジット,HEUIB-II)>

 ガイドは修正量が過大にならないように1.5秒間隔におさえて、3分16枚露光が無事に済んだ。スカイフラットとダークを8枚ずつ追加して、さっさと撤収。今度は無事に処理することができた。

 21Pは撮影時点でカシオペアのWの左端のあたりにいて、天の川に入っているためか、微光星が多い。彗星基準コンポジットでは星がうるさくなり、かといって恒星基準にすると彗星が長く伸びてしまう。そこでDeepSkyStackerの彗星・恒星両基準コンポジットを使って処理してみた。これは恒星と彗星頭部の位置合わせはしてくれるが、暗いイオンテールなどは恒星基準になるので不鮮明になってしまう。幸い、21Pには短いダストテールしかないので、不自然にならずにすんだ。7.6等級の彗星が現在のところいちばん明るいというのは少し寂しいことではあるが、小さいながらも彗星らしい姿をしているので、結構楽しかった。あとは火星が小さくならないうちに、もうすこし気流が落ち着いてほしいものだが・・・。立秋からこちら、急に夜は秋の気配がするようになった。夏の好シーイングも終わってしまったのだろうか・・・。

火星は不調。

  • 2018.08.09 Thursday
  • 17:26

 火星は7月31日に2003年以来の大接近を迎えたが、ちょうど台風が接近していて撮影することができなかった。28日の月蝕前数日間も良かったようだが、夕方になると雲が出て、諦めてデスクワークを深夜までして外に出ると晴れている、といった状態。8月に入ってから、平日に強行出撃してみたが、台風の影響が残っていて不満足な動画しか撮れなかった。

 それでも計画的に大量コンポジットをしてみようと、20本の動画をちまちまと処理してみた。これで2003年にMN61で撮ったのと同じくらいの分解能だ。大きくて重い25cmを使った労力が虚しく感じられる。ただ、20000フレームを目標にしたので、すこし画質が悪いフレームまで拾いすぎているのかもしれない。

 6月22日とほぼ同じ位相だが、ヘラス盆地の輪郭がかわっているのはダストストームが晴れてきたからなのかもしれない。南極冠は縮小していて、季節がすすんでいるのをうかがわせる。

 <2018年8月2日01:02:34〜01:22:56に撮影した20本の動画から19822フレームコンポジット、ウェーブレット・最大エントロピー処 理、ORION25cmF4.8反射、TeleVue5xバーロー、ZWO ADC使用、DBK21Au618As、1/30sec、30fps>

 そして翌日。白木峰まで行く余力がないので、クリニック駐車場に設営。狭い道路をはさんで向かいの菓子舗の上にある間は気流が荒れていたが、そこを過ぎると前夜より気流がおちついた。そこからスーパーの屋根の輻射熱に影響をうけるまでの30分ほどは、まあまあの動画を撮ることができた。次第に荒れてきたので15本で切り上げたが、選択するフレームもすこし絞り込んで、12000フレームを目標にしてみたところ、前夜よりすこし良い解像度が得られた。

 <2018年8月3日00:23:27〜00:38:38に撮影した15本の動画から11972フレームコンポジット、ウェーブレット・最大エントロピー処 理、ORION25cmF4.8反射、TeleVue5xバーロー、ZWO ADC使用、DBK21Au618As、1/30sec、30fps>

 右側、西縁で大シルチスが朝を迎えたところだ。左側にはキンメリア人の海から垂れ下がる、通称キンメリア人の涙がふたつ見えるはずだが、うまく描出することができなかった。良くなったとはいえ、まだシーイングが荒れている。

このあとも撮影を狙っているが、これを書いているここ数日、火星より高いところでアルタイルやデネブがさかんに瞬いているところをみると、機材を出す気力がそがれてしまう。ちょうど月齢も良いし、カシオペア座あたりで明るくなっているはずのジャコビニ=ツィナー彗星でも狙ってみようかと思う。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM